大日本帝国海軍 戦艦 山城 1944 1/700 アオシマ

大日本帝国海軍 戦艦 山城 1944 1/700 アオシマ 久しぶりの艦船模型、今回はアオシマの戦艦山城を製作してみます。一応、エッチングパーツと木甲板のディテールアップセットを購入したのでこれも活用していきたいと思います。

大日本帝国海軍 戦艦 山城 1944 1/700 アオシマ 今までは特にエッチングパーツを洗剤で洗うことも無かったのですが、取説には塗装する場合は洗いましょうと書いてありました。メタルプライマーをいつも使っているので問題はないと思うんですがね。一応、家庭用の食器洗剤で洗いました。錆びないのかな?

大日本帝国海軍 戦艦 山城 1944 1/700 アオシマ 主砲のパーツは似たようなのがいくつかあります。取説で指定されているもののほうが砲口がはじめから開口されていたりと、若干モールドが向上しているようです。

大日本帝国海軍 戦艦 山城 1944 1/700 アオシマ昔、AFV模型のエッチングパーツを曲げるのに、エッチングベンダーなどというツールがありました。今の艦船模型のエッチングパーツを加工するにはそういうのはあまり役に立たず、ピンセットや先の細いペンチなどで根気よく工作するしかなさそう。

海外通販サイトで出荷を待っているときは頻繁に入荷情報が更新されていないか見てしまい、そこで割引セールや送料サービスセールを開催しているとまた注文したくなってしまうという悪魔の罠、脱出不能な迷路、蟻地獄。でも、国内流通価格が高いだけであって、現地価格が安いのかというと、冷静に考えるとそんなことも無く通常価格なのだろう。でもせっかくの機会なので買ってしまいそうです、たぶん。積みプラが230個から234個になって何の支障があろうか!引っ越し間近なんだけどね・・・。
(2019/02/11)

大日本帝国海軍 戦艦 山城 1944 1/700 アオシマ 煙突周りにはたくさんのエッチングパーツを使用しました。

大日本帝国海軍 戦艦 山城 1944 1/700 アオシマ 細かい作業に疲れたので船体を組んでいます。アオシマのキットには今もバラストが入っているので組み込んで接着。

大日本帝国海軍 戦艦 山城 1944 1/700 アオシマ 後部艦橋も組みました。

大日本帝国海軍 戦艦 山城 1944 1/700 アオシマお腹一杯にエッチングパーツがあるのはフジミだけかと思っていましたが、アオシマの山城も結構盛りだくさんですね。変更箇所がたくさんある。この四角いレーダー、二式二号電波探信儀一型というんですかね、これがあると見栄えが良くなるように思います。

戦艦比叡が発見された記念に積んでみるか、と思っていたらすでに積んでいました。ご丁寧にエッチングパーツも買っていたのでいつかは手を付けたい。
(2019/02/13)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です