ロシア軍 主力戦車 T-80U Xact 1/35

ロシア軍 主力戦車 T-80U Xact 1/35

XactのT-80Uです。けっこう出来が良さそうで数年前に購入しました。他にもいろいろなアイテムをリリースしてくれると期待していたんですが、初めの2、3アイテムで力尽きてしまったのか残念ながらここ数年活動の兆候が見られません。

ロシア軍 主力戦車 T-80U Xact 1/35

組み立て始めるとプラの硬さが自分の好み。合いも良いので健全に営業活動を続けてくれていれば好きになれそうなメーカーなんですけど…。

ロシア軍 主力戦車 T-80U Xact 1/35

キャタピラが捩れて箱に入っていたのは残念。指でぐいぐい押したり修正したんだけどそれだけだとこのくらいが限界か。サイドアーマーに隠れる部分が多いので平らな面を下にすれば問題ないかな。それにしてもキャタピラは戦車の命なんだからもう少し丁寧に入れておいて欲しかったですね。トランペッターのキットも持っているのでひょっとしたらベルトと連結両方入っているかなーと思ったけどそんなうまい話はなかった。

ロシア軍 主力戦車 T-80U Xact 1/35

ビニール材質の非常に軽いけばけばしい太いワイヤーロープが付属しています。今まで遭遇したことのない素材です。クリスマスツリーとかクリスマスリースに使うような材質かな。とりあえず瞬間接着剤でくっつきました。

ロシア軍 主力戦車 T-80U Xact 1/35

予備燃料タンクのドラム缶には細かい刻印が見られます。

そうそう、このあいだついにダイソンのスティック型掃除機を注文してしまいました。たまたま5,0000円キャッシュバックにもつられたというのもあります。たぶん12月になったらじりじり値段が上がってきそうなので今が買いでしょ。なんかめちゃくちゃ高いんだけど相当な性能を期待して良いのだろうか。結婚して十数年くらいは、やはりダイソンの掃除機で重い本体を引きずるタイプを使っていてそれはそれで性能が良かったです。部品交換対応不可になるくらい使い込んで壊れてしまいました。そのあとはツインバードの3,000円の激安掃除機を2年ほど使用。めちゃくちゃコスパは良いんだけど吸引力はいまいちかな。うちはフローリングメインなのでそんなに困らなかったけどパイプの接続部分にひびが入ってきました。最近はダイソン以外でもサイクロン掃除機と名乗っている商品が増えてますね。しかも最近はどのメーカーも上位機種は意外とお値段が高めですな。
(2017/12/06)

ロシア軍 主力戦車 T-80U Xact 1/35

車体の後ろ側、けっこういろいろな部品が入り組んでいて見た目よりも組立が難しい。ワイヤーロープはもう少し後に取り付けたほうが良かったかもしれない。でも一番最後だとごちゃごちゃして取り付けられないし。まぁ、ちょっと部品がずれてもしっかり接着していれば問題ないかも。

ロシア軍 主力戦車 T-80U Xact 1/35

キャタピラは適度な張りで接着しなくても転輪の下面と接触する部分は自然に平らになりました。ちなみにこのキャタピラは瞬間接着剤で接着しました。普通のプラスチック用の接着剤も使用可能だったかと思います。確かベルトの接続にはプラ用接着剤でくっついた記憶があります。何日か前に作業したのにあまり覚えてない、認知症じゃなければよいんだが。

ロシア軍 主力戦車 T-80U Xact 1/35

砲身ははめ込み式で固定されているので残念ながら上下動は出来ませんでした。水平射撃は見た目が格好良いポジションなので特に気になりませんけど。プラ板でも噛ませてもう少し上向きでも良かったかな。

ロシア軍 主力戦車 T-80U Xact 1/35

一番気乗りしない作業を後回しにしてしまいました。一枚物の真鍮板のパーツを微妙な曲線をつくりフェンダーカバーを作る作業です。柔らかいもの、消しゴムの上で丸い金属棒で曲げたり、ペンチで少しずつ曲げると上手くいきました。

ロシア軍 主力戦車 T-80U Xact 1/35 ロシア軍 主力戦車 T-80U Xact 1/35

KV系やT-34のようなシンプルさは無くて砲塔も車体も部品が非常に多い。特に砲塔はすべての組立工程の半分くらいあり意外と組み立てがいがあります。部品も小さいし大変なんだけど精密感が出て良いんじゃないかな。

