F-15E ストライクイーグル レベル 1/48

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 箱絵 ボックスアート 今回はレベルの1/48スケールのF-15E ストライクイーグルを製作してみようと思います。一応は昔はこれがけっこうなベストキットと言われていて、自分もいつかは作ってみたいなーと思っていました。そうこうしているうちに他のメーカーからもちょろちょろとリリースされていましたね。GWHのF-15も二つほど持ってるんですけどね・・・。とりあえずはこのレベルのを作ってみないことには先に進まないかなっと。このパッケージは湾岸戦争でイラク軍のスカッドミサイルを叩いている場面でしょうか。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 組立 前回ホーネットを作った時にミサイルなどいろいろなパーツがあとで面倒になったので一番先に手を付けてみました。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 組立 インストの順序無視でジェットエンジンを組立。可変のエンジンノズルの細かいパーツを取り付けています。出来がよさそうです。ハセガワのF-15E、1/72より組み立て易いね。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 組立コックピットのモールドも良好です。普段あまりジェット機を作らないので良し悪しがよく分からないのですが、これはとても良いんじゃないかな。
(2020/01/22)

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 塗装 デカールとか何にも付いていないのですべて細かい部分は筆で塗装しています。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 塗装 CRTパネルはダークグリーンでと指示がありました。明るすぎたかな。ファレホのクリアーグリーンって試しに使ってみたところけっこう鮮やかですね。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 塗装 背もたれ部分はシートベルトらしきモールドがありました。腰の部分にはベルトが付いていなかったので適当に追加工作してあります。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 組立 今回も念のため、機首に釣り用のオモリを取り付けました。ナス型のオモリはちょうどフィットして気持ちが良いです。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 組立コックピットの機首への組み込みで左右のパーツを密着させています。

今回の新型コロナウイルスはなんか心配になってきましたね。人口1千万人以上の大都市を丸ごと封鎖って尋常じゃありません。銀座や有楽町にはよく行くんだけど、春節絡みの大移動の影響で実はウイルスがまき散らされてしまうんじゃないだろうか。みんな普通のマスクを買いあさっているんだけど無駄に見えます。たしかウイルスってもっとずーっと直径が小さいと聞いたことがあります。土日は嫁と中華街に行こうと思っていたのを予定変更して模型製作に当てようか・・・。
(2020/01/24)

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 組立 機体のパーツはでかいです。基本的に上下を挟み込む感じですね。主翼の組立も組み立て易さを考慮されているようで、そんなにズレたりしないでしょう。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 組立 だいぶ格好良くなってきました。それにしても1/48スケールだとでかいね。自分の製作環境だと1/72くらいが丁度良いのかなぁ。不思議と1/72はほとんど作ってないんだよね。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 組立 今回もランディングギアを塗装前に取り付けました。今回は前回よりもきちんとマスキングしようと思います。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 組立 レベルのF-15Eには武装がサイドワインダー4本しか付いていなかったので、最初はホビーボスのA-4Eスカイホークからクラスター爆弾 MK.20ロックアイを6本だけ流用するつもりでした。まだいくつか武装の余裕があるので、精密誘導爆弾のGBU-10 ペイブウェイを中央に1本、Mk.82 500ポンド爆弾を6本追加で取り付けることにします。これもスカイホークから持ってきました。このキットは使わないパーツがたくさんあるようで、爆弾が豊富です。前回製作したF/A-18C ホーネットの爆装にも使ってなかなか役に立ちました。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 組立今回もキャノピーにパーティングラインが入っています。このあたりをいじりだすと早く塗装に入りたくなります。
(2020/01/26)

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 塗装 エアブラシ塗装前に塗装対象を全て綺麗に並べてみた。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 塗装 塗装はミサイルや爆弾から行いました。これらはあとになってくるといつも面倒なので。しかも今回の模型では割といろいろフル爆装で完成させたいので最初に手を付けました。今までは乾くまで猫の爪とぎに差して立てていました。猫を飼い始めてこれは本来の用途に使われているので適当に塗料ボトルの間に挟んで乾燥させています。こんなに塗装持ち手を使うモデリングは私の場合はそんなにないかな。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 塗装 エンジンの塗装では昔ときどきクリアーオレンジやクリアーレッドで薄吹きしたこともありました。今回はあえてガンメタルとシルバーで少しグラデーションのみにとどめました。実際の写真を見てもそんなに焼けてるようには見えないんだよね。あとでもう少しシルバーでドライブラシするかもしれません。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 塗装 全てのランディングギアを取り付けたので最初にグロスホワイトで塗装しました。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 塗装本体の基本塗装前にいろいろとマスキング作業をしています。エアインテーク内は本来はグレーが正解かな。レベルの説明書で白って書いてあったと思うんだけど分かりにくいんだよ、人のせいにしてる。とりあえず今回はこのまま進めます。

T-ウイルス、じゃなかった。コロナウイルス、予測通り広がっていますね。そろそろ南極観測隊員に応募しようかな、もう遅いか。年取ると抵抗力や免疫力が落ちているので冗談はさておきけっこう心配です。
(2020/01/28)

