ソビエト 機械化歩兵 モーターライフルトルーパー ベルリン1945 ドラゴン 1/35

ボックスアート ソビエト 機械化歩兵 モーターライフルトルーパー ベルリン1945 ドラゴン 1/35

いよいよ独ソ戦も大詰めのベルリン攻防戦をテーマにしたフィギュアセットです。古いキットだけどなかなか躍動感のあるポーズが3体、もう1体は冬用のオーバーコートを着ている立像です。

ベルリン攻防戦をテーマにしたフィギュアセットです。古いキットだけどなかなか躍動感のあるポーズが3体、もう1体は冬用のオーバーコートを着ている立像です。

このドラゴンのフィギュアプラモデル、通販で買ったんだけどなぜか箱詰めではなくビニール袋に入っておりボックスアートと組み立て説明書もコピーのぺら紙でした。成型色も見たことないんだけどなんだろね、これ。まさかピーコ商品じゃないだろうね。ドラゴンのミリタリーフィギュアくらいでそんなに無法地帯なことってないとは思うのですが…。

ドラゴンのフィギュアプラモデル、通販で買ったんだけどなぜか箱詰めではなくビニール袋に入っていた。

手と小銃の接点は加工しなくても十分自然に見えるんじゃないかな。フィギュアの指の加工は難しいし、エポキシパテでの造形も難しい。気合入れればできるかもしれないけど。

手と小銃の接点は加工しなくても十分自然に見えるんじゃないかな。 坊主のヘッドは髪を盛ってみたんだけどアフロヘアというかちょっと盛りすぎてヘルメットからはみ出る感じになってしまった。

坊主のヘッドは髪を盛ってみたんだけどアフロヘアというかちょっと盛りすぎてヘルメットからはみ出る感じになってしまった。

ソビエト機械化歩兵の組み立て ルパシカ型野戦服のフィギュアが3体おります。

ルパシカ型野戦服のフィギュアが3体おります。このポーズのフィギュアは箱絵のように戦車の後部に乗せると臨場感が出そう。ピトロカ(ソ連軍の略帽)を被っています。

ピトロカ、ソ連軍の略帽ですね、を被っています。 こちらはもっと防寒対策がばっちりのフィギュア。ウシャンカ帽で頭部も暖かい。

こちらはもっと防寒対策がばっちりのフィギュア。ウシャンカ帽で頭部も暖かい。

組立中 ソビエト 機械化歩兵 モーターライフルトルーパー ベルリン1945 ドラゴン 1/35

このあいだジョギングの後、短パンのままで透明エポキシ樹脂をいじっていたら内蓋を外す時にけっこうはねてしまい、太ももに硬化剤がかかってしまいました。暫くすると痒くて赤く爛れてしまいました。けっこうびっくり。慌てて水洗いして服は洗濯しました。透明なヘッドライトを作ろうとしてとんでもない災難でした。数時間後には治ったけど気を付けないとね。

フレッシュを顔に吹いたところ。

フレッシュを顔に吹いたところ。
(2017/05/13)

組立と塗装・製作記・完成写真 ソビエト 機械化歩兵 モーターライフルトルーパー ベルリン1945 ドラゴン 1/35

とりあえずドラゴンのソ連軍機械化歩兵セットを作ってみました。4体のフィギュアが入っていますがそれぞれはそれほど関連性はないようです。しゃがんでいる兵士は2体を絡めるのが自然かな。

とりあえずドラゴンのソ連軍機械化歩兵セットを作ってみました。 ソ連軍の代表的な短機関銃、PPSh-41を片手に構える自然に立っている兵士です。 この短機関銃はバラライカとも呼ばれていました。

ソ連軍の代表的な短機関銃、PPSh-41を片手に構える自然に立っている兵士です。この短機関銃はバラライカとも呼ばれていました。ドラムマガジンの多弾倉で切れ目のない弾幕射撃が可能だったのでは?

