猫を飼い始めました・マンチカン超短足・ベッドに入ってきてしまう。

猫を飼い始めました・マンチカン超短足・ベッドに入ってきてしまう。猫がベランダ側の窓の内側でくつろいでいる様子。寝たあとに伸びをしています。

猫を飼い始めました・マンチカン超短足・ベッドに入ってきてしまう。猫はベランダに出すと柵を乗り越えてジャンプしてしまうことがあるようです。虫が飛んでいたり遠くに見える鳥を追いかけたりふとした拍子にジャンプ。昔、有名俳優が十数階の高さからジャンプして大怪我していました。落下速度が加速するので5階くらいからでも猫は死んでしまうのではないだろうか。
アルミサッシの鍵を開けてベランダに出る猫の動画を見たらめちゃくちゃ驚きました。ウサギの部屋との仕切りはスライドドアだけでストッパーも何もないので、こうなったら意地でもうさぎとねこの2匹を調和させないといけません。

猫を飼い始めました・マンチカン超短足・ベッドに入ってきてしまう。毎日少しずつ先住うさぎのシーザーと対面させています。いまのところお互い敵視していないように見える。マンチカンのチャイも狩りの本能は出していないと思えるが、まだまだ心配です。なにしろわんぱくで肝が据わっていそうなので。

猫を飼い始めました・マンチカン超短足・ベッドに入ってきてしまう。いまのところ、ロイヤルカナンの柔らかいフードを水でふやかした固形フードに混ぜて与えています。食いは悪くない。猫壱の食べる位置が高くなるお皿にしても結構いっき食いしていると思われます。

猫を飼い始めました・マンチカン超短足・ベッドに入ってきてしまう。 猫を飼い始めました・マンチカン超短足・ベッドに入ってきてしまう。宅配の梱包材にじゃれています。

猫を飼い始めました・マンチカン超短足・ベッドに入ってきてしまう。ここ何日か寒い日が続いたので猫リビングは暖房を入れっぱなしにしていたのですが、我々が寝ているダブルベッドに入ってくるようになってしまいました。はじめは猫と一緒にベッドで寝るなんてぜったい勘弁と思っていました。毛は抜けるしおしっこするし鳴いてうるさいし。でもまぁ、しばらくは好きにさせておこう。寝てる間にかまって攻撃がきても無視しています。
羽毛布団の保温性能の良さを知ってしまったようです。今までは私か妻がいるときはどちらかにまとわりついて離れないので、甘えすぎというのもまずいんじゃないかと思いました。うちらのにおいが付いたベッドだからか、あるいは暖かいからか分かりませんが、午後のほとんどを羽毛布団をかぶって昼寝している日もあります。まだ、うちに来て1週間経っていないのにこの堂々とした振る舞いは先が恐ろしい。

猫を飼い始めました・マンチカン超短足・ベッドに入ってきてしまう。嫁が撮った写真。どこにいてもこんな感じでじゃれてきます。

猫を飼い始めました・マンチカン超短足・ベッドに入ってきてしまう。これも嫁が撮った写真。私のデジタル一眼レフより嫁のiPhoneのほうが上手いんじゃないか?
(2019/04/12)

4 Replies to “猫を飼い始めました・マンチカン超短足・ベッドに入ってきてしまう。”

  1.  チャイくん?ちゃん?可愛いですね。

    でもマンチカンはショック吸収能力が低いのでベランダからの
    落下は要注意です。

    私はウサギと暮らした事は無いのではっきりと断定はできませんが
    写真を見る限り関係は良好のようです。

    猫と暮らすのに一番重要なのは人間が猫より階層が上なのだと言う事をしっかり認識させる事です。

    猫が自分を最上階層だと認識してしまうと我儘放題
    手の付けられない放漫猫になってしまいます。

    そうならない為にやるべきは「何か一つ主導権をとる事」です。
    我が家では猫に食卓に上る事を厳しく禁止しています。
    別に叩かなくてもよい、叱責と共に手で追う、ないしは声を掛けながら抱き下ろす。
    これを繰り返すとこっそり食卓に上がった時、猫の名前を鋭く呼ぶ
    だけで直ぐに降ります。

    これで猫は私達人間を自分より上位の存在として認めてくれます。
    別に「食卓に上がらせない事」を目的とせず猫の階層認識が目的」
    ですからたまに食卓に上がっても叱責で降ろせれば躾は成功です。

    後、階層認識の充実に効果的なのは遊んでやる事です。
    楽しい事を与えてくれる人間を猫は崇めてくれます。

    猫と暮らしてン何十年子供の時から楽しい思い出を沢山貰いました。
    あなたもチャイから沢山の贈物を貰える事、必至です。

    あなたは猫と暮らすのは初めてだそうですがウサギ暮らしているの
    ですから大丈夫です。
    飼育の参考書籍を読んで研究して下さい。
    (ただ、さらっと読んであまり拘らない様に。)

    1. 猫仙人さま、ベテランの貴重なアドバイスありがとうございます。なるほど、何か主導権を取るとよいのですね。うちも丸テーブルとキッチンの台、できれば作業中のパソコンキーボードには乗られたくないので、根気よく教えたいと思います。できればパソコン机には乗ってもいいけど脇で座っているくらいが良いです。ウサギの場合は人間が自分のあごをウサギの首の後ろにすりすりとこすりつけるとこすりつけたほうが上位者との認識があるようなので、時々どちらがボスか教えています。(よい大人が何やってんだとは思いますが・・・)うちのマンチカンは脚が短いので行動力はウサギに毛が生えた程度だろうと思っていたら、予想以上のジャンプ力、好奇心、行動力があり驚いています。部屋を掃除しながらいろいろと猫について勉強していこうと思います。

  2. 追伸
    大事な事を一つ忘れていました。
    あなたのお宅の部屋の壁は猫の爪がかかりやすい物では
    ありませんか?
    平常であれば猫は教えた爪とぎ以外で爪を研ぐ事はありません。
    しかし家庭不和(失礼)などでストレスがかかると爪の掛かる所
    全てで爪とぎをします。
    家の先代猫は気立ての良い優しい我々の言う事をよく聞く優等生でしたが、色々あって家庭内の空気が悪くなった時、家中の壁をボロボロにしてくれました。
    それで今は猫が壁に手をついて伸び上がれる高さまで
    床用軟ビシートを張って壁を保護しています。

    対策を取ったら全く爪とぎしなくなりましたが。(笑)

    1. こんばんは。爪とぎですか、カーテンや壁紙、ビーズクッションなど標的になりそうなものはたくさんありますね。家庭不和等ないようくれぐれも気を付けるのが先決かもしれません。子猫は丸い爪とぎでときどきじゃれているのでこれで用が足りればよいのですが・・・。まだ何とも言えません。なるべくならおおらかな性格に育って欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です