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 塗装 一応、最初は黒、グロスブラックです。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 塗装 今回、F-15Eはかなりの部分をMr.Colorの305番、FS36118グレーを使います。1/48スケールで大きいのでストックの塗料で足りるのか少し心配。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 塗装 サイドワインダーはすべて白なのかと思っていたら、塗装指示書にはグレー系が書いてありました。こんなんで良いのかちょっと心配ですが細かいデカールを貼ったら精密感が上がりました。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 塗装爆弾もデカールを貼ったり黄色い帯を塗装したりと少しずつ進めています。

増税、台風の次はウイルスとかマジで最悪。邦人が帰国できたのは喜ばしいんだけどブラックバスのキャッチ・アンド・リリースじゃないんだからちゃんと隔離してほしいよ。他の国ではまず離島に収容だってよ。どこ行ってもマスク売り切れなのは不安ですね。自分が持ってる花粉症用のマスクだけじゃ終息まで足りないだろうなぁ、終息すると信じたい。
(2020/01/30)

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 先日、近所のスーパーでたまたまマスクを段ボールから品出ししていたので運良く2箱ゲットできました。今後もし日本でも新型コロナウイルスが拡散してしまったら、マスクをしないで街を歩いているだけで非国民扱いされかねないので花粉症対策ついでに少し買い足しておきました。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 F-15Eストライクイーグルが完成しました。マーキングは第4戦闘航空団、第335戦闘飛行隊 “Chiefs”。1991年2月の湾岸戦争、デザートストームの任務中のものです。説明書にはレーザー誘導ミサイルでイラク軍のヘリコプターを撃墜とあります。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 当時は戦闘機だけでかなりの敵地上軍を撃破したときいてけっこう驚いたものです。基本戦車好きで戦車強い!最強!敵無し!エイブラムス一番!と思っていたので戦闘機の地上攻撃は大したものだと感心しました。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 F-15イーグルは戦闘機好きの方以外でもけっこう聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。世界最強とも言われる戦闘力のF-15の地上攻撃力を強化したものがF-15Eストライクイーグルです。かなり多様な武器を装備することが出来ます。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 今回、どんな兵装が現実的なのかよく分からなかったのですが、とにかくいろいろと爆弾を積んでみました。実戦ではありえない組み合わせなのかもしれません。格好良ければ基本的にOK。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 今回、スミ入れは全体的に行っても、そんなにじゃぶじゃぶウォッシングはしませんでした。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 コックピットは複座で前席にはパイロット、後席には兵装担当者が登場します。どちらの席にもたくさんのモニターやスイッチが並んでいます。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 同色の部分が多いので適度にグラデーションで変化を付けたほうが模型的に面白いかなーと思います。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 全て塗装後にミサイルと爆弾を本体に接着しました。塗装面が汚れると嫌なので透明エポキシ接着剤を使用しています。ねっとりしているのでけっこうはみ出してしまいます。なるべく陰になるところにたっぷり付けて目立たないようにして最後に半ツヤクリアーを吹いてリカバーしました。あまりたっぷり塗らなくても充分接着力を出せるのかもしれません。飾っている途中でポロリと落ちたらまた接着し直すの面倒なのでけっこう頑丈にとたっぷり接着剤を使用してしまいました。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 F-15Eはウェポン満載のこの迫力がカッコ良い。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 AIM-9サイドワインダーは先端にはシーカーが付いているのかな。塗装指示には無かったけど先っちょはクリアースモークで軽く塗っておきました。大きな増槽の両脇に2本ずつのサイドワインダーというのも変わっている。大型の戦闘機だからできるのでしょう。内側のサイドワインダーはほぼ見えないんだよねこれが。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 最初はエアインテーク内を真っ白に塗装していたのですが、一応グレーに塗り直しました。たぶんこの方が正解かな。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 ロービジ塗装の地味な機体でもけっこうたくさんのデカールがありました。

F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真 F-15E ストライクイーグル レベル 1/48 完成写真色指定で間違った部分あるかもしれないけどとりあえずはちゃんと形になったから良しとしましょう。完成してみるとちょっと大きすぎたかな。飾るにもそれなりにスペースが必要です。ずっと気になっていたレベルのF-15Eが形になりました。他社から新製品が出てはいますけど、作り易いし部品の合いが良くてモールドも精密なので気に入りました。積んでるキットがたくさんなければまた買っても良いくらいです。
(2020/02/02)

“F-15E ストライクイーグル レベル 1/48” への14件の返信

  1. >CRTパネルはダークグリーンでと指示がありました。明るすぎたかな。

    そんな事ありません。
    エンジンに火が入り出撃直前と言う感じで良い表現です。

    1. そうですね。アクセントになって良いかもしれません。奥まっていてそんなにははっきりと見えないようです。

  2. 未だにF-15のベストとされる秀作キットですね。G.W.Hは、ハセガワもレベルもそれ以前のメーカーも間違えなかった。スタビレータ軸の位置間違ってるようなキットなので、その他も問題が…
    機体後部に特に間違い多

