アメリカ軍 装輪装甲車 M1128 MGSストライカー 装輪式自走砲 AFVクラブ 1/35

アメリカ軍のストライカーも3作目となりました。2015年7月の作品です。

ボックスアート アメリカ軍 装輪装甲車 M1128 MGSストライカー 装輪式自走砲 AFVクラブ 1/35

今回はまたまたストライカー装甲車の派生型を製作してみます。過去に通常の兵員輸送車と対空ミサイル搭載タイプを製作したのでそれほど難しくはないかと思います。この105mm砲を搭載したタイプは一番気になっていたので楽しみです。

105mm砲を搭載したタイプは一番気になっていたので楽しみ M1128 MGSストライカー 装輪式自走砲 AFVクラブ 1/35

AFVクラブの組立説明図は明解でとても分かりやすい。ページ数は多いけれど逆にさくさく作業が進むという感じを覚えます。

AFVクラブの組立説明図は明解でとても分かりやすい M1128 MGSストライカー 装輪式自走砲 AFVクラブ 1/35

過去にも同じ部分を製作しているのですが、ヘッドライトのあたりはやっぱり組立がややこしいです。実車もこんなに入り組んでいるのだからしょうがないけど。

インストの手順とはちょっと違いますけれどもフロントバンパーを取り付けるときに上下パーツを接着してしまったほうが良さそう ストライカー 装輪式自走砲 AFVクラブ 1/35

インストの手順とはちょっと違いますけれどもフロントバンパーを取り付けるときに上下パーツを接着してしまったほうが良さそうです。後ではまらないと嫌なので。ただ、同時にリアハッチのすり合わせもしておいたほうが良いです。
(2015/06/26)

防塵フィルターのエッチングパーツを取り付けると車体はほぼ完成

防塵フィルターのエッチングパーツを取り付けると車体はほぼ完成です。そろそろ細かい部品がはみ出しているので取り扱いに注意しないとまた取り付けなおしという事になっちゃいます。

エッチングパーツの取っ手のようなもの MGSストライカー

このエッチングパーツの取っ手のようなもの、実際ではどんな役割なんでしょうね。柔らかい素材のようにも見えます。パネルの開閉の取っ手なんだろうか。

砲塔に搭載されている機銃の組立 MGSストライカー

砲塔に搭載されている機銃の組立が難しいです。この辺は接着剤が乾く前に一気に組み立てないと後で繋がる部分が付かなかったりします。それとやたらパーツが細かくて破損しないで切り出すのが大変。AFVクラブのキットは再現度が高いのでプラスチックの細かいパーツが多いです。

小さな砲塔と本体の噛み合わせが悪い MGSストライカー 1/35

小さな砲塔と本体の噛み合わせが悪くて、仕方がないので本体の円形の穴を全体的に削って一回り広げました。そして砲塔のツメを切り取って不要部品のパーツで引っ掛ける部分を付け直しました。
(2015/07/04)

アンテナの先っちょの丸いの、パテで作ったのですがちょっと大きすぎたか

ようやく組み立てがほぼ完了しました。アンテナの先っちょの丸いの、パテで作ったのですがちょっと大きすぎたかなぁ。最終的には黒く塗装するのでそんなには気にならないかと思います、けどどうかな。

中心より後部に砲塔があり重心も後部にあるように見えます M1128 MGSストライカー 装輪式自走砲 AFVクラブ 1/35

中心より後部に砲塔があり重心も後部にあるように見えます。そこから長い砲身が出ていてなんとなく強そうな印象があります。

塗装した後にライトを入れたらもう少しリアルになってくるでしょう

うん、前から見てもけっこうかっこ良い。塗装した後にライトを入れたらもう少しリアルになってくるでしょう。組立前のメタル砲身はなんだか玄人っぽくて気に入ってます。もちろん部品の正確性という観点からは申し分在りません。

予備燃料のジェリカン M1128 MGSストライカー 装輪式自走砲 AFVクラブ 1/35

予備燃料のジェリカンを2組作ったのですが特に説明書には積む場所の指定がありませんでした。飲料水タンクを2つ車両右側に搭載したので、燃料ジェリカンは本来どうか分かりませんが左側のラックに積んで手持ちの金属パーツなどで結束バンドをそれらしく取り付けました。

スコップやハンマーなどはこのままではいも付けになってしまうので金属製のベルトで固定されているように追加工作

スコップやハンマーなどはこのままではいも付けになってしまうので金属製のベルトで固定されているように追加工作しました。

タイヤをはめてないMGSストライカー 装輪式自走砲 AFVクラブ 1/35

なんだかいまいち物足りないなぁと思っていたらタイヤをはめてないからですかね。ニンニクを入れるのを忘れたパスタみたいな。次からぼちぼち塗装を始めます。
(2015/07/08)

RML83ダークグリーンを塗装すると現用戦車には割としっくりマッチする

とりあえず少しだけ進みまして基本色にはRML83ダークグリーンを塗装すると現用戦車には割としっくりマッチするかと思います。

少し色の濃淡を出して色褪せ状態を表現 M1128 MGSストライカー 装輪式自走砲 AFVクラブ 1/35

少し色の濃淡を出して色褪せ状態を表現しています。現用飛行機でも似たような手法を用いました。あとでコーティングのときに調整しますがちょっとツヤが多いかな。もう少しで完成です。
(2015/07/21)