ついに今やっているAmazonのセールでFire HD 10を注文してしまいました。6年前に買ったiPad2より使いやすくて画面が綺麗なことを期待しています。なんだか自分の生活が映像や音楽などAmazonにすべて縛られそうで怖い、けどすごく便利。ちょっと前まではツタヤやゲオが近くにあるのでけっこう利用していました。ネット環境が快適だから徐々にネット配信に移行してしまうんだろうなぁ。自分はトレンド3周回くらい遅れてついていく人間なのでそれでも流れてしまうようだと街のレンタル系の苦戦は相当なものでしょう。プライムビデオだと普段は観そうもない映像をふと視聴する気にもなって、それが新しい発見になり新鮮に感じることもあるのでそのあたりは長所ですね。Fire HDだとベッドでもこたつでも窓際の日向でもどこでもゴロゴロしながら楽しめるので嬉しい、ってなんだか怠け者だね。
(2017/12/10)

T-80U Xact 1/35 T-80U Xact 1/35

砲身がとても長くていかにも威力がありそう。強そうな戦車です。こうして組み立てを完了してみるとキャタピラは連結のプラスチック製に変えなくてもモールドさえ良ければ十分使えます。

T-80U Xact 1/35

基本的には白黒のグラデーションで塗装してから迷彩塗装を行おうと考えています。このT-80戦車はかなり入り組んだ部分が多いので塗り残し防止のためにほぼ全面ブラック塗装を行いました。

T-80U Xact 1/35

寒くなってきたので窓を開けてのエアブラシ塗装を躊躇してしまいます。

T-80U Xact 1/35

二色迷彩塗装の途中です。塗装指示書にはタミヤアクリル塗料の混色配分が載っています。私はクレオスを使用しますので独断でMr.カラー321番の黄土色と303番のグリーンFS34102を使いました。明暗のグラデーションがあるのでそれほど神経質にチョイスしなくてもよいんじゃないかな。

T-80U Xact 1/35

キット付属のデカールはかなりあっさり目で番号しかありません。国籍マークとかないんだ・・・。どこに何番を貼り付ければよいのか特に説明が無いので、実写写真を参考に自分でアレンジしてみましょうかね。
(2017/12/13)

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

“ロシア軍 主力戦車 T-80U Xact 1/35” への4件の返信

  1. 新作は旧ソ連最後の戦車T-80Uですか!

    ソ連崩壊後のロシアでも、丸形砲塔を捨てたT-90Aや最近のT-14が配備されるまでロシア軍最強戦車だっただけに完成が楽しみです。

    国産のK-2やK-1が今一つ不調な韓国軍では、T-80Uが韓国軍最強戦車なんて冗談が言われてるらしいですね。

    1. 韓国軍でT-80を使っているというのは本当なんですね。どこかで読んだ記憶がありましたが冷戦期のバリバリ仮想敵国側なので見間違えかと思っていました。ごてごてした砲塔が見慣れるとカッコ良く見えてきました。たぶん二色迷彩あたりで進めると思います。

      1. 私はT-80Uは大分昔のドラゴンのキットを作りましたが、それは途中で投げ出してしまいました。
        今回のXactのT-80UはT-80Uのキットとしては現時点の決定版だと思いますが砲塔が特に細かいですね。

        T-80シリーズは最近、最新のT-80BVMなんてのが発表された様ですが、こっちは一転して割とシンプルです。
        http://www.military-today.com/tanks/t80bvm.htm

        ロシア軍では、一時期T-80シリーズはコストパフォーマンスが悪いのと、ソ連時代の生産拠点も現ウクライナだった事から徐々に退役させて、これからはT-90主体にするとか言ったり、
        T-90でもコスパが悪いから既存のT-72を近代化改修させて最新のT-14配備までの繋ぎとすると言ったり、
        ここに来てT-14が不調なのか、T-80・T-90の両方とも新作を発表したりとロシア軍の戦車運用も迷走してますね。

        1. こんばんは。途中で投げ出したと言えば、いつだったか覚えていないくらい昔にズベズダのSdkfz251の無線指揮車タイプを作っていて足回りの組みにくさに辟易して挫折して破棄したことがあります。ズベのT-90をストックしているんですけどその時のトラウマで積んだままでした。思えば昔T-80UD作ったことありました。スキフが作れたんだからズベも頑張ればいけるかも。ロシア軍現用戦車はどれも車高が低くて安定感がありそうなところが好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です