ウドバー・ハジー・センター スミソニアン航空宇宙博物館別館訪問 ワシントンDC(その3)

2016年5月にウドバー・ハジー・センターを訪問した3枚目の記事です。民間機やヘリコプター、大型機がたくさんありました。

愛知 M6A1 晴嵐

愛知 M6A1 晴嵐。この機体は昨年に模型を製作したので結構まじまじと見てしまいました。やっぱり模型に似てるね。というか、こちらがオリジナル。

パイパー PA-18 スーパーカブ

パイパー PA-18 スーパーカブ。1949年から10,000機以上生産された世界中で活躍している軽飛行機です。

Grob 102 Standard Astir III。セイルプレーン。

Grob 102 Standard Astir III。セイルプレーン、グライダーみたいなものか。

パンアメリカン航空のボーイング307 ストラトライナー

パンアメリカン航空のボーイング307 ストラトライナー。Clipper Flying Cloud。人と比べると大きさがわかります。

エアフランスのコンコルド

エアフランスのコンコルドなど。英仏が共同開発し、商業化した超音速旅客機です。巡航速度2200Km/時(音速の2倍)。1969年初飛行。1976年就航。2000年7月ドゴール空港にて全員死亡の墜落事故を起こし、8月15日に運行停止が決定しました。米も開発を計画していたが断念。ソ連も製作したが商業化を断念(外観がコンコルドにそっくりだった)。ツポレフTu-144も非常にかっこ良いと思う。

エアフランスのコンコルド

エアフランスのコンコルド。一枚の写真に納まらないくらい大きいのでこちらが後ろ側です。

パイパーPA-12スーパークルーザー

パイパーPA-12スーパークルーザー。単発小型機。パイロット1名に乗員2名まで。

ウォーターマン アエロバイル

ウォーターマン アエロバイル。うーん、ちょっと忘れちゃいましたが、車輪が3つついているので空飛ぶ自動車というコンセプトではないでしょうか。1937年初飛行。

ロッキード 1049F スーパーコンステレーション

ロッキード 1049F スーパーコンステレーション。コンステレーションの胴体を5.64m延長した機体。

ロビンソン R22、複座ヘリコプター

ロビンソン R22。複座ヘリコプター。

ロビンソンR44, ベル H-13J,

奥のオリーブドラブの機体がオートジャイロ ケレット XO-60。手前の赤いのがロビンソンR44。真ん中の白ボディに青いテールがベル H-13J。隣の白いのがベル モデル47B。上からだとあまり形がわかりませんね。これだけでもじっくり見る価値があると思うけど残念ながらちょっと見ただけでした。

ヘリコプター

他にも一人乗りのヘリコプターがいろいろありました。普段制作している模型をご覧いただければお分かりですが、この辺は全く守備範囲外。ヘリはアパッチしか作ったことがない。ましてや乗ったことは一度も無い、と思う。

ロッキード 1049F スーパーコンステレーション。垂直尾翼。

ロッキード 1049F スーパーコンステレーション。垂直尾翼。

ロッキード 1049F スーパーコンステレーション。手前の赤いのはFulton Airphibian FA-3-101。

ロッキード 1049F スーパーコンステレーション。手前の赤いのはFulton Airphibian FA-3-101。黄色と青の複葉機はFleet Model 2、カナダの製造会社の飛行機です。

ロッキード 1049F スーパーコンステレーション。エンジンとプロペラ。

ロッキード 1049F スーパーコンステレーション。エンジンとプロペラ。

ロッキード 1049F スーパーコンステレーション。

ロッキード 1049F スーパーコンステレーション。

コンコルドの脚。

コンコルドの脚。

エアフランス コンコルドのアップ。

エアフランス コンコルドのアップ。

シコルスキー社のYH-19A。H-19の元になった試作機。

シコルスキー社のYH-19A。H-19の元になった試作機。当時は輸送機として様々な活躍をしました。陸上自衛隊でも使用実績あり。

ロッキード 1049F スーパーコンステレーション。コンステレーションの胴体を5.64m延長した機体。

ロッキード 1049F スーパーコンステレーション。コンステレーションの胴体を5.64m延長した機体。

ロッキード 1049F スーパーコンステレーションの脚。

ロッキード 1049F スーパーコンステレーションの脚。

ビーチクラフト キングエアー 65-90。ターボプロップ小型旅客機。

ビーチクラフト キングエアー 65-90。ターボプロップ小型旅客機。この辺、下からの画像ばかりですみません。

ビーチクラフト D18S。離着陸性能の良い小型双発旅客機。

ビーチクラフト D18S。離着陸性能の良い小型双発旅客機。

カーチス F9C-2

カーチス F9C-2。1930年ころ開発された、飛んでいる飛行船から発着できる複葉機です。上部にフックが見えます。

パイパー PA-23

パイパー PA-23。1950年ころの小型双発旅客機。良いカラーリングだね。

パイパー PA-23

4-6人乗りくらいのようです。

エアバスA330/340 主脚。

エアバスA330/340 主脚。大きいですねー。まだ乗ったことないんだけど機会があればぜひ乗ってみたい。

パンアメリカン航空のボーイング307 ストラトライナー

パンアメリカン航空のボーイング307 ストラトライナー。主翼、尾翼、降着装置は爆撃機・B-17の流用だそうです。

ボーイング307 ストラトライナー

ボーイング307 ストラトライナー。

ボーイング307 ストラトライナー プロペラとエンジン

ボーイング307 ストラトライナー。プロペラとエンジン。

ユンカース Ju52/3m

ユンカース Ju52/3m。ジュラルミンの波形外板が特徴のドイツ製旅客機です。1930年代の就航。WWIIの戦争映画でもときどき見かけます。

ボーイング B-29 スーパーフォートレス エノラ・ゲイ 至近

ボーイング B-29 スーパーフォートレス エノラ・ゲイ。至近にて。
(2016/05/19)

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です