スウェーデン軍 Sタンク Strv. 103C トランペッター 1/35

スウェーデン軍のSタンクを製作しました。2009年3月から6月。

ボックスアート スウェーデン軍 Sタンク Strv. 103C トランペッター 1/35

以前から気になってしょうがなかったSタンクです。この形状に引かれて、実際に組んだらどんな感じなのだろう、と思いつつ組み立て開始です。
(2009/03/26)

お皿のような上面パーツ Sタンク Strv. 103C

お皿のような上面パーツです。結構細かいところも一体成型になっています。転輪は左右合わせても8個しかないのでその部分で時間がかかることはないでしょう。
(2009/03/26)

本体の組立 スウェーデン軍 Sタンク Strv. 103C トランペッター 1/35

パーツがうまくはまらないところは穴を開けなおしたり、パーティングラインがすごすぎて歪んでいるパーツはある程度修正しました。上面がごちゃごちゃしているのであまり気にしないでも雰囲気は出そうです。

多少部品が変形 Sタンク Strv. 103C トランペッター

トランペッターのかなり初期のキットのせいか、部品によってはランナーのゲート処理がかなりやりにくかったです。パーティングラインの処理も堪能できます。多少部品が変形していても気にせず進むことにします。

サイドアーマーを取り付ける前の写真 スウェーデン軍 Sタンク Strv. 103C トランペッター 1/35

サイドアーマーを取り付ける前の写真。キャタピラの上部は見えなくなるので気にしないことにして、下側だけ車輪と付いていればOK。
(2009/03/27)

組立完了 Sタンク Strv. 103C トランペッター 1/35

決算中なのに何やってんだろ、俺。ということでだいたい完成しました、Sタンク。車両前部の砲塔固定部品がちょっと取り付けにくかったですがおおむね問題なく組みあがりました。

排気口のチューブはパーティングライン処理が面倒 Sタンク Strv. 103C トランペッター 1/35

排気口のチューブはパーティングライン処理が面倒でしたが塗装すればあまり目立たないかもしれません。細かいところにこだわらなければすぐに完成します。
これだけ車高が低ければ被弾率も随分低減できたでしょう。

近未来的なデザイン スウェーデン軍 Sタンク Strv. 103C

こうしてみると、近未来的なデザインがなんともいえず格好良いですね。SF映画のシーンに出てきそうです。でも実際には現在この戦車は全て退役しているんですよね。1970年代から1990年代が活躍のメインだったはずです。
(2009/04/02)

ライトグリーンを全面に吹きました スウェーデン軍 Sタンク Strv. 103C トランペッター 1/35

迷彩塗装で仕上げる予定ですがとりあえずライトグリーンを全面に吹きました。写真だと微妙に明るい感じですが、実際はもう少し落ち着いた色味です。これから迷彩をどう進めようか悩みます。
(2009/04/03)

ダークグリーン迷彩を筆でフリーハンドで塗りました スウェーデン軍 Sタンク Strv. 103C トランペッター 1/35

ダークグリーン迷彩を筆でフリーハンドで塗りました。少し現代戦車っぽくなってきました。車両側面や上面の凹凸が多くて筆塗りも骨が折れます。
(2009/05/25)

サンドブラウンを追加で迷彩塗装 スウェーデン軍 Sタンク Strv. 103C トランペッター 1/35

サンドブラウンを追加で迷彩塗装しました。かなり車両全体にアクセントが付いたと思います。フリーハンドなのでどうかなー、いまいちかなー。(2009/05/26)

スウェーデン軍 Sタンクの迷彩塗装

最後にブラックを所々迷彩塗装しました。全体的に明るいので最後に少しトーンを落とせれば実車に近い感じになるかと思います。迷彩の直線が少し曲がっているのはしょうがないとして、全部エナメル塗料なのでそれほど筆むらは出ませんでした。
(2009/05/27)

組立と塗装 スウェーデン軍 Sタンク

今回、スウェーデン陸軍のSタンクを製作しました。近未来的フォルムの車両でSF映画にでも出てきそうです。砲塔がなく車両から突き出た砲身が特徴です。今回製作したのはトランペッターですがそういえば昔タミヤからも出ていたような気がします。

スウェーデン軍 Sタンクの製作記

防衛専門の戦車とは言っても砲塔がないと走行中の射撃は敵に突っ込んでいかないと出来ないでしょうね。そういう意味ではドイツ軍の突撃砲と似たようなものか。

上部パーツ Sタンク Strv. 103C トランペッター 1/35

大きなガラス窓のパーツ上下の取り付けを間違えてしまいました。本来はワイパーが上に付かないといけないのですが変になってしまいました。車体上面は凸凹していて迷彩塗装の筆塗りがなかなか難しかったです。

左右にはサイドスカートをかねた燃料タンク Strv. 103C トランペッター 1/35

左右にはサイドスカートをかねた燃料タンクが装備されておりポリキャタでもあまり見えないので自然な弛み表現等に気を使わなくてもOKでした。しかし、敵弾が命中したら炎上しないものなのかちょっと心配です。

スウェーデン軍 Sタンク 迷彩塗装は全てフリーハンド

迷彩塗装は全てフリーハンドですがそれなりに実車の雰囲気は出ているかと思います。全てマスキングでかっちりと塗装すればもっとシャープな印象に仕上がったでしょう。ライトグリーンの割合がかなり多く残ってしまったので全体の印象が明るく仕上がりました。もう少し、というか始めにダークグリーンから開始するのも良かったでしょう。

スウェーデン軍 Sタンク ペリスコープ

ペリスコープは青で塗装しろと指示がありましたがツヤ有りのグリーンで塗装しました。青のほうがアクセントになってよかったかな。

スウェーデン軍 Sタンク 車体前部にはドーザーブレード

車体前部にはドーザーブレードが付いており射撃姿勢の位置で防御用の掩蔽土手を作ることが出来ます。通常の視線ではあまり見えないのでこんなアングルから写してみました。

エンジンは前部にあり乗員を敵弾から保護 Strv. 103C トランペッター 1/35

この戦車もエンジンは前部にあり乗員を敵弾から保護する配置となっています。イスラエルのメルカバと同じコンセプトですね。この角度から見ても車体の低さが分かります。

スウェーデン軍 Sタンクのウェザリング

個人的には現用戦車ってあまり汚さないほうが良いような気がしますがサイド等少し雨だれ跡やほこりっぽさをウェザリングで表現しました。それと、ウォッシングをすることで基本塗装だけのギラギラ感が和らいだかと思います。

製作記と完成写真 スウェーデン軍 Sタンク Strv. 103C トランペッター 1/35

今回、組みあがったら乗員を乗せるスペースがなくてフィギュアは乗せませんでしたが、実際スウェーデン軍の戦車兵はどんな感じなんでしょう。箱絵をみるとアメリカ軍と似た感じです。とにかく今まで随分と気になっていた戦車が今回完成してとても満足しました。
(2009/05/31)

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です