ソ連兵ミリタリーフィギュアの塗装

でも、この兵士が持っているのはしゃがみ姿勢の兵士が持っているのとは違って普通の弾倉ですね。

ソ連軍フィギュアの製作 前傾姿勢で突撃をするソ連軍歩兵 角度によって気合入った表情にきちんと見えたり見えなかったり。この角度だと真剣に突撃しているように見えます。

角度によって気合入った表情にきちんと見えたり見えなかったり。この角度だと真剣に突撃しているように見えます。

レジンヘッドに交換したソ連兵のミリタリーフィギュア この兵士は前傾姿勢でジオラマでもない限り固定できないので剥がせる接着剤で足の裏をしっかり固定しました。 髪が伸びすぎのようですがたまにはこういう兵士がいても良いでしょ。

この兵士は前傾姿勢でジオラマでもない限り固定できないので剥がせる接着剤で足の裏をしっかり固定しました。髪が伸びすぎのようですがたまにはこういう兵士がいても良いでしょ。

今回も4体すべてヘッドを交換したのでインジェクションキットのオリジナルより多少細かい部分が塗りやすかったと思う。

今回も4体すべてヘッドを交換したのでインジェクションキットのオリジナルより多少細かい部分が塗りやすかったと思う。軍服のモールドがいまいちの部分があるのでデザインナイフで掘り直したけどそれでも足りない部分は塗装で影を付けてみました。

軍服のモールドがいまいちの部分があるのでデザインナイフで掘り直したけどそれでも足りない部分は塗装で影を付けてみました。 水性塗料でミリタリーフィギュアを塗装 ロシア軍歩兵をいま製作中のSU-122の背面に乗せました。

いま製作中のSU-122の背面に乗せました。この突撃砲は車高が低いのであまり効果的な遮蔽物にならないんじゃないかな。T-34の砲塔の陰に隠れる方がさまになります。

機械化歩兵というとなんだかものすごい強い集団というイメージなんですが、要するにトラックや装甲車など自動車などに乗り移動スピードが強化された歩兵部隊ということです。

機械化歩兵というとなんだかものすごい強い集団というイメージなんですが、要するにトラックや装甲車など自動車などに乗り移動スピードが強化された歩兵部隊ということです。補給ではガソリンを消費するしそれなりに気を配らねばならない兵種です。

機動力でいうと昔は騎兵が中心的な役割でした。

機動力でいうと昔は騎兵が中心的な役割でした。司馬遼太郎の「坂の上の雲」にそのへんの話がかなり詳しく書いてあった記憶があります。この本は数回読んだ。おそらく何度読んでも面白いと思う書籍のうちの一つ。

ソ連兵、ウシャンカ帽

機械化というとボトムズとかを連想してしまいます。あるいは機動戦士なんとかとか太陽の牙なんとかとかね。

ウッドベースに飾ったロシア軍歩兵 ソ連軍の歩兵の階級章はデカールに頼れないので細かい筆で描きました。慣れるとそこそこ塗れるようになるかな。

ソ連軍の歩兵の階級章はデカールに頼れないので細かい筆で描きました。慣れるとそこそこ塗れるようになるかな。

赤い星を背負った祖国を守った兵士たち。Mr.カラーの水性ホビーカラーで塗装した兵士は半ツヤかツヤありなので後ほどツヤ消しコーティングで調整するのが意外と難しい。 タンクデサントを2体並べるとなかなかカッコ良い眺めです。

タンクデサントを2体並べるとなかなかカッコ良い眺めです。

製作記・完成写真 ソビエト 機械化歩兵 モーターライフルトルーパー ベルリン1945 ドラゴン 1/35

赤い星を背負った祖国を守った兵士たち。Mr.カラーの水性ホビーカラーで塗装した兵士は半ツヤかツヤありなので後ほどツヤ消しコーティングで調整するのが意外と難しい。そもそもやはり水性塗料の筆塗りってどうも好きになれないので、今作っているタミヤのSU-122のおまけの戦車兵ははじめからエナメル塗料で塗装してみるつもり。フィギュア塗装はいつまでたってもあまり上手くならないんだけど作っていて面白いジャンルであります。
(2017/05/16)

 

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です