アメリカ軍 軽戦車 M41A3 ウォーカー・ブルドッグ AFVクラブ 1/35

大昔に作ったタミヤのウォーカーブルドッグの写真が出てきたので製作記の後ろの方に貼ってあります。あまり上手くないです。このキットは2012年7月から11月に製作しました。

ボックスアート アメリカ軍 軽戦車 M41A3 ウォーカー・ブルドッグ AFVクラブ 1/35

家に積んであるウォーカーブルドッグに手を付けました。この戦車は数十年前にタミヤの模型を作って以来です。確か私が一番最初に戦車模型を作ったのがウォーカーブルドッグだったような気がします。小学校低学年くらいの頃、もちろん未塗装でした。
(2012/07/11)

ウォーカー・ブルドッグの転輪

型抜きの関係かタイヤを分割してあり、接着した後に跡を全て消す作業がなかなかに大変です。

ウォーカー・ブルドッグのシャーシの組立

車体下部にサスペンションパーツ等を取り付けたところです。随分と細かくパーツわけされており車輪の接着までも工程が多いです。車体下部には2002TAIWANとモールドされていました。ちょうど10年前のキットですね。でも、AFVクラブがスカイボウから金型を買ったとも聞いた事があるので本来のリリースはもっと前なのかもしれません。
(2012/07/11)

アメリカ軍 軽戦車 ウォーカー・ブルドッグ 起動輪の接着強度増加

起動輪の取り付け部分はどう考えても接着強度が弱いと思うのでエポキシパテで余分な隙間を詰めて補強しました。まぁ多少はみ出てもそれほど見えないかと思いたっぷり注入しました。

転輪の取り付け M41A3 ウォーカー・ブルドッグ AFVクラブ 1/35

転輪などを取り付けたところです。ここまでで結構な達成感。エポパテがあまったので裏側からも取り付けピンの補強をしておきました。車体内部には丁寧に脱出ハッチがモールドされているようです。
(2012/07/14)

T91E3 ウォーカーブルドッグ用の連結キャタピラ AFVクラブ 1/35

やっぱりキャタピラは分割式が良いかと思いこちらを使用してみます。別売りの可動分割キャタピラです。フリウルモデルからも金属製の可動キャタピラがリリースされていますが若干値が張ります。

T91E3 ウォーカーブルドッグ用の連結キャタピラの組立

実際にキャタピラをゴムベルトから変えるメリットがあるんですかね?下2本がキット付属のゴムベルト。上のものがプラ製の分割式です。モールドはゴムでも遜色ないくらい上出来なのでまったく問題なさそうです。分割式は組立が面倒ですが慣れればたいした事ありません。
(2012/07/16)

ベルトキャタピラと連結キャタピラの比較

試しに車輪に巻いてみましたがそれほど変わらないかなぁ。私はキャタピラ1枚1枚のカクカクした感じが好きなので右のほうが雰囲気が出ているかと思いますけど。手間を考えると左のゴムベルトでも全然OKでしょう。
(2012/07/16)

連結キャタピラのゴム部分の貼り付け

タミヤの最近のゴムパーツと同じようにプラ用接着剤でくっつくかと思っていたら全部剥がれました…。結構頑張って取り付けたのですが無駄な作業となってしまいました。ゴム用のエポキシ系接着剤があれば良かったのですが、瞬間接着剤でもかなりの強度で付きますので大丈夫でした。
ピンセットで剥がしたり取り付けたりしているうちにラバー部分が程よい傷になってディテールアップになってたりして。
(2012/07/16)

連結キャタピラのシャーシへの取り付け ウォーカー・ブルドッグ AFVクラブ 1/35

ほんの少しだけキャタピラをたるませましたがまぁまぁいい感じかな。可動キャタピラですが位置決めが終わったらプラ用接着剤を結構多めに流し込んでおいてキャタピラを転輪等に固定しました。
(2012/07/16)

車体下部の組立が完了 M41A3 ウォーカー・ブルドッグ AFVクラブ 1/35

車体下部の組立が完了しました。マフラーのパイプが少し長さが足りなかったので
光硬化パテを使いました。マグライト照射はかなり強力に短時間に固まります。車体後部のいくつかの部品は説明書を読んでもいまいちどう取り付けるのか解らなかったので少しいいかげんです。
(2012/07/22)

