ドイツ軍第13SS武装山岳師団 ハンジャール ドラゴン 1/35

ドイツ第13 SS武装山岳師団 ハンジャール ドラゴン 1/35 箱絵 ボックスアート はじめに書いておきますと、キットはハンジャールの第13SS武装山岳師団の兵士ですが、製作するのは普通の山岳師団の兵士にしました。

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 規格帽の型取り 規格帽のスペアが無いのでエポキシパテと型想いで複製しています。

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立 首から下をとりあえず製作しています。迷彩スモックを着ていて少しふわっとしています。

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 帽子の加工ヘッドはマスターボックスのベトナム戦争米兵とかいろいろです。レジンヘッドに置き換えて余ったのをキープしておいたやつとか。規格帽自体の整形が面倒なのと、ヘッドに合わせるのもまたやってみると意外と難しい。
(2019/04/30)

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 ドラゴンの兵士ヘッド ドラゴンのヘッドは4体ともこんな感じで無表情、ムスッとしています。まぁ、軍人なのでこれで良いんですがみんな似ているヘッドでした。昔のキットなので欲を言ってもしょうがないんだけどもう少し表情にバリエーションがあればなお良し。

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立 途中、調整が面倒になってきたので全員ヘルメット被せようかと思いました。とりあえずもうちょっと頑張ってみる。

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 小型迫撃砲 小型の小隊用迫撃砲、5cm leGrW36を運搬する兵士です。こういう小物は他のフィギュアキットと違う雰囲気を与えるので大好き。

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立完了 武装山岳師団 ドラゴン 1/35 地面に伏せている兵士地面に伏せている兵士も膝立ちの兵士も臨場感があって良く出来ています。

そういえば、コミックの話ですが「へうげもの」全25巻をこのあいだ読みました。キャラの描き分けが素晴らしい。史実云々は別としてストーリーが良いのは言うまでも無く、25巻というロングランなのに全く中だるみもせずに最終回まで興味を持たせて描き続けるのは並大抵の才能ではないと思う。独特な画風でストーリーも面白いコミックはカイジやナニワ金融道、荒木先生のジョジョなどいろいろありますが「へうげもの」最高!!もともと自分がある程度歴史好きだから面白く読めるのかもしれない。
(2019/05/03)

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 装備品のディテールはGen2のほうがシャープ 武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立完了 装備品のディテールはGen2のほうがシャープなので変えられる物は変更しています。もしかすると色を塗ったらそんなに違いが分からないかも。

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立完了 弾薬ケース運搬 弾薬ケースと指の間のディテールがいまいちだったので、真鍮線で取っ手を再現しました。

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立完了 弾薬ケース運搬 迫撃砲の弾薬ケースを運んでいると思います。

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立完了 ライフルストラップライフルストラップにはGen2キットで余っていた分を使用しました。エッチングパーツの真鍮製の帯です。
(2019/05/06)

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立完了 迷彩スモック着用 迷彩スモック着用で雑嚢と水筒、戦闘用ナイフと小火器という、割と軽装の4人です。山岳師団らしく足元は登山靴を履いています。

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 塗装 タミヤアクリルのフラットフレッシュ とりあえずタミヤアクリルのフラットフレッシュを吹きました。

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 塗装 ブラックサーフェイサー 部分的にマスキングガムで覆ってからブラックサーフェイサーを吹きました。

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 塗装 タミヤアクリルのスカイ特に理由は無いんだけど、今回は春っぽい明るい色の迷彩スモックを塗装してみようと思います。薄いグリーンのスカイだけファレホではなくてタミヤアクリルでした。けっこうファレホのモデルカラーの色が揃ってきたんだけど、スカイグリーンは手元にありませんでした。何度か重ね塗りしないと綺麗に塗れません。そもそも隙間の塗り残し防止のために先に黒でエアブラシしましたが、やはりあまり意味がないと思う。それなら普通のグレーのサーフェイサーでも吹いた方があとあと塗りやすい。黒いベルト部分だけ残して塗るのも意外と塗りにくい。
(2019/05/09)

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立と塗装・製作記・完成写真 武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立と塗装・製作記・完成写真 ドイツ軍、山岳師団の兵士たちが完成しました。全員迷彩スモックを着用しています。使用した塗料はタミヤアクリルのスカイとファレホのジャーマンカムフラージュミディアムブラウン、それとファレホのジャーマンカムフラージュダークグリーンです。

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立と塗装・製作記・完成写真 武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立と塗装・製作記・完成写真 一応、SSの兵士なので全員の帽子に髑髏マーク、襟元にはSSの記章を描きました。細かいので大変なんだけど、地味ながらもアクセントになると思います。髑髏マークは途中でぐちゃぐちゃになってしまった。

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 完成写真 全員、顔がやばいよ、目の描き具合がいまいちかな?なんだか白目が大きすぎたのかな。歩いている兵士の目のほうが少しマシな気もするんだけど。

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 完成写真 匍匐前進 武装山岳師団 ドラゴン 1/35 完成写真 匍匐前進 武装山岳師団 ドラゴン 1/35 完成写真 膝立ちで指揮 武装山岳師団 ドラゴン 1/35 完成写真 膝立ちで指揮 武装山岳師団 ドラゴン 1/35 完成写真 迫撃砲チーム 後ろの兵士、迫撃砲の弾薬ケースはこれで小口径なので10発入っています。

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 完成写真 迫撃砲チーム 今回のドイツ軍の軽迫撃砲、5cm leGrW36はラインメタル社が開発しました。複雑で高価だが命中精度が高かった。

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 完成写真 迫撃砲チーム 武装山岳師団 ドラゴン 1/35 完成写真 迫撃砲チーム 武装山岳師団 ドラゴン 1/35 完成写真 迫撃砲チーム この二人は安定性が悪くて、いつもは剥がせる接着剤で軽く留めているだけでしたが、今回は瞬間接着剤と短めのピアノ線で台と固定してみました。

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立と塗装・製作記・完成写真ドイツ軍はいろいろなユニフォームを使用していたので塗装のバリエーションが豊富です。たまにはこういう迷彩スモックのフィギュアも作っていて楽しいものです。次作るフィギュアはもう少し顔塗装に力を入れたい。
(2019/05/11)

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立と塗装・製作記・完成写真 フィギュアの目がいまいちだったので、細い筆で少し塗り直してみました。

武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立と塗装・製作記・完成写真 武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立と塗装・製作記・完成写真 武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立と塗装・製作記・完成写真 武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立と塗装・製作記・完成写真 武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立と塗装・製作記・完成写真 武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立と塗装・製作記・完成写真 武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立と塗装・製作記・完成写真 武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立と塗装・製作記・完成写真 武装山岳師団 ドラゴン 1/35 組立と塗装・製作記・完成写真
(2019/05/15)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください