ソビエト軍 主力戦車 T-80UD スキフ 1/35

このT-80戦車は完成までにかなり苦労しました。本格的にエッチングパーツを使用。2009年9月から2010年4月の製作。

ボックスアート ソビエト軍 主力戦車 T-80UD  スキフ 1/35

気分転換に1年ほど前に海外通販で購入したT-80を作ることにしました。20ユーロしなかったので随分とお買い得でした。その頃はリーマンショックの影響でユーロも随分と円高方向に振れていて換算レートも輸入サイドに有利でした。
(2009/09/12)

T-80UD  スキフ 1/35 コンパクトにぎっしりとパーツ

コンパクトにぎっしりとパーツがビニール袋に入っていて結構重いです。。外箱は小さくてタミヤのセモベンテと同じくらいですかね。バッタみたいな成型色が新鮮です。

T-80UD  スキフ 1/35 組み立て説明書はオールロシア語

組み立て説明書はオールロシア語でよく分かりません。絵を元に組み立てていけば問題ないかと思います。15ページくらいあって詳しく書かれているので何とかなりそうです。東欧メーカーのキットの中にはすごく荒っぽい説明しかないものもあるようなので、この点は安心しました。

バリも結構多い T-80UD  スキフ 1/35

モールドは結構もっさりしてるのかなぁ。きちんと形になれば他に求めるところはありません。バリも結構多いですが良く見ると組み立てに影響のある部分は大丈夫そうです。
(2009/09/12)

エデュアルドのエッチングパーツが付属 T-80UD  スキフ 1/35

エデュアルドのエッチングパーツが付属しているのでなるべく使うように頑張ります。普段はキット付属の少量のエッチングパーツしか使っていないのでこれは随分と分量がありますね。この辺をきちんと使わないと精密感が出てこないのでしょう。

エッチングパーツを組み付け T-80UD  スキフ 1/35

エッチングパーツを組み付けられる部分は優先的に作業することにします。エッチングパーツの説明書とキットの説明書を平行して読んで、実行する作業を決めるのはややこしい。終わった作業はラインマーカーを引くなり×印をつけるなり分かりやすくメモしておいたほうがよさそうです。
(2009/09/12)

転輪の組立 T-80UD  スキフ 1/35

今週は会計士監査の受査でしたが特に問題もなくて結構早く帰れたので続きを製作しました。離型剤が結構べっとり、バリもたくさんあります。細かい部品は基本的に合わないと考えたほうが良いでしょう。ただ、少し穴を大きめに開けたり接着剤を多めにつけて無理やりねじ込んだりすればあまり問題ないかと。エデュアルドのエッチングパーツで妙にディテールが極まったところとかなりいいかげんなパーツが混同しているのがなんとも言えず不思議です。

左右の転輪 T-80UD  スキフ 1/35

一応、インスト通りに組んでみました。こんな作り方は初めてです。上部の小さい転輪はパーティングラインというより、段差になっていて目障りですがおそらくサイドスカートで隠れてしまうので処理は程々で良いのではないでしょうか。箱組みちゃんと出来なかったらゴミ箱行きかな…
(2009/09/17)

箱組み完了 T-80UD  スキフ 1/35

何とか箱組み完了しました。いろんな部分が干渉するので削りながら合わせました。上部装甲ともあまり隙間なく合いそうなのでパテは少量で済みそうです。

付属のベルトキャタピラ T-80UD  スキフ 1/35

付属のベルトキャタピラはタスカのシャーマンファイアフライのときと同様に片側2本を接着するものでした。プラスチック用の接着剤で接着が可能か試してみましたが無理でした…瞬間接着剤を使用したところ強度も問題なさそうなのでこれでOKです。このままではキャタピラが浮き上がってしまい全然だめなので、嫁から裁縫セットを借りて黒い糸でギュッと締めようかとトライしましたが一箇所やってみて大変なのと時間がかかるので断念しました。キャタピラの処理は後ほど考えます。
そういえばタスカが1/24スケールのII号戦車をリリースするようです。1/35がメインなのでちょっと残念ですかね。まぁ、AFV界が活性化するなら良いです。AFVの活性化とか言っているならこんな古いキット作っている場合ではないんですがね。
(2009/09/25)

車輪がガタガタ T-80UD  スキフ 1/35

仕事が忙しく、組み立てペースも上がりませんがようやく上面パーツと接着しました。車輪がガタガタですが少し矯正すれば何とかなるでしょう。
明日からまた1週間韓国出張です。そろそろ砲塔の組み立てに入りたいところですがもう少し先になりそうです。
(2009/10/16)