アメリカ軍 軽戦車 M41A3 ウォーカー・ブルドッグ アルミ砲身

M41の砲塔も完成です。アルミ砲身が直線が良く出ていてなかなかかっこ良いです。いったん砲塔を車体にはめ込むと取れにくそうなので塗装が落ち着くまでは乗っけているだけです。

M41A3 ウォーカー・ブルドッグの砲塔 AFVクラブ 1/35

こうしてみるとM41の砲塔はずいぶんと大きいですね。キングタイガーと形が似ていないこともない。

アメリカ軍 軽戦車 M41A3 ウォーカー・ブルドッグ メインハッチは開閉式

メインハッチは開閉式です。メインハッチ基部と砲塔左側のペリスコープガードのパーツがうまくプラが回っていなくて部品がうまく付かなかったのでエポパテで修正しました。
(2012/10/27)

アルパインのレジンフィギュア アメリカ軍戦車兵

アルパインのレジンフィギュアを隣に置いてみる事にしました。アルパインのクオリティはまさに生き人形。素晴らしい出来です。見本塗装のようにうまく塗れる自身はありませんが何事も練習です。

アメリカ軍 軽戦車 M41A3 ウォーカー・ブルドッグ サーフェイサー

サーフェイサーを薄く吹きました。プラのままよりこの時点で少し重量感が出たような。サーフェイサーは瓶詰めを2倍くらいに希釈して軽く吹きました。

Mr.メタルプライマーにMr.セメントの筆を付ける

小ネタですがスペアで買ってあるMr.セメントSの蓋についているナイロンの筆をメタルプライマーの蓋の裏に差し込んで使うと細かいところを塗るにも便利です。みんな既にやっているかな、こんなことは。
(2012/10/30)

アメリカ軍 軽戦車 M41A3 ウォーカー・ブルドッグの塗装中

奥まった部分を黒っぽい色で塗装。
(2012/11/09)

オリーブドラブ塗装 M41A3 ウォーカー・ブルドッグ AFVクラブ 1/35

基本色の塗装。ここまではすべてラッカー塗装です。タイヤの塗りわけをドライブラシでどこまでできるかやってみましたが、はみ出してまたリカバリーするのも手間なのでそこそこで辞めてしまいました。

ウォーカー・ブルドッグ AFVクラブ 1/35 デカール貼り

デカールはクリヤーを吹いて表面を滑らかにしてから密着させました。これでシルバリングをかなり防げるかと思います。基本色に明るめの色を加えて所々エアブラシ。アクセントを付けました。
(2012/11/09)

アメリカ軍 軽戦車のプラモデル

防盾にパーティングラインらしきものが残っていました。実写写真で観察してもこのような不自然なラインはないし、タミヤのキットにもなっかたような。M24チャーフィーにはこんな感じの横線があるのですがM41には無いようです。いやー、まいった。
(2012/11/14)

ティッシュで防盾カバー

ということで、防盾カバーを作ってみることにしました。キャンバス地のカバーなので、ティッシュペーパー(正確に言うとキムワイプ)を塗らしてそれらしく貼り付けていきます。箱絵を参考にしています。なんか心もとないなぁ、スケスケだし。
(2012/11/14)

M41A3 ウォーカー・ブルドッグ ティッシュで防盾カバー

乾いたらこうなります。まるで包帯をしているようです。乾くと少し縮むのでいまいち思ったとおりにはなりませんでした。思いのほか真っ白になります。
(2012/11/14)

溶きパテを防盾カバーに塗布

溶きパテを塗って厚みを少し増すとこんな感じです。伸ばしランナーで周りを囲って、板おもりを細かく切ったものを留め具として貼り付けていきます。そのあとで余っているパーツからリベットを切り出して留め具に貼ってみました。
手前の灰色のものがドイツ戦車の余りパーツでリベットがたくさん付いていて重宝しました。うーん、どうですかねぇ、塗装したらそれなりに見えるかと思います。基本塗装まで終わっていて追加工作というのもちょっと効率悪い。でも趣味なので効率なんて言葉は野暮でしょう。ひと仕事終わってまた次のキットに手を出してしまいそうな予感が。
(2012/11/14)