    古いからという理由で下に見られるのは設計者にとって悔しいことでしょう。私もG.W.Hに新製品だと飛び付いた側なので偉そうなこと言えないんですがね

    C型はG.W.Hとハセガワが再現性で一長一短だけど、モールドの綺麗さでG.W.Hの方が全体的にはわずかに上といったところでしょうか。

    G.W.Hも先発キット発売以降の改修ふまえてたり、同一フォーマットでA~Eが揃うメリットはあるのですがね。(ハセはE型が試作機、レベルのC型はこれとは全く別物で微妙です。)

    1. GWHは新しいから良いキットだと思ってF-15CとF-15Eを買いました。それなりに良い値段しましたね。まだ積んであって中身、兵装がどうとかも確認してませんでした・・・。とにかく新キットがいろいろリリースされるのは楽しいものです。

  3. プレビュー見たらG.W.Hのことばかり書いてる、高かったのにあれだったのでつい愚痴が…

    レベルのキットはショット数の割に金型の整備がいい加減な気がします。最近私もこのキット再入手したのですが、バリなどで、往時の面影は有りませんでした。あれと戦うのはここで完成を見てからにしようかな、なんて、期待しております。

  4. 完成しましたか。コメント書く前からたまに見ては、また完成品増えてる!と思っていましたが、やっぱり早いですね。
    完成形を見ると塗装などはやはり数をこなすしかないのかと思います(自戒)。自分の場合は、搭載兵装・・・本どこにやったかなーとかやり始めるので余計にですね。

    途中で、ヘリをレーザー誘導ミサイルで撃墜とありますが、実際にはホバリング中のヘリにレーザー誘導“爆弾”(この場合胴体中央に付けてるやつですね)を当てて落としたようです。GBU-10だということですから1t近い爆弾ぶつけられたということですね。信管が作動したかは寡聞にして知りませんが、重さだけでも十分破壊されたでしょう。恐ろしい事です。

    1. そうなんですか、誘導爆弾で上から当てる方がミサイルより難易度がよほど高い気がします。GBU-10が爆発したら近くのものは何も残らなそう。

  5. F-15Eストライクイーグル格好いいですね。

    以前のハセガワのF-15E製作記事に「最大の爆弾搭載量は11tです。B-29の最大量9tよりも多いのは驚きです。」との細密さんのコメントが有りましたが、ステルス機は兵装が制限されるので運動性能と兵装搭載量の総合能力ではトップクラスだと思います。

    航空自衛隊では近年F-35を装備し始めましたが、個人的には多用途に任務をこなせるF-15Eこそ装備して欲しいものです。

    1. こんにちは。同感です。F-15Eを配備すれば国防にとても貢献すると思います。個人的には原子力潜水艦を装備してほしいです。

      1. 同意です。
        通常動力型潜水艦も静粛性とかのメリットは大きいみたいですが、やはり食料等が続く限り活動できる原子力潜水艦は有利そうです。

  6. >基本戦車好きで戦車強い!最強!敵無し!エイブラムス一番!と思っていたので戦闘機の地上攻撃は大したものだと感心しました。
    私も基本戦車が好きですが本当に同意です。

    個人的に中東情勢に興味があって、2011年の「アラブの春」頃からシリアやリビアの内戦をチェックしてるのですが、アメリカ軍やロシア軍の介入(空爆支援)で一気に戦況が変わってしまいます
    (カダフィやイスラム国は一気に詰んでしまいました)。

    1. 何かの記事でカダフィは国民のための政治を行っていた評価されるべき指導者だと読みました。クリントン米国務長官の暗躍で失脚殺害されてしまったのは悲劇なのかもしれません。アラブでのロシア軍の行動にも興味があります。というかロシア軍戦闘機や戦車の行動にですけど。

      1. >カダフィは国民のための政治を行っていた評価されるべき指導者だと読みました。
        教育の普及や近代化を進めましたからね。
        カダフィ死後は共通の敵が居なくなった事で当時の反体制派が分裂したり、IS系の新興勢力が出たり、カダフィ派残党が居たり、土着の武装勢力も居たりと戦国乱世になってるので独裁も「必要悪」でしょうね。

        >アラブでのロシア軍の行動にも興味があります。というかロシア軍戦闘機や戦車の行動にですけど。
        Su-34や35Sが活躍してますね。基地警備とかでT-90Aなんかも派兵してる様ですが、地上部隊はシリア政府軍がメインなのでこちらの活躍はあまり聞きません。

        近年の戦争は特に制空権を取れるかにかかっているので、空軍に優先的に金をかけて、海軍は潜水艦メイン、陸軍はT-14みたいな新装備も開発してるけど、取り敢えずはT-72B3とか既存装備の改修で間に合わせるというロシア軍の方針は極力金をかけない戦力底上げで理にかなっている気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください