駆逐艦子日(ねのひ)1933年 大日本帝国海軍 アオシマ 1/700

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 箱絵 ボックスアート今回、このアオシマの子日を製作してみます。1933年当時の艤装だそうです。箱絵がとてもカッコ良いです。何も考えずに何気なく買っちゃいましたが、そうえば以前同じメーカーの陽炎で苦労したような記憶が・・・。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 パーツ一覧同じアオシマの駆逐艦でも以前製作した陽炎と全然違う。細かいモールドが入っていて素晴らしい。あまり良く調べないで購入してしまったのですが、かなり多くのパーツがリニューアルされているようです。すごいねー(棒読みではなく)。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 駆逐艦の主砲が折れやすい駆逐艦の主砲がホント折れやすい。ぽきぽき折れてしまいました。仕方がないので真鍮線で代用。0.3mmだと細すぎるけど0.5mmだとちょっと太い気がする。あいにく0.4mmが手元にないので0.5mmを使用してみましたが根元にさすのがまた一苦労です。意外なところで必要になるので微妙なサイズではありますが0.4mmも揃えておいたほうが良さそうです。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 駆逐艦の主砲 真鍮パイプうぁぁぁぁ、そういえば0.4mmの真鍮パイプを昔買ってあったのでした。金属パーツのリストを作っておいたのに、いま気が付いたんじゃちょっと遅かった。でも、デリケートな作業だったのでこれ以上いじりたくないですね。次の艦船模型製作時にあえて使ってみようか。 ちょっと悔しいので、50口径12.7cm単装砲 1基1門を真鍮パイプに置き換えてみました。真鍮棒の太さと合わせる為、今回は0.5mmのパイプを使用してみました。
今回、たまたま破損したから全門交換しましたところ、けっこうシャープな感じでいいですね。金属パーツに交換する人の気持ちも分かる。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 パーツにちょっと粘り気があるこのキットで久々にアオシマの模型を作りますが、パーツにちょっと粘り気があると言うか、やすりがけをしていて他の会社のパーツとちょっと感じが違うなぁ。
(2016/04/30)

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 組立完了大体の組み立てが完了しました。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 海魂のエッチングパーツ今回も手すりを取り付けてみました。海魂のエッチングパーツです。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 ギリギリまで組み立ててあとで塗装ギリギリまで組み立ててあとで塗装する作戦です。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 手すりのエッチング手すりのエッチング、いつものことながら舷側ぎりぎりにきれいに取り付けるのが結構難しいですね。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 水密扉のモールド水密扉のモールドが細かく再現されていて感心しました。
(2016/05/31)

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 塗装中雪風よりも子日は少し艦の全長が短いです。この上の雪風はですねぇ、フジミのキットでエッチングパーツがめんどくさいので昨年夏から放置していました。手すりのエッチングパーツを探していたら出てきた。完全に忘れていました。そのうち気が向いたら雪風も作ります。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 艦底色を塗装艦底色を塗装してから。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 軍艦色で全部塗装とりあえず手元にある軍艦色で全部塗装しました。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 水性塗料の筆塗りでリノリウム部分を塗装クレオスでもタミヤアクリルにも言えると思うんですけど水性塗料の筆塗りだと粘度があって、細かい部分を塗っていくときもなんだかボテッとした感触。なかなか言葉では説明しにくいのですが、エナメル塗料に慣れているのであのスーッと表面に塗料が乗る感覚のほうが好きですね。
(2016/06/04)

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 完成写真 一等駆逐艦初春型の2番艦駆逐艦「子日」です。一等駆逐艦初春型の2番艦です。1932年(昭和7年)12月22日に進水したので、このキットは完成直後の艤装を再現しています。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 同型艦は全部で6隻建造同型艦は全部で6隻建造されており、初春(はつはる)、子日(ねのひ)、若葉(わかば)、初霜(はつしも)、有明(ありあけ)、夕暮(ゆうぐれ)です。軽量化と重武装で艦船の復元性や船体強度に問題があり6隻で中止となりました。駆逐艦で6隻だけというのは少ないのかな。
子の日とは正月の最初の子の日に、人々が野外に出て小松を引き抜いたり若菜を摘んだりして長寿を祝うらしいです。古い暦の風習は正直よくわかりません。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 組立と塗装・製作記・完成写真就役:昭和8年(1933年)9月30日
基準排水量:1,400トン
全長:109.5メートル
全幅:10.0メートル
最大速:36.5ノット
兵員:約200人

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 完成写真主な武装は
50口径12.7cm連装砲 2基4門
50口径12.7cm単装砲 1基1門
毘式四十粍機銃 2基
61cm3連装魚雷発射管 3基9門
爆雷18発

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 完成写真1942年(昭和17年)7月5日、アリューシャン方面作戦従事中に米潜水艦の魚雷攻撃により撃沈されました。各地で哨戒活動を行っており、少なくとも米潜水艦1隻を撃沈したようです。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 完成写真今回、すごく久々の艦船模型で要領を忘れてました。実験的に順序を変えて、組み立てられるところまで組み立ててから塗装というプロセスで行いました。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 完成写真 空中線を接着するマスト空中線を接着するマストは細かいんだけど、それでもマストのどの部分にくっつくかで微妙に空中線の状態が変わるからやっかいです。ちょっとよじれてしまいました。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 完成写真 艦尾にひらがなで艦名艦尾にひらがなで艦名が書いてあります。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 完成写真 大東亜戦争開戦前なのでカタカナで大きく艦名大東亜戦争開戦前なのでカタカナで大きく艦名が入っています。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 完成写真 救命浮標救命浮標はホームセンターで白い電源コードを買ってきて中の電線を抜いてから輪切りにしたものです。1mあたり30円くらいだったかなぁ。2mも買ったら一生使い切れないかと思う。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 完成写真 破損して金属製に交換した主砲破損して金属製に交換した主砲は棒でもパイプでも目を凝らさないと実はそれほど分からない?でも単砲塔に使用した真鍮パイプのほうがほんの少しでもかっこよく見えるか。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 完成写真 艦船模型は長細いそういえば、艦船模型は長細いので写真を撮るのも結構難しいです。しかも船体がグレーで明るさの調整もいまいち要領を得ないです。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 完成写真 組立と塗装一応、全体やら前半分、後ろ半分のアップなど実験的にいろいろと撮ってみました。以前制作した艦船がたしか重巡洋艦だったけどどんなだったか忘れてしまった。絞ると光量が足りないしいろいろ難しいね。何も考えずにとっていた制作中写真のほうが出来が良いかも。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 完成写真 コンパクトな艦体手すりがよれてしまったのが残念。でもコンパクトな艦体ながら精密感が少しは出ると思います。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 完成写真 ラッカー塗装の上から水性アクリルで塗装ラッカー塗装の上から水性アクリルで塗装した場合、塗料がはみ出たら気楽に薄め液でこすれば修正できるかと思っていたらこれが意外と落ちませんね。エナメル塗料なら(タミヤ製ですが、ハンブロールだと難しい)簡単に修正できたのに。

駆逐艦 子日(ねのひ)アオシマ 1/700 組立と塗装・製作記・完成写真アオシマの底力を見せ付ける好キットだと思う。今度はハセガワのキットも作ってみようかな。
(2016/06/07)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください