チェコスロバキア軍 自走式高射機関砲 シルカ ZSU-23-4V1 ドラゴン 1/35

ボックスアート 自走式高射機関砲 シルカ ZSU-23-4V1 ドラゴン 1/35

ホンモデルやモンモデルからシルカが発売されて少し経ちました。自分のストックにはドラゴンのシルカが一番下で半分箱が潰れながらニッパーを入れられるのを待っているようでした。古くて作りにくいかもしれないけど作ってみることにしました。

シャーシの組立 シルカ ドラゴン

足回りを作っています。パーツの合いは悪くないです。以前製作したパンダホビーのツングースカよりは随分組みやすい印象です。パンダばかり例に上げて申し訳ないけど。

昔のドラゴンモデルズのキャタピラ シルカ

そう言えば昔のドラゴンのキットってこういうキャタピラでしたよねー。ちょっと前に作ったグンゼのラングも似たようなキャタピラだったのでやはりオリジナルはドラゴンなのかな。

連結キャタピラの組立 シルカ 1/35

キャタピラは面倒だけど一コマずつの連結組立式が個人的には大好きです。一応、最近のキットはベルトキャタピラの出来が秀逸なので選り好みはしないようになってきました。

キャタピラの取り付け 自走式高射機関砲 シルカ ZSU-23-4V1 ドラゴン 1/35

キャタピラの重さでの自然な垂れ具合です。この車両はサイドアーマーが無くて履帯が丸見えなのでなるべくちゃんと作っておいた方が良い。
(2017/01/27)

車体上部のパーツは変なバリもなく良い感じ シルカ ZSU-23-4V1 ドラゴン 1/35

車体上部のパーツも変なバリもなく良い感じです。金型が新しいうちに製造されたショットなのかもしれない。大昔に購入しましたのでね。買った時にはその日に作る勢いでしたが…。

シルカの一番大事な部品、4連対空砲

シルカの一番大事な部品、4連対空砲です。組立は簡単。

シルカは途中まで組んで放置していた

砲塔は角ばっていてなんだか昔のウォークマンくらいの大きさです。出っ張りを削ったり穴埋めしたり多少手の掛かる工作があります。

製作記 シルカ ZSU-23-4V1 ドラゴン 1/35 後ろのレーダーは塗装してから接着 シルカ 1/35

後ろのレーダーは塗装してから接着します。
(2017/01/29)

塗装前のシルカ シルカの後部、パテで隙間を埋めた

何か所か隙間ができたので光硬化パテで埋めておきました。

デカールの黄ばみ

シルカは途中まで組んで放置していたものです。昨年秋の引っ越しのタイミングで製作意欲減退。おまけに真っ黄色に黄ばんだデカールを見てさらにやる気を無くしていたもの。これ見るとあまり黄色くないね。

漂白剤に付けてデカールの黄ばみを取る デカールの漂白前と漂白後の違い デカールの漂白前と漂白後の違い キッチンハイター

数日前に漂白剤でデカールが白くなるか実験をして何とかなりそうなので塗装する意欲が湧いてきました。原液と水を半分くらい混ぜて