イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ

イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ イタリア軍の軽戦車です。軽戦車というよりも豆戦車。これでも重量は約3トンあります。

イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ まずは車体の箱組からです。ちょっと隙間が生じるけど慎重にすり合わせればそれほど問題なさそうです。

イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ このキット、転輪など足回りの組立がすごく難しい。接着して一気に組み立ててしまってよいものなのかな。あまり固着する部分が少なくて安定もしないし、はてどうしたものか。

イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ 板バネサスペンションと転輪など仮組みしています。少し振動を与えるとすぐに崩れてしまう。

イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコほんの少しだけエッチングパーツが付属しています。小さい割に細かい部品がありますね。
(2018/11/18)

イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ 部分連結キャタピラを組み付けた直後です。転輪や駆動輪の固着がなかなか安定しないので戦車を手馴れていても結構難しかったです。転輪からキャタピラまではあまり間を開けずに一気にやった方が微調整もできるし良いかも。

イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ 大きな四角いハッチが二つあります。戦車が超小型なのでパッケージを見るといかにも窮屈そうです。

イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ 箱組から組み立てているので立て付けが悪いのは自己責任なんだけど、もう少し明確なパーツ同士のガイドがあれば正確に組めたかも。

イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ光硬化パテが余ったので、泥汚れを付けてみました。パテの色が黄色なのであまり分からないね。

日産の会長が逮捕されててなんだかなぁ。たしか̪̪数兆円の負債で死に体だったのを、大リストラで関連会社含めて数千数万人をクビにして復活したんだっけ。本人だけの力ではないとしても数兆円復活させたのなら50億円ちょろまかしたのも小さい気もするが、影響を受け辛酸舐めた大勢から見たらたまらんだろうね。実際のところ社内の内紛、お家騒動なのか、特捜とCIAの絡んだ陰謀論的なものなのか、なんていろいろ考えてしまう。
(2018/11/20)

イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ カルロヴェローチェの豆戦車が完成しました。この戦車は1935年のエチオピア侵攻や1936年のスペイン内戦時には活躍しました。武装も装甲も貧弱なので1940年末にはすでに旧式兵器となっており、最前線で戦闘に参加する機会は少なかったようです。某アニメではちょこちょこと登場しているらしいですが未見です。そのうち見てみたい。

イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ 普通は機関銃搭載のタンケッテですが、このタイプは20mm対戦車砲を装備しています。構造上砲塔が無いので射界が限られていました。上官にこれでグラントとかシャーマンなどに戦いを挑めと言われたら無理ゲーで絶対マズいでしょ。戦場では自分が乗る機材に文句も言えず辛い選択もあったと推察します。

イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ 風が吹けば飛んで行ってしまうようなタンケッテなんですけど、なるべく重く見えるようにキャタピラや対戦車砲部分はドライブラシで光らせました。

イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ うーん、ところどころキャタピラがずれてしまった。残念。

イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ ヘッドライトには透明パーツが使用されており、近くで見ても精密な格子模様が確認できてグッド。

イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ マーキングは1941年、北アフリカのリビアでの第9戦車大隊だと思います。某宗教団体の旗にパッと見で似ているけど違います。ちなみにこの車体は無線機を積んでいたようです。

イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ 車両が小さいと迷彩塗装がけっこう塗りにくかったです。

イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ 大きなハッチは接着しませんでした。

イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ 先日、イタリア戦車兵を5体ほど製作した中で、2体は座り姿勢だったのでカーロヴェローチェに乗せてみました。

イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ フィギュアがかなり大きく見えるけど実際の写真でもこんな感じでした。二人乗りなのでそんなに中も大きくない。

イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ車体が小さいのであまり作った気がしませんでした。でも、イタリア戦車はほとんど製作したことが無かったのでとても楽しかったです。タミヤだけだともうあれとあれの2種類しかないですからね。タミヤイタレリも含めるともう少しバリエーションが増えます。

最近、プレステ3のコントローラーが暴走して困っていました。相変わらずノベルゲームをときどきやってるんだけど(いまはカオスヘッドノア…。だめだこれ、内容についていけない・・・多くの人が、序盤で嫌悪感を覚えて脱落するらしいのはある意味理解できます。)いきなりスキップモードで暴走してセリフが読めない光速でワープして、勝手に上書きセーブされたりします。激怒でコントローラーを床にたたきつけたくなる衝動を抑えてサードパーティーの格安のに買い替えました。もう、純正は売っていないし、売っていてもかなり割高ですもんね。たった1,400円の割に快適プレイで買ってよかったです。いい加減プレステ4買おうかなとも思います。自分が興味を持とうとするころにはもうプレステ5の噂が出ていて、いつも自分が手に取るころにはブームが終わるという法則が発動されます。
(2018/11/30)

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

3 Replies to “イタリア軍軽戦車 L35/c カルロ・ヴェローチェ CV33/II 20mm機関砲搭載型 1/35 ブロンコ”

  1. こんにちは。

    今回の作品は初めて知る戦車でしたがフィギュアと対比写真もあって個人的に非常に面白かったです。
    対比写真を見るとコペンよりも小さそうですが二人乗りという事なので、車内で相方と肩とかぶつかりそう(笑)

    >上官にこれでグラントとかシャーマンなどに戦いを挑めと言われたら無理ゲーで絶対マズいでしょ。
    >戦場では自分が乗る機材に文句も言えず辛い選択もあったと推察します。
    私は前に自衛隊の普通科で働いてた事があるのですが、歩兵目線だと小銃や弾薬、場合によってはプラスαで無線やその他携帯火器持って行動しないし、小銃や榴弾の破片程度なら防げそうなので敵の中戦車級との殴り合いをせず、対歩兵戦をやってる分には「結構良い兵器なのでは」と思ってしまいます(笑)

  2. >日産の会長が逮捕されててなんだかなぁ。
    >たしか̪̪数兆円の負債で死に体だったのを、大リストラで関連会社含めて数千数万人をクビにして復活したんだっけ。

    ゴーン氏逮捕については同意見です。
    そのままゴーン以前の経営陣でやってたら日産は会社自体倒産か中国辺りの同業者に買収されてた可能性を考えると功績の方が大きく、勇退とか別ポジションへの移動と言う名誉を保った形が望ましかった気がします(日本人経営陣よりやり手だろうから反撃の危険性を考えると難しいんでしょうけど)。

    良くも悪くも、例えば「功績3・失態1くらいで総合のプラマイ評価が2」になる人よりも、「功績も失態も0」の毒にも薬にもならない人間を好む日本らしさが出た事件の気がします。

    1. こんばんは。前会長の件はブログを書いているときに速報があったので思わず書いてしまいました。もう数週間経っていろいろ分かってきたみたいですね。確かにおっしゃる通り日本人経営者は劇薬にはなり切れなかったのでしょう。外国人経営者のはしりでしたからね。それにしても長くやり過ぎた。

      自衛隊でしたか。それでしたら軍隊の装備関係にはお詳しいでしょうね。最近は日本近海が騒がしいので私も自衛隊の装備に関心があります。イタリア軽戦車ですが、こういう小さな戦車でも相手が歩兵のみなら歩兵の支援兵器としては確かに頼りになったかもしれません。シミュレーションゲームでトブルクを扱ったものをプレイしていた時にこの戦車を扱って、もう全然ダメだったので弱いなぁと思っていました。おそらく運用次第??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です