組立と塗装・製作記・完成写真 アメリカ軍 装輪装甲車 M1128 MGSストライカー 装輪式自走砲 AFVクラブ 1/35

ストライカーの対戦車砲搭載型がようやく完成しました。昔、ディスカバリーチャンネルでこの形式のストライカーがアラスカの基地で極地耐寒テストをしている番組を観たことがあり、それ以来いつか製作してみたいなぁと思っていた車両です。

総重量は20トン以下なのでC-130輸送機で空輸が可 ストライカー 装輪式自走砲 AFVクラブ 1/35

戦車よりも軽量で機動力があるため、世界各国で勃発する地域紛争にすばやく派遣できるというメリットがあります。キットの説明書によると総重量は20トン以下なのでC-130輸送機で空輸が可能です。

迫撃砲搭載車、工兵車、野戦救急車、対戦車ミサイル搭載車、偵察車等いくつもバリエーションがあります ストライカー

他にも迫撃砲搭載車、工兵車、野戦救急車、対戦車ミサイル搭載車、偵察車等いくつもバリエーションがありますがシャーシより上を換装することで比較的容易に装備変更ができるということです。けっこう便利ですね。とりあえず兵員輸送車とミサイル車は作ったことがあります。

イラク戦争に投入されましたが装甲が薄いためRPG等にも被害を受けやすく苦戦したようです ストライカー

イラク戦争に投入されましたが装甲が薄いためRPG等にも被害を受けやすく苦戦したようです。いくら強力な主砲があるといってもやはり機動力を生かしてすばやく動く作戦のほうが向いているのでしょう。

砲弾は計18発を携行 M1128 MGSストライカー 装輪式自走砲 AFVクラブ 1/35

砲弾は計18発を携行しているようですがそれって少なくないんですかね。すぐに撃ち尽くしてしまいそうですけど。

車外装備のスコップはイラストでは赤く塗装してあったのでそれを真似ました

車外装備のスコップはイラストでは赤く塗装してあったのでそれを真似ました。あとは布製のベルトを追加工作しました。

クリアーレッドがちょっと薄かったかなぁ M1128 MGSストライカー 装輪式自走砲 AFVクラブ 1/35

クリアーレッドがちょっと薄かったかなぁ。でもあまり濃いとこの部分が元々クリアーパーツだと分からないし…。

燃料ジェリカンには丁寧に火気注意のデカール

燃料ジェリカンには丁寧に火気注意のデカールが用意されています。密着されているんですけどなんだか浮いて見えますね。

ペリスコープや照準器など、要所で反射防止コーティングシールを貼ったので良いアクセント

ペリスコープや照準器など、要所で反射防止コーティングシールを貼ったので良いアクセントになりました。見る角度によってペリスコープなどの色が複雑に変わるのでとても面白い。

マシンガンの弾丸ベルト MGSストライカー 装輪式自走砲 AFVクラブ 1/35

マシンガンの弾丸ベルトは真鍮色と銅の色と細かく塗装指示されています。一応その通りに塗りましたところなかなか良い具合です。

砲塔はスムースに回転しますが砲身の上下はかなりきつい M1128 MGSストライカー 装輪式自走砲 AFVクラブ 1/35

後ろから見るとけっこうシンプルで角ばった車両です。それでも塗装して後部ライトをきちんと付けるとそれなりにカッコ良く見えます。

後ろから見るとけっこうシンプルで角ばった車両 ストライカー 装輪式自走砲 AFVクラブ 1/35

砲塔はスムースに回転しますが砲身の上下はかなりきついので水平よりちょい上くらいにしたままで動かしていません。無理やり頑張れば少しは動きますが破損するリスクがあります。この角度が一番見栄えが良いと判断しました。

ウェザリングは現用車両ということもあって錆びは一切入れていません M1128 MGSストライカー 装輪式自走砲 AFVクラブ 1/35

ウェザリングは現用車両ということもあって錆びは一切入れていません。今回は埃と泥のみにしました。ただ、戦場を駆け回っている感じを出したかったのでところどころできつめにウェザリングを行いました。

真正面からも一枚撮ってみました MGSストライカー 装輪式自走砲 AFVクラブ 1/35

とりあえず真正面からも一枚撮ってみました。ライトはもう少し光っても良いかなぁ。クリアーパーツの内側は銀色で光らせたのですがパーツ自体が少し曇ってしまいました。まぁ、車両が埃をかぶっているのでライトもそれなりにバランスしていると考えればよいか。

アンテナの先っちょがちょっと大きすぎた M1128 MGSストライカー 装輪式自走砲 AFVクラブ 1/35

アンテナの先っちょがちょっと大きすぎたかなぁ。全体的には色のバランスなど悪くないほうかと思います。

組立と塗装 アメリカ軍 装輪装甲車 M1128 MGSストライカー 装輪式自走砲 AFVクラブ 1/35

本当はもっとサクサクっと作りたかったんですけど途中でシミュレーションゲームにはまってしまい、製作がピタッと止まってしまいました。HoI3で総統プレイをしてました。
装甲車はまた戦車とは違った魅力がありカッコ良いですね。ゴツゴツしたタイヤがいいのかな。でもストライカーはもう3つ作ったのでお腹一杯です。機会があればドイツの8輪装甲車なんか作ってみたいです。なんて言っているそばから8輪ではないけどsdkfz223を買ってきてしまいました。
(2015/07/26)

 

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です