M5A1 後期型 スチュアート アメリカ軍軽戦車 AFVクラブ 1/35

スチュアート軽戦車に別売りの連結キャタピラを使用しました。2014年12月の製作です。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 箱絵 ボックスアート今回は軽戦車を製作してみます。アメリカ軍のスチュアート軽戦車です。タミヤのM8自走榴弾砲に比べるとかなり苦戦しそう・・・。今日発表になったGDP7月~9月もかなり苦しそう・・・。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 難しい箱組みいきなり難しい箱組みから始まって、慎重に組み立ててここまできました。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 エッチングパーツの金網がリアルエッチングパーツの金網がリアルで良いです。が、しかしちょっと取り付けで曲がってしまいました。あとで歪みを修正しなければ。全体的に部品分割が細かいですが頑張れば報われそう。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 起動輪と誘導輪、各転輪は前期型と後期型選べる起動輪と誘導輪、各転輪は前期型と後期型のタイプが付属しており選択できます。 起動輪は、肉抜き穴があるタイプが前期型で、肉抜き穴が無いタイプが後期型です。誘導輪は、スポーク式が前期型、スポークの内側が埋められているタイプが後期型です。 転輪は、スポーク型が前期型、プレスタイプが後期型のようです。今回はすべてを後期型の車輪を選択して組んでみました。
(2014/11/17)

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 付属のワイヤー付属のワイヤーはこのキットの場合ナイロン製でした。毛羽立つかと思ったけど全然そんなことは無かったです。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 砲塔後部アンテナ砲塔後部に取り付けたアンテナは0.2mmの極細金属線を使用しました。取り回しているうちにかなり破損しやすいところなので、これで破損防止できます。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 T36E6 連結キャタピラ AFVクラブ 1/35実はこいつ、3年ほど前から積んでいたキャタピラなので今回のキットに使用してみます。キット付属の平たいキャタピラとはまた違った表情になるでしょう。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 T36E6 連結キャタピラの組立ドラゴンのマジックトラックに比べるとさすがに手間が掛かります。両脇の留め具を一つ一つはめ込むので大変。接着するときに両穴のうち片方だけに接着剤を付けると臨時に可動になるのでそのあいだに手早くシャーシに巻くとけっこううまく形になります。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 サイドアーマーせっかく別売りのキャタピラを巻くので、サイドアーマーは取り付けないでキャタピラを見せる方針でいきます。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 組立は車体の箱組みを含めてかなり難しい組立は車体の箱組みを含めてかなり難しいです。いろいろな部分を慎重にすり合わせないと形にならず破綻するかもしれません。車両の前部は実車でも溶接なので多少隙間ができてもパテで埋めればリカバリーは十分可能かと思います。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 塗装前の後姿ちょっと写真が汚いですが塗装前の後姿も撮っておきました。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 砲塔横の綺麗に並んでいる道具はグローサー砲塔横の綺麗に並んでいる道具はグローサーと言って、足場の悪い場所を走行するときにキャタピラに取り付けて使用していました。びっちりとフルで隙間なく付けるとするとまったくスペアパーツがないので紛失や破損には注意が必要です。いくつか無くして床を這いずり回って探しました・・・。綺麗に並べることができれば見ごたえのある部分になるのでかっこ良いです。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 エッチングパーツエッチングパーツがバランスよく使われていて効果的です。欲を言えばライトガードもエッチングをつけてくれればなお良かった。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 タミヤの古いフィギュアタミヤの古いフィギュアにレジンヘッドを合わせてみました。ちょっとポーズがぎこちない気もしますが、まぁ良いでしょう。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 古いフィギュアにレジンヘッド取り付け久しぶりですがレジンヘッドはやっぱり良い!いい表情してます。惜しいのはヘルメットを深くかぶっているので表情が撮り難いところです。
(2014/11/28)

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 デカール貼りデカールを貼って 細部を塗装して軽くウォッシングを施したところです。
(2014/12/06)

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 組立と塗装・製作記・完成写真M5A1スチュアート軽戦車はM3に搭載されていたディーゼルエンジンに変わって、110馬力のキャデラック水冷V型8気筒ガソリンエンジンを2機搭載したモデルです。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 完成写真 110馬力のキャデラック水冷V型8気筒ガソリンエンジンを2機37mm対戦車砲はヨーロッパや北アフリカでは非力でしたが、太平洋戦線では日本軍の戦車の火力がさほど強くなかったため、戦争前半では圧倒的な威力を発揮しました。全部で約6,800台生産され、軽戦車の中では最多生産数だそうです。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 完成写真 37mm対戦車砲製作記に記載したとおり今回は別売りのT36E6型キャタピラを履かせてみたのでなかなか武骨なイメージの仕上がりとなりました。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 完成写真 剥き出しのキャタピラうーん、剥き出しのキャタピラもなかなかかっこ良いんでないかい。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 完成写真 ウェザリングエッチングパーツの切り出し口の仕上げをもう少しきれいにしたほうが良かったのですが、ウェザリングをしたあとならそれほど目立たないですね。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 完成写真 砲塔のハッチ砲塔のハッチは大きく開ける事も出来ますが、中はあまり再現されていないので、今回はすべて閉じて製作しました。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 完成写真 マーキングは1944年ベルギー内での第1機甲師団第24装甲連隊マーキングは1944年ベルギー内での第1機甲師団第24装甲連隊としました。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 完成写真 ヘッジローカッターキャタピラの金属色を強調したい割にヘッジローカッターは泥だらけにしてしまうのはウェザリングとして矛盾かもしれない。はじめ足回りは赤茶色の泥ウェザリングとなってしまったけれどこれだと帝国陸軍がインドシナで戦っているようになってしまい、サンド系で塗装し直しました。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 完成写真 ヘッジローカッターヘッジローカッターは泥で汚してしまったけれど、金属色にしておくのもまた味が出てよいかも。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 完成写真 ウェザリング一応、乾いた土が戦車前面やステアリングにこびりついているという解釈で白っぽく乾いた泥をまだらに塗装してみました。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 完成写真 ウェザリングそのときの気分でウェザリングをハードに施したり控えめにしたりいろいろですが、今回はせっかく別売りのキャタピラを装着しているので泥ウェザリングは控えめにするべきだったか。いつものことながらこの加減が難しいです。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 完成写真 クリアーパーツのヘッドライトクリアーパーツのヘッドライトは光が当たるとキラッと光るので、つや消し塗装や半ツヤ塗装の中でよいアクセントになります。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 完成写真 アメリカ軍戦車兵おお、なんとなく映画の中に出てくるアメリカ戦車兵っぽい雰囲気です。やっぱり確率的にはレジンヘッドのほうがうまく塗れるのかなぁ。そのときの集中力しだいなんでしょうけど。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 完成写真 アメリカ軍戦車兵フィギュアヘルメットで見えないのでちょっと下から撮ってみました。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 完成写真 アメリカ軍軽戦車の塗装こう並べるとフィギュアよりもキャタピラのギラギラ感に目が行ってしまいます。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 完成写真後姿です。

M5A1 スチュアート AFVクラブ 1/35 完成写真 部品分割が細い小さな車両ですが部品分割が細かくておなか一杯なキットという印象です。部品が細かい割りに部品の合いはまぁまぁなので戸惑う部分もありますが、完成すると精密感あふれるかっこよいM5になりました。コンパクトなのにごちゃごちゃした密度間はロシア戦車とはまた対をなす魅力かと思います
(2014/12/07)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください