大日本帝国海軍 艦上戦闘機 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

1/144スケールで初めて作った飛行機がゼロ戦でした。2015年9月完成です。

1/144零戦32型ソロモン航空戦 (SWEET)2機製作しまして、下記がその設定です。
・空母・瑞鶴戦闘機隊 昭和17年6月~10月 南太平洋海戦
・第3航空隊(第202航空隊)伊藤清 二飛曹愛機 X-151 報国-994
昭和17年10月~昭和18年10月チモール島クーパン基地

ボックスアート 大日本帝国海軍 艦上戦闘機 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

巡洋艦の艦載機で1/700の小さな飛行機を作っていて、もう少し大きめなのを作ってみたらどうだろう?とふと思ったのでこの零戦を作ってみます。

ボックスアート裏面 大日本帝国海軍 艦上戦闘機 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

上のパッケージをひっくり返すとこちらのイラストになります。コミカルなボックスアートでちょっとびっくりです。

2機入っている分の1機分のランナー 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

2機入っている分の1機分のランナーがこちら。部品数はさほど多くありません。

繊細なパーツ群 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

あまりにも繊細なパーツ群なため、ランナーからの切り離しやゲート処理さえおっかなびっくりやっている状態です。モーターツールでごりごりなど間違ってもできません。

違うスケールの作業 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

晴嵐を作っている合間にちまちま作業していました。どうも違うスケールの作業は並行してやらないほうが良さそう。なんか感覚が狂うというか妙な感じです。どうしても複数作業したければ1/144だけ4つくらい並行するほうが良いんじゃないかな。

キャノピーの枠は手書き 大日本帝国海軍 艦上戦闘機 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

キャノピーの枠は手書きです。ちょっと歪んだか。操縦席はあまりディテールがないのでキャノピーがちょい曇っているくらいが30cmくらいから眺めていてちょうど良いかと思います。

ミニスケールの飛行機プラモデル 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

繊細なパーツなのでおっかなびっくり作業を進めていてあまり早くは組み立てられません。

エンジンは頑張って塗装しても完成するとほとんど見えませんでした 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

エンジンは頑張って塗装しても完成するとほとんど見えませんでした。でも良い感じです。

ピトー管が無いのが少々気になったので0.2mmのピアノ線を切り出して途中で削り込んで翼端に差した

細かいことにこだわってもあまり生産的ではないスケールなのですが、ピトー管が無いのが少々気になったので0.2mmのピアノ線を切り出して途中で削り込んで翼端に差してみました。ちょっとだけでも手を加えると愛着が激増しますね。

キャノピーを接着してマスキング 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

とりあえずキャノピーを接着してマスキングをしました。

塗装工程の手間は1/48とそれほど変わらない 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

組立は注意すれば比較的簡単ですが、塗装工程の手間は1/48とそれほど変わらないかなぁ。

零戦32型のデカール貼り ソロモン航空戦 スウィート 1/144

デカールを貼っているところです。カルトグラフのデカールは発色がきれいで良いですね。

3号空対空爆弾に黄色の帯を描かないといけないんですが、過去に製作した戦車のデカールの黄色い部分を細かく切って貼り付けました 大日本帝国海軍 艦上戦闘機 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

3号空対空爆弾に黄色の帯を描かないといけないんですが、過去に製作した戦車のデカールの黄色い部分を細かく切って貼り付けました。
(2015/09/19)

スウィートのパッケージは2機セットなので両方製作 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

スウィートのパッケージは2機セットなので両方製作してみました。1機目は空母瑞鶴の艦載機です。塗装指示は思い切り無視して明灰白色で塗装しちゃいました。出来が良いのに感動してまたストックがあるのでそのうちに今度は灰緑色でも製作してみます。

ピトー管とアンテナ線を金属工作で追加 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

ピトー管とアンテナ線を金属工作で追加しました。細かい作業の訓練にも最適です。

大日本帝国海軍 艦上戦闘機 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

コックピットの塗り分けがもう少しかっちりしていれば言うこと無いんですけど、細かくて難しいです。いや、でももう少し離れてみると全然問題ないんですよ、これでも。

コックピットの塗り分け 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

まぁ、初めての1/144だしまだ一箱目なので次はもっとうまく作りたいですねぇ。

組立と塗装・製作記・完成写真 大日本帝国海軍 艦上戦闘機 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

ランディングギアのカバーなんかもっと薄くすると質感がアップしそうです。

給油口の赤いデカールや黄色い帯デカール 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

給油口の赤いデカールや黄色い帯デカールも付いていて親切です。

零戦32型は翼端が少し短く角型で機動戦に強くなった ソロモン航空戦 スウィート 1/144

零戦32型は翼端が少し短く角型で機動戦に強くなったとのことです。そういえば前に製作したトロピカルタイプのスピットファイアもそのようなコンセプトでした。

お手軽とは言ってもそれなりに苦労しましたがおおむね楽しい製作 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

トータル製作時間は忘れましたがもちろん1/48よりは随分お手軽に完成します。お手軽とは言ってもそれなりに苦労しましたがおおむね楽しい製作です。手を入れたらきりが無いでしょうけど。

全体的に軽くスミ入れとウォッシング 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

全体的に軽くスミ入れとウォッシングを行っています。このスケールだとやらないほうがいいのかな?でも私、スミ入れ大好きなんです。

コレクションにも最適 スウィート 1/144

これくらいの大きさならいくらでも並べられそうでコレクションにも最適です。自分で言うのもなんですけどこの小ささでこの密度感は感動します。初めて作ったときの貴重な感動でしょう。

第3航空隊の報国-994号 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

2機目は第3航空隊の報国-994号、こちらは南太平洋で活躍した機体です。オーストラリアやアメリカとの戦いでしょう。

零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144 の組み立て

肉眼だとぜんぜん見えなかったコックピットに付いているマスキングテープの残りが写真に撮ると気がつきました。すぐに取れたので良かった。

茶系でスミ入れするとまわりも少し色褪せ感が出てちょうど良い

茶系でスミ入れするとまわりも少し色褪せ感が出てちょうど良い感じ。

主翼上面の赤と青のライト 零戦32型 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

主翼上面の赤と青のライトの塗装指示もありました。細かくて良いです。

スウィート 1/144のプラモデル

やっぱり課題はキャノピー枠かなぁ。今度はマスキングして塗ってみようか、でも自信ない。

1/144スケール飛行機プラモデルの組立と塗装

増槽は2機とも金属製のものをチョイスしました。

1/144スケール飛行機プラモデルの完成写真 零戦

飾る場所もとらなくていいですね。うちの文庫本の棚にはみ出さずに駐機できます。

スウィートの精密感は凄すぎ 零戦32型

上手に作るのは難しいけれど、いろいろな機種にチャレンジしてみたくなります。1/144にはまったく興味がありませんでしたが、今はときどき作ってみたいと思います。20機くらいずらーっと並べたい。

零戦32型の下面 ソロモン航空戦 スウィート 1/144

いろいろ検索すると食玩でも1/144で山ほどリリースされているんですね。ぜんぜん知らない世界でした。まぁ、モデラーなら苦労してもはじめから製作したいです。なーんて食玩に足を踏み入れたら面白くて戻ってこなくなったりして・・・。そうなると積みの未消化確定ですな。

ソロモン航空戦の零式艦上戦闘機 スウィート 1/144

スウィートの精密感は凄すぎます。この出来に感動していくつかストックしましたのでまた製作してみます。プラッツもストックしちゃいました。でも紫電改が欲しいけどどこにも売ってないよ。
(2015/09/21)

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です