アメリカ軍歩兵 ライン川進撃戦 レマーゲン鉄橋1945年 ドラゴン 1/35

第二次大戦中のアメリカ軍歩兵のフィギュアです。2014年5月に製作しました。

ボックスアート アメリカ軍歩兵 ライン川進撃戦 レマーゲン鉄橋1945年 ドラゴン 1/35

ただいま製作中の105mm榴弾砲だけだとなんとなく寂しいので、手持ちのアメリカ軍フィギュアで1945年のレマーゲン鉄橋付近の戦闘をテーマにしたフィギュアを製作しています。6体でのストーリー性は無さそうですがとりあえずそのまま作ってみます。

アメリカ軍歩兵 コートを着て小銃を持った歩兵 1945年 ドラゴン 1/35

コートを着て小銃を持った歩兵です。小銃のスリングはいつもどおり付属していないので自作です。細切りのプラシートで作ってみました。

衛生兵 アメリカ軍歩兵 ドラゴン 1/35

めずらしく衛生兵が含まれています。ヘルメットと腕章の赤十字でカールも付属しており貴重なキットかと思います。タバコは真鍮線にて製作。といってもただの切れ端です。

小銃歩兵はライフルのスリングを真鍮板の細切りで作ってみました。

もう一人の小銃歩兵はライフルのスリングを真鍮板の細切りで作ってみました。こちらの方がこういう自然な垂れ下がりと湾曲を表現するには適しているように思います。板おもりでスリングの輪っかも適当に作りました。

角度によってはプライベートライアンのミラー大尉に似ている

角度によってはプライベートライアンのミラー大尉に似ているようないないような。こちらは試しにアルミシートの細切りからスリングを作ってみました。これは硬さがちょうど良いので加工し易かったです。この兵士もタバコを持っています。欲を言えばもう少しヘルメットのネットのモールドがきっちりと出ていればなぁ。
(2014/05/19)

受話器のコードはオーディオ製品の銅線を使用 アメリカ軍歩兵

受話器のコードはオーディオ製品の銅線を使用しました。アンテナは0.5mmの金属線で作ってみたのですが写真で見るとやはりかなり太すぎるようです。なんか釣竿を背負っているようです。なので、あとで0.2mmの線に変更してみます。このポーズ、戦場の只中という雰囲気で良いです。

双眼鏡にストラップをつける アメリカ軍歩兵

双眼鏡にストラップをつけるとなかなかリアルに見えるかと思います。ライフルスリングもなんとなくそれっぽく加工しました。いやー、6体作るのはけっこう大変でした。
(2014/05/21)

基本塗装前にサフ アメリカ軍歩兵

金属部品を所々に使っているので基本塗装前にサフを吹いておきました。

塗装中のアメリカ軍歩兵

基本塗装の途中です。あまりうまく仕上がりそうも無いなぁ、テカテカしているのを補正すれば少しは見れるようになるかな。それにしても歩兵は装備や携行品がやたらと多いので塗装も大変です。
(2014/05/28)

塗装 レマーゲン鉄橋の歩兵 1945年 ドラゴン 1/35

このあいだケーブルテレビで放映していたので「レマゲン鉄橋」をたまたま観ました。今観てもけっこう面白い。連合軍万歳的ではなくて比較的両面から描いているのが好感が持てます。
今回はすべてタミヤエナメルで塗装しました。遠めで見てもメリハリが付くように服の皺は光の加減を強調しました。

茶色とカーキとベージュで少しずつ色合いを違える

茶色とカーキとベージュで少しずつ色合いを違えると少しは単調さが和らぐかと思います。この顔立ちは悪くない。

衛生兵のデカールはかなり貴重 アメリカ軍歩兵 ライン川進撃戦 レマーゲン鉄橋1945年 ドラゴン 1/35

衛生兵のデカールはかなり貴重です。が惜しげもなく使ってしまいました。不思議なことに気に入っためずらしいパーツなどは使用するのがもったいないという心理になります。これってなんなんでしょ。

コートを着たアメリカ軍歩兵 ライン川進撃戦 レマーゲン鉄橋

割りと気に入った顔立ちに塗れたフィギュアや、あれー???組立のときはイケメンだったのにこの仕打ちかよ!という場合のものもあります。1mm筆がずれてもとんでもない事になるのでそこが面白い部分でもあります。

無線手 アメリカ軍歩兵 ライン川進撃戦 レマーゲン鉄橋1945年

無線アンテナは製作中の太い金属線よりこちらの方がだいぶ自然かなと感じます。

アメリカ軍歩兵の塗装 ドラゴン 1/35

このドラゴンのキット6名はちょっとサイズが大きめの印象があります。1/32くらいのイメージかな。他の製作者のこのキットに対する印象なども興味があります。

無線手と双眼鏡 アメリカ軍歩兵 ライン川進撃戦 レマーゲン鉄橋1945年 ドラゴン 1/35

このポーズは安定感があって気に入りました。

全員似たような皮製のブーツを履いています。 アメリカ軍歩兵 ライン川進撃戦 レマーゲン鉄橋1945年 ドラゴン 1/35

全員似たような皮製のブーツを履いています。かなり良質な装備品のようです。そういえばコンバットというTVドラマの最初のほうで、サンダース軍曹が新兵に対して執拗に新しいブーツを譲ってくれと頼んでいるシーンを思い出してしまいました。古参兵はなかなか良い装備に交換してもらえないのかも。

アメリカ軍歩兵と衛生兵 レマーゲン鉄橋1945年 ドラゴン 1/35

一応、いろんな角度から撮ってみました。

アメリカ軍歩兵 ライン川進撃戦 ドラゴン 1/35

こうやっていろいろと並べ替えていると、小学生の頃を思い出しました。スーパーカー消しゴムやウルトラマンの相手の悪役怪獣の消しゴムを並べてああでも無いこうでも無いとやっていましたっけ。このフィギュアの半分くらいの大きさでした。

組立と塗装・製作記・完成写真 アメリカ軍歩兵 ライン川進撃戦 レマーゲン鉄橋1945年 ドラゴン 1/35

もう少しじっくり塗装に取り組むべきだったかと少し反省していますが、6人そろうとなかなか良い雰囲気なのでこれでOKとします。
(2014/06/01)

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です