砲塔以外はだいぶ組み立てが完了 T-80UD  スキフ 1/35

砲塔以外はだいぶ組み立てが完了しました。前面のドーザーブレードは一部の材質がキャタピラと同じゴム製で取り扱いにくかったです。打ち出しピン跡がなかなか消せないので後でパテで何とかします。一部のパーツに引けもありますし。ブレードの車体への取り付けも説明書を見ただけでは良く分かりませんでしたが無理やり接着しました。
(2009/11/01)

パネルと予備燃料タンクはエッチングパーツ T-80UD  スキフ 1/35

パネルと予備燃料タンクはエッチングパーツを使うと随分見栄えが良くなりました。予備燃料タンクの加工には随分と苦労しました。細かいパーツは元パーツの原型等を無視して適当にエッチングを接着しました。
(2009/11/01)

後部のフェンダー T-80UD  スキフ 1/35

後部のフェンダーを一部分は元パーツを切り取ってエッチングの薄い板を取り付けるようですが、これもまたそんなにうまく行く訳もなく適当にくっつけてしまいました。曲げ易いので少しダメージを受けたようにしました。
(2009/11/01)

砲塔の組立 主力戦車 T-80UD  スキフ 1/35

砲塔がある程度完成しました。砲身の向きを間違えて、本当は真上に出っ張りが来ないといけなかったのですが横になってしまいました。無理やり真上に向くように捻ったら真ん中でぽっきりと折れてしまいました。砲身を折るなんてAFVモデラー失格です。接着剤等で修復しましたが大変でした。結局、横に着いた出っ張りは全て削り取って、後ほど真上にプラ板で工作します。
(2009/11/10)

砲塔の組立とエッチングパーツ T-80UD  スキフ 1/35

エッチングパーツや細かいプラパーツで組み立てにくかったです。と言うよりまだ砲塔後部の工作は終わっていません。どの位置に取り付けるのか説明書ではいまいち分からない部分も多かったですが、それらしく固着しました。
(2009/11/10)

ほぼ使い切ったエッチングパーツ T-80UD  スキフ 1/35

結構しんどかったですが付属のエッチングパーツの90%は有効活用できたかと思います。こんなにエッチングパーツを使ったことはなかったので、仕上がりの質はともかくある種の満足感が得られました。
(2009/11/13)

組み立てが完成 T-80UD  スキフ 1/35

何とか完成しました。組み立てが完成した第一印象は、T-80は同じ現用戦車とは言ってもM1エイブラムスと比べると随分と小柄な車両です。M-41ウォーカーブルドックなんかと同じくらいの大きさの感覚でした。砲塔も上からつぶしたような小さな形態ですし、車高も低いです。乗員の居住性はそれほど良くはなかったのではないでしょうか。
(2009/11/13)

後方から見ても要所要所はエッチングパーツの効果があった T-80UD  スキフ 1/35

後方から見ても要所要所はエッチングパーツの効果があったのではないかと思います。弾薬ケースのバックルや持ち手はエデュアルドのパーツに交換したら随分とリアルになりました。
(2009/11/13)

東欧キット T-80UD  スキフ 1/35

変な隙間はパテで埋めておきました。細かいパーツが多すぎてあまり細かいところまで神経が回らなくなりました。次はタミヤかどこかの組み立てやすいキットを作りたいですね、サクサクッと。
このキットはエッチングパーツ付きで20ユーロ、一年前の購入価格ですが2,200円でしたので、低価格の割りに随分と楽しめました。と言うか苦労を楽しめたと言いましょうか。強くて頼もしい印象のキットです。
(2009/11/13)

東欧キット 組立が難しい スキフ 1/35

砲塔は折れてしまって組み付けにも失敗したので散々でした。プラパーツでリカバリーしました。この辺が限界でした。
(2009/11/13)

東欧キット 海外通販が安い

スキフのキットは初めてですし、東欧キットも久しぶりでした。昔作ったズベズダのBT-5快速戦車よりも手間がかかりましたね。エッチングパーツの組み付けも下手ですが苦労した分、随分と愛着も湧いています。途中で投げ出そうかと思いましたが一応組み立てが完成してホッとしました。
来週はまた一週間中国出張なので塗装はしばらく先になりそうですが、もう少しの間頑張りましょう。
(2009/11/13)

