ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35

ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 箱絵 ボックスアート ボルスタッド氏バルバロッサ作戦1年目、ドイツ軍がロシアに侵攻して初めての冬の戦いです。そう言われると4人の歩兵、全員オーバーコートを着ているけれども何となく薄着のようにも見えます。東京の冬と同じくらいの防寒着じゃないかな。

ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 組立中コートの歩兵はけっこうパーツが細切れなので組み立てが難しいんですよね。

ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 組立中ライフルなどのストラップ、真鍮製の帯やマスキングテープなどいろいろ材料が考えられますが今回は紙に瞬間接着剤を染み込ませたものを使ってみます。細切りさえ出来れば材料は無限にあるのが良いところ。

ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35指揮官の持っている双眼鏡は首からかける紐を追加工作。

ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 組立中ヘッドを交換して組立完了です。

ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 完成作品4体ともベースに仮留めしています。

ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 完成作品 ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 完成作品ライフル装備の3体はモーゼル Kar98k ライフル、指揮官はMP-40サブマシンガンです。

ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 完成作品 ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 完成作品 ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 完成作品指揮官は、双眼鏡を片手に前方を覗うポーズ。サブマシンガン装備。

ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 完成作品ドイツ軍の侵攻当初は短期決戦を見込んでおり、冬季装備をほとんど用意せずに戦いを開始しました。晩秋以降のロシアの厳しい気候では兵士の戦闘能力が低下してしまいます。

ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 完成作品ドイツ軍のブーツはたくさんの鉄の鋲が打ってあり、冷気がそれを伝わって足先を襲ったそうです。現在売っているゴムや化学繊維の冬山用の登山靴が当時あれば大量の凍傷を防げたかもしれません。歩兵装備は地味ながら戦力保持には結構大事です。

ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 完成作品ドイツ軍は最初の冬にモスクワを落とせずに泥沼の長期戦に絡め捕られていきます。兵士を鼓舞するために後ほど、この冬の戦いに参加した将兵に対しては1941年/1942年東部戦線冬季戦記章が制定されました。

ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 完成作品当時のドイツ軍の広報映像では裸で雪の中で遊んで、全然寒くないなどとやせ我慢してはしゃいでいるものなどありましたっけ。

ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 完成作品こちらも警戒中のドイツ軍歩兵。

ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 完成作品 ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 完成作品 ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 完成作品 ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 完成作品 ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 完成作品しゃがみ姿勢のドイツ軍歩兵。4体ともにユニフォームはフィールドグリーン、ヘルメットやガスマスクケースなどをダークグリーンで塗装しました。

ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 完成作品やばっ、アイラインが濃く見えてどこぞの新しくできた党の党首みたいになっちゃいました。

ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 完成作品 ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 完成作品 ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 完成作品角度によってはいたって普通の表情です。

ドイツ軍歩兵 冬季軍装 凍てつく大地(モスクワ1941)ドラゴン 1/35 完成作品4体ともに奇をてらったポーズではなくて、いたって普通の恰好です。最前線の緊迫感を感じる良キットだと思います。雪原が良く似合いそう。
(2017/09/30)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください