ドイツ軍 IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

スマートキットの4号突撃砲です。ツィンメリットコーティングを施しました。2014年11月の製作です。

ボックスアート ドイツ軍 IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

今回は4号突撃砲初期型を製作してみます。スマートキットなのでプレミアムキットよりエッチングパーツの量は少な目となっておりそれでもリアルさを損なわないパーツ割りになっているようです。

マジックトラックは最高 IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

やっぱり何回組んでもマジックトラックは最高です。

ツィンメリット・コーティングのセットにワッフルパターン IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

じつは自分が持っているツィンメリット・コーティングのセットにワッフルパターンがあるので、この突撃砲に使ってみました。ワッフル、イコール突撃砲というイメージが自分の中であったのでコーティングしてみました。マス割りの模様は彫っていないのですがなかなか味が出たかと思います。

内部は無線機 ドイツ軍 IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

内部は無線機が再現されています。

反対側にも無線機 ドイツ軍 IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

反対側にも無線機があります。

小さな面を少しずつツィンメリットコーティングで埋めていきます ドイツ軍 IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

小さな面を少しずつツィンメリットコーティングで埋めていきます。内部は上面装甲で塞いだら見えなくなるので記念撮影。ふさぐのが惜しいくらい良い感じ。
(2014/10/24)

組立完了 ツィンメリット・コーティング ワッフルパターンドイツ軍 IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

とりあえず組立完了しました。全体的に車高が低くてかっこ良い感じです。

この車両は車外装備品がけっこう多い ドイツ軍 IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

この車両は車外装備品がけっこう多いです。予備キャタピラは前に2箇所、右側にも1箇所あるし後ろにもキャタピラを積んでいます。フルアーマーっぽくてよい感じ。予備転輪は左側にあります。引っ掛けるスペースがない割りにいろいろと盛りだくさんに積んでいます。

左右のシュルツェン(防弾板)はあえて取り外しました IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

せっかくワッフルパターンのコーティングを手作りしたのでよく見えるように左右のシュルツェン(防弾板)はあえて取り外しました。引っ掛ける金具だけのほうがかっこよいかと自分は思います。

IV号突撃砲のツィンメリットコーティング 初期型 ドラゴン 1/35

全体的にエッチングパーツの量が多くないので組み立てやすいです。タミヤのキットに比べるとちょい難しいですけど。

左右フェンダー、車両後部、砲塔周り、車両中央部とすべて調整しながら組んだほうが隙間ができにくい

ある程度のパーツが組みあがったら一気にくみ上げたほうがトラブルになりにくそう。左右フェンダー、車両後部、砲塔周り、車両中央部とすべて調整しながら組んだほうが隙間ができにくいです。まぁ、隙間ができてもパテで埋めればある程度修正は可能なので勢いで作れます。ただ、コーティングをしながらの作業はちょっと大変でした。

ドイツ軍 IV号突撃砲 ドラゴンのフィギュアを1体

ドラゴンのフィギュアを1体付けてみます。機銃のほうに座らせるために足の角度を調整しなければなりませんでした。

両足を車体内部に入れて座らせるのが難しい IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

一応ここが定位置。両足を車体内部に入れて座らせるのが難しい。なんだかモノクロの写真みたいだな。

基本のダークイエロー塗装 ドイツ軍 IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

まずは基本のダークイエローを吹いて。

ダークグリーンで迷彩色 ドイツ軍 IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

ダークグリーンで迷彩色を吹きました。このパターンが個人的にはけっこう好きです。でもここで終わらせると前回のパンターとパターンが似てしまうので今回は3色迷彩とすることにしました。

ドイツ軍戦車の迷彩塗装 レッドブラウンも吹いて多少3色のバランスも調整

レッドブラウンも吹いて多少3色のバランスも調整したところです。あとは備品などを塗装してウェザリングです。
(2014/11/02)

突撃砲は1944年前半から部隊投入され終戦まで戦いました

IV号突撃砲が完成しました。この突撃砲は1944年前半から部隊投入され終戦まで戦いました。48口径7.5cm対戦車砲装備です。総生産数は約1,100両でした。4人乗りです。

ツィンメリットコーティングのパターンを際立たせるために少し強めにウォッシングを行いました

ツィンメリットコーティングのパターンを際立たせるために少し強めにウォッシングを行いました。

足回りは多少土埃の色で汚しました ドイツ軍 IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

足回りは多少土埃の色で汚しましたが今回はあっさり目にしました。

金属部分はなるべく上品に光らせる ドイツ軍 IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

金属部分はなるべく上品に光らせるよう心がけました。

マーキングは1944年、ウクライナでのある突撃砲旅団

マーキングは1944年、ウクライナでのある突撃砲旅団らしいのですがちょっとよく解かりません。フェンダーのマークはアルファベットのHかな?

組立と塗装・製作記・完成写真 ドイツ軍 IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

そうそう、今回の写真は黒バックで撮ってみました。いつも使っているグレーが汚れてしまい洗濯中なもんで。黒バックはけっこうかっこ良いかな。ほこりが目立つんだけど。

デカールはタミヤとクレオスのデカールフィット

デカールはタミヤとクレオスのデカールフィットをこれでもかと投入したので、凸凹したコーティング面にもばっちりフィットしました。あまりやりすぎると溶けるかと思いましたが大丈夫でした。

車体内部は白で塗装 ドイツ軍 IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

車体内部は白で塗装しました。普段は戦車兵が座っていて見えないので大まかな塗装です。

双眼鏡とペリスコープはツヤあり仕上げ ドイツ軍 IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

双眼鏡とペリスコープはツヤあり仕上げとしました。光が当たると光沢がわかります。

シュルツェンを取り付けません ドイツ軍 IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

今回はコーティングや多くの車外装備品を見せるためにシュルツェンを取り付けませんでした。支柱は結構細くてやわそうです。これで鉄板を何枚も支えられる強度があったのだろうか。

シュルツェンの取り外しで当たりそうな部分は塗装を剥げさせました。

シュルツェンの取り外しで当たりそうな部分は塗装を剥げさせました。

砲塔はほんの少しだけ上下に動きます。 ドイツ軍 IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

砲塔はほんの少しだけ上下に動きます。実車でも待ち伏せて必殺という使い方が多かったのでしょう。回り込まれたらそれこそ対応出来なさそう。

突撃砲兵を一人乗せてみました ドイツ軍 IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

ちょっと写真が明るすぎたか。突撃砲兵を一人乗せてみました。

左手はハッチのフックに手をかけています。 ドイツ軍 IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

このポージングだとこの場所にしかフィットしません。左手はハッチのフックに手をかけています。このために足の角度の大手術を敢行してますから。

突撃砲兵フィギュアの塗装 ドイツ軍 IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

ドラゴンのけっこう古いフィギュアの割りに、うーん、まぁ、うまく顔も塗れたほうじゃないかなぁと思いますけど。服の皺の暗いところなんかを塗るのも難しいです。

IV号突撃砲とフィギュアの塗装 ドラゴン 1/35

一応後姿もパシャッ。

ツィンメリットコーティングのワッフルパターン ドイツ軍 IV号突撃砲 初期型 ドラゴン 1/35

砲塔が付いてないから簡単に完成するかと思ったのですが、コーティングを抜きにしてもけっこう大変でした。車外装備品が多かったです。全体的には上品な塗装になったかなと思います。黒バックのせいかもしれないけど。
(2014/11/05)

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です