予備燃料タンクや牽引ワイヤー T-80UD  スキフ 1/35

予備燃料タンクや牽引ワイヤーは金属製に変更して効果がありました。特にワイヤーは付属部品ではキャタピラと同じ材質のゴム製で、なんじゃこりゃ?みたいなクオリティーでしたので、ホームセンターで購入したワイヤーに置き換えて正解です。
(2009/11/13)

塗装 T-80UD  スキフ 1/35

決算や私生活でもいろいろと忙しくなかなか模型が進みませんでしたが、気分転換に基本塗装を行いました。ロシア語の説明書がよくわかりませんが(多少英語でも説明あります)迷彩の基本塗料はマットライトグレイとレンガ色、アクセントにフラットブラックの3色を使用するパターンがありましたのでそれにしてみます。隠蔽力の関係から一番明るい色にてまず塗装完了です。
ハンブロールなので乾くまで少し放っておきます。
(2010/04/04)

都市迷彩 T-80UD  スキフ 1/35

うーん・・・、なんか今まで作ったことのない異様な雰囲気の戦車になってしまいました。ほんとにこんなカラーリングでよいのだろうか。まぁ、市街戦だったらこういうパターンもありかと思いつつあまり放置していてもしょうがないので先に進めることにします。
(2010/04/10)

砲塔の破損 T-80UD  スキフ 1/35

部屋の掃除をしていたら砲塔を引っ掛けて床に落として部品がばらばらになってしまいました。エッチングパーツを使うと瞬間接着剤を多用するので接着力が弱いのか、瞬間接着剤は衝撃には弱いので安全なところに保管するのが基本ですね。
この位で済んでラッキーと思ったほうが良いかな?
(2010/04/12)

組立と塗装・製作記・完成写真 ソビエト軍 主力戦車 T-80UD  スキフ 1/35

スキフのT-80UDがようやく完成しました。もともとT-80はガスタービンエンジン搭載のつもりで開発されていましたが平行してディーゼルエンジンの車両も開発していました。ディーゼルエンジン搭載のT-80がこのUDとのことです。ロシア、ウクライナをはじめパキスタン、アラブ首長国連邦、キプロス等世界中で運用されています。

ソビエト軍 主力戦車 T-80UD  スキフ 1/35

51口径125mm滑腔砲は現代戦車らしく力強い印象です。乗員は3名なので車長、砲手、操縦手の役割分担なのでしょう。3名だといろいろと忙しそう。

51口径125mm滑腔砲 T-80UD  スキフ 1/35

キャタピラはかなり硬いゴム製で塗装も大変でした。

キャタピラはかなり硬いゴム製で塗装も大変

Googleで画像検索してもこんな迷彩のT-80は出てきませんねぇ。間違ったかも…それにしても戦車はやぱっりグリーン系かダークイエローのほうがしっくりくると思うのは大戦物ばかり作っているせいかな。

変な迷彩 ソビエト軍 主力戦車 T-80UD  スキフ 1/35

予備燃料タンクを2つ搭載しています。これがあるとロシアの戦車らしい雰囲気になります。それにしても今回はパーツ数がずいぶんと多かったですね。エッチングパーツも含めると組み立てが大変でした。

多くの箇所にリアクティブアーマーが施されています

多くの箇所にリアクティブアーマーが施されています。組み付けも大変でしたが現代戦車独特の特徴がありなかなかカッコ良い。

ヘッドライトに透明エポキシパテ

ヘッドライトはシルバーで塗装した後、エポキシ透明パテを垂らしたのですが、ライトがあまりに大きいのでいまいち質感が出ませんでした。透明プラ版を丸く切り抜いて縦線でもけがいたほうが良かったかもしれません。

ソビエト軍 主力戦車 T-80UD  スキフ 1/35 ウォッシング ドライブラシ

ウォッシングをした後はいつもどおりパステルで埃の表現をしました。基本塗装のグレーがはじめは明るすぎたのです少しトーンを落とせて丁度良くなりました。

砲塔のデカール貼り スキフ T-80

かなりざらざらなつや消し塗装面にそのままデカールを貼ってしまったのですがそれほどシルバリングも目立たずきれいになりました。

スキフのソ連軍戦車のプラモデルの組立

完成まで時間も掛かって大変なキットでしたが愛着も湧きました。いろんな部分を破損して修理して(破損してそのままの部分も多数あります)一応完成しました。
(2010/04/15)

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です