アメリカ軍 軽戦車 M3A3 スチュアート AFVクラブ 1/35

2009年3月に製作したアメリカ軍の軽戦車です。

ボックスアート アメリカ軍軽戦車 M3A3 スチュアート AFVクラブ 1/35

アメリカ軍の軽戦車、スチュアートを製作します。個人的に軽戦車もけっこう好きなんですよねぇ。がんばって作ります!
(2009/03/01)

足回りの組み立て M3A3 スチュアート AFVクラブ 1/35

足回りの組み立ては転輪そのものの数は少ないのですがパーツが少々複雑で組みつけに苦労します。地面に平行に固定するのに注意しました。

ラックを取り付け M3A3 スチュアート AFVクラブ 1/35

車体後部にはオプションでラックを取り付けられるようになっています。金網のラックはエッチングパーツで精巧な出来です。インストにはつけなくてもOKとありました。

車体上下の合わせ スチュアート AFVクラブ 1/35

車体上下の合わせも問題なく完了です。このキットはプラスチック製の異様に細かい部品が多いので紛失に注意すべきです。私は2個も失くしてしまいました。
(2009/03/01)

前部ワイヤーフック2個とも紛失 M3A3 スチュアート AFVクラブ 1/35

前部ワイヤーフック2個とも紛失!のため、仕方がないので真鍮線でそれらしく自作しました。ぜんぜんそれらしくありませんが…
かなり部屋を捜索したのですが出てきませんでした。結局塗装完了後にツールボックスのそこから一つだけ見つかりましたが時すでに遅しです。

フェンダーはデザインナイフでうすうす攻撃

フェンダーはデザインナイフでうすうす攻撃。軽戦車なので薄くしたほうが質感が向上します。マシンガンの支柱と砲身はアルミ製のパーツが入っていました。特に砲身はすっきりとシャープな印象です。

アメリカ軍軽戦車の組立

エッチングパーツは少ないけどプラスチック製のかなり細かいパーツがあります。砲塔はシャーシとの噛み合わせがいまいちでなかなかうまくはまらず苦労しました。
ベルト式のキャタピラは組みつけが簡単でいいですね。左右取り付けが一瞬で完了します。縦の歯が所々斜めに伸びていて気になりますが許容範囲内です。

車両前面と砲塔側面の予備キャタピラ M3A3 スチュアート AFVクラブ 1/35

軽戦車なので部品も少なく簡単に組みあがると思っていましたが、予想以上のパーツでてこずりました。特に車両前面と砲塔側面の予備キャタピラは細かいし量が多いので大変です。組んだあとは達成感あります。予備キャタピラがないバリエーションも選択可能です。

オリーブドラブで基本塗装 アメリカ軍軽戦車 M3A3 スチュアート AFVクラブ 1/35

オリーブドラブで基本塗装を行いました。塗装前はマルチマテリアルで、がんばって作った感があったのですが、基本塗装後はちょっと単調な印象か?でも一歩ずつ完成に近づいています。
(2009/03/07)

デカールを貼る面にはツヤ有りクリヤーを吹き付けてから貼りました

デカールを貼る面にはツヤ有りクリヤーを吹き付けてから貼りました。ツヤ消しのときよりはシルバリング防止になっています。1944年6月の英国陸軍第5王立戦車連隊第22装甲旅団のマーキングを選びました。赤いマークがカラフルでなかなか良い感じです。
(2009/03/20)

フィギュアを乗せると戦車の小ささが良く分かります

フィギュアを乗せると戦車の小ささが良く分かります。無理やり腕を曲げたら不自然になってしまいました。
(2009/03/25)

完成写真 アメリカ軍軽戦車 M3A3 スチュアート AFVクラブ 1/35

AFVクラブのM3A3が完成しました。M3A1に比べると装甲板がリベット接合から溶接に変更されたり、前面装甲が傾斜したりと結構変更されています。ヨーロッパではすぐに第一戦から外れましたが太平洋戦争ではイギリス軍が日本軍相手に奮戦しました。

銀ドライブラシ キャタピラ

ゴムキャタピラで加減が分からなかったのか、銀ドライブラシを随分とやりすぎた感じです。もっと暗いほうが自然でしたね。でも車体色は結構気に入っています。ベルトキャタピラも材質が柔らかくて加工がしやすいです。加工といってもわっか状に留めてはめるだけですけどね。

アメリカ軍軽戦車 M3A3 スチュアートのウェザリング

さびだか泥だかをウォッシング等でむらに表現しました。単色だとつまらないのでトーンを変えてみました。

予備キャタピラの組み立てが思いのほか難しくガタガタ

予備キャタピラの組み立てが思いのほか難しくガタガタです。ま、走行中に固着が緩んで斜めになってしまったという想定でも良いか…それにしてもこんなに必要ないだろ。

M3はレンドリース法により連合軍に供給されましたがアメリカ軍では使用されなかった

M3はレンドリース法により連合軍に供給されましたがアメリカ軍では使用されなかったようです。インストのマーキング例にもユーゴスラビア軍や英軍、中国等の例が多数載っていました。今回は1944年6月の英国陸軍第5王立戦車連隊第22装甲旅団のマーキングを選びました。ライトは透明パーツを使いませんでしたが銀で塗装したあとにクリヤーを塗ったら一応それらしくなったかと思います。

アメリカ軍軽戦車 M3A3 スチュアートの砲塔

砲塔を全開にして乗員を乗せようと思ったのですがいろいろなパーツが邪魔になり難しく断念しました。やはり無理やりですがドライバーを乗せました。おかげで砲塔があまり回らなくなりました。

パステルウェザリング M3A3 スチュアート AFVクラブ 1/35

ノルマンディーで使用されたのでパステルで粉っぽく上面を汚しました。

ペリスコープは試しにブルーで塗装しました

ペリスコープは試しにブルーで塗装しました。つや消しだったので最後にクリヤーを塗って光らせました。が、結構ウソっぽいですかね。フィギュアのゴーグルも似たような工程でちょっと光らせました。

組立と塗装・製作記・完成写真 アメリカ軍軽戦車 M3A3 スチュアート AFVクラブ 1/35

小さい車体ですが素組でも作り応えがあります。軽戦車でも下から覗き込むショットは頼りがいがあります。

難しい組み立て M3A3 スチュアート AFVクラブ 1/35

このAFVクラブのM3A3は私には難度が高かったですが一応完成したので満足です。こういう戦車はこじんまり感がなんともいえず好きですね。
(2009/03/31)

 

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です