ドイツ軍用バイク ツェンダップ K800 バルカン 1/35

ドイツの軍用バイクにフィギュア付きのプラモデルです。2015年1月の製作です。

ボックスアート ドイツ軍用バイク ツェンダップ K800 バルカン 1/35

対空戦車のプラモデルがまだ完成していないのに、また悪い癖で違うものに手を出してしまいました。軍用バイクの模型です。

効果的なエッチングパーツや金属部品 ドイツ軍用バイク ツェンダップ K800 バルカン 1/35

ここぞというポイントで効果的なエッチングパーツや金属部品を使うので組み立てが非常に楽しい。このバイクのホイールのエッチングは秀逸な出来です。

すこしプラスチックが柔らかい ツェンダップ K800 バルカン 1/35

あまり意味の解からない多量のエッチングパーツと格闘ということはないです。すこしプラスチックが柔らかいので注意して組み立てています。
(2015/1/11)

ドイツ軍オートバイ兵 バルカン 1/35

いたって普通のフィギュアです。ちょいちょいとヤスリがけしながらある程度接着していきます。

ドイツ軍オートバイ兵の組立 バルカン 1/35

オートバイ兵フィギュアの顔はそのまま接着すると不自然に下向きになってしまうので無理やりにでも並行かちょい上向きの視線になるように修正。

サイドのトランクは塗装を考えて後で接着 ドイツ軍用バイク ツェンダップ K800 バルカン 1/35

はい、一応組立完了です。サイドのトランクは塗装を考えて後で接着します。トランクのモールド、鍵も付いているようで割りと良い感じ。

自然なポーズで一体化させるのが難しい ドイツ軍用バイク ツェンダップ K800 バルカン 1/35

フィギュアとオートバイのシートを接着するつもりはありませんが、自然なポーズで一体化させるのが難しい。右手をアクセルと調和させるのにも一苦労しました。

オートバイシートの下のスプリングがリアルなドイツ軍用バイク ツェンダップ K800 バルカン 1/35

オートバイシートの下のスプリングなんか特にリアル。

タイヤのスポークが良いドイツ軍用バイク ツェンダップ K800 バルカン 1/35

左側、エンブレムの周りがちょっと汚くなってしまいました。そのほかは細かい部品が多かったですが何とかうまく組み立てられました。

ドイツ軍用バイクのプラモデル ツェンダップ K800 バルカン 1/35

普通に組んだだけですがエッチングの効果か、ディテール感がかなり高まっています。小学生の頃、タミヤからリリースされている似たようなバイクを作ったことがありまして、それも懐かしいです。

ヘアスプレー技法 ドイツ軍用バイク ツェンダップ K800 バルカン 1/35

ヘアスプレー技法を小さい模型でも試してみようと、はじめに黒を塗っておきました。どうなるかなぁ。

テープや練り消しで巻いているのは肌色部分などのマスキング

フィギュアは基本塗装まで完了。テープや練り消しで巻いているのは肌色部分などのマスキングです。いや、なんかハーフライフに出てくるモンスターみたいですが・・・。
(2015/01/22)

組立と塗装・製作記・完成写真 ドイツ軍用バイク ツェンダップ K800 バルカン 1/35

ツェンダップの軍用オートバイが完成しました。ドイツ軍は第二次世界大戦でBMWと並んでこのツェンダップのオートバイを主に軍用に用いていました。

ヘアスプレー技法で仕上げたドイツ軍用バイク ツェンダップ K800 バルカン 1/35

バイクに関してはヘアスプレー塗装法で、はじめに塗装した黒を生かすようジャーマングレーを剥がしてみました。丁寧にやれば小さな固体でも効果が出るかと思います。

ジャーマングレーのドイツ軍用バイク ツェンダップ K800 バルカン 1/35

なーんて思っていたのですが、小さな個体だとあまりヘアスプレー技法は効果ないのか、あるいは黒とジャーマングレーだと似たような色で解かりにくいのか目立ちませんでした。

つや消し仕上 ドイツ軍用バイク ツェンダップ K800 バルカン 1/35

途中ではツヤのコントロールが難しいけれど最後に軽くつや消しコーティングをすれば問題ないかと。ちょっとつや消しにしすぎたかなぁ、今回は。

ハンドルが細くて折れやすい ドイツ軍用バイク ツェンダップ K800 バルカン 1/35

このハンドル、細いので折れやすくて取り扱いには注意が必要です。

革のシートとサイドのトランクはこげ茶色と黒でブレンディング ドイツ軍用バイク ツェンダップ K800 バルカン 1/35

革のシートとサイドのトランクはこげ茶色と黒でブレンディングやウォッシングで質感を表してみました。

バイクのプラモデル ツェンダップ K800 バルカン 1/35

錆びだらけのおんぼろにはしたくなかったのでウェザリングがちょっと中途半端になってしまったか。小さい模型だしこれくらいでちょうど良いかな。

オートバイ兵とツェンダップ K800 バルカン 1/35

フィギュアの顔はボックスアートのように塗りたかったのですが違っちゃいました。なんか元気な表情になりました。顔の塗りが難しかったのですが、腕の血管なんかは頑張って描いてみました。

塗装と仕上 ドイツ軍用バイク ツェンダップ K800 バルカン 1/35

取り説にはガスマスクケースの接着指示がなかったですがせっかく入っているので取り付けました。良くあるドライバーのオートバイコートを着ているフィギュアなら胸あたりにガスマスクケースを下げていますが今回は普通の軍服なので後ろに取り付けました。

ドイツオートバイ兵とドイツ軍用バイク

ヘルメットにはチッピングを施しました。ユニフォームは基本塗装のあとかるく影を描いてドライブラシをしました。

ミリタリーフィギュアのドイツ軍オートバイ兵

この付属フィギュアとバイクを組み合わせるのが意外と一苦労です。そのうちバイクだけで飾りたくなるかもしれないので接着はしないでおきます。

精密で出来が良いドイツ軍用バイク ツェンダップ K800 バルカン 1/35

戦車というよりもバイク模型なのでまた違ったジャンルになるんじゃないかなぁ。ただミリタリーつながりというだけで。戦車と一緒のジオラマに並べると刺身のつま程度ですが、実際このバイク模型はかなり小さいのですが非常に出来が良いかと思います。
(2015/01/28)

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です