20年以上前に作ったタミヤのウォーカーブルドッグ

20年以上前に作ったタミヤのウォーカーブルドッグの写真がありました。このキットは少ないパーツ数ですぐに組めてなかなか楽しめました。
(2012/11/23)

20年以上前に作ったタミヤのウォーカーブルドッグ 正面

こんなのとか、
(2012/11/23)

20年以上前に作ったタミヤのウォーカーブルドッグの付属フィギュア

こんなのが残っていました。戦車長のピントが合っていないのが残念です。
(2012/11/23)

組立と塗装・製作記・完成写真 アメリカ軍 軽戦車 M41A3 ウォーカー・ブルドッグ AFVクラブ 1/35

M41A3 ウォーカーブルドッグが完成しました。M41は全世界20カ国以上で運用されていた実績があります。現在もまだ配備している国もあるでしょう。どうにも朝鮮戦争にはぶっつけ本番で投入されたという、なかなか気合の入った車両です。

M41は全世界20カ国以上で運用されていた

今回のマーキングはマニュアルによると1956年、西ドイツにおける米軍第1機甲旅団だそうです。西ドイツにもレオパルトなどを国産開発するまでは供与されていました。

M41A3 ウォーカー・ブルドッグ 1956年西ドイツにおける米軍第1機甲旅団

インストでは特に指示はありませんでしたが、マフラーカバーは結構さびた感じに仕上げました。昨年のニュースではバンコクでのデモを鎮圧する部隊にもM41を見かけました。その車両もマフラーはずいぶんと色が変わっていました。

アメリカ軍 軽戦車 M41A3 ウォーカー・ブルドッグ 合計で約5,500両が生産

朝鮮戦争時にM24チャーフィーではソ連製のT-34-85に対抗することが難しく、その後継車種として開発されました。合計で約5,500両が生産されて世界中で使用されています。

アメリカ軍 60口径76.2mm砲とT型マズルブレーキ

60口径76.2mm砲とT型マズルブレーキ。説明書によるとT型マズルブレーキは発射煙を左右に逃がすので射撃後も視界が良好に保たれます。

防盾のキャンバスカバーはティッシュとパテで自作

防盾のキャンバスカバーはティッシュとパテで自作しました。留め具は板おもりを細かく切ったものに他キットの余ったパーツからリベットをこそげ落として接着しました。キャンバスの皺はもう少し研究の余地あり。ぼろきれかまゆみたいになってしまった…。

覗き窓(ペリスコープとも言う)のようなところはシルバーに青を混ぜて塗装

覗き窓(ペリスコープとも言う)のようなところはシルバーに青を混ぜて塗装。もう少し透明感というか、光沢というかガラスっぽい表現があればよいのですが。

オリーブドラブの車体色

車体はオリーブドラブの基本色をベースにいくつかの明暗を変化させてエアブラシをしてさらにウォッシング等で変化をつけました。

アルパインの戦車兵とウォーカー・ブルドッグ AFVクラブ 1/35

戦車兵を脇に立たせてみました。そもそも1950年代の米軍戦車兵はこの軍装で問題ないのかというところがあります。朝鮮戦争でも似たようなジャンパーを着ているようなので車両に合わせてみました。

左肩には第1機甲師団の師団マーク アルパインの戦車兵

左肩には第1機甲師団の師団マーク。細かいので筆で描くのは大変でした。自分では意外と上手くいったと気に入っている部分です。車両のマーキングと一致するのかは不明です。

アルパインの戦車兵と階級章筆塗り

この人は伍長ですね。

アルパインの第二次大戦中のアメリカ軍戦車兵

アルパインのサンプル作例のような超絶技巧を真似てみたくてもなかなか難しいところです。でも、雰囲気は良いかと思います。

カッコ良いウォーカー・ブルドッグ AFVクラブ 1/35

製作記にある20年前に作ったブルドッグに比べるとまぁまぁ満足です。戦車もかっこよいけれど、造形の優れたフィギュアを添えるとまた良い感じ。

戦車プラモデルの製作方法と塗装

別売りの連結キャタピラを使用したのは満足でした。このカクカク感がたまらなく良い。
(2012/11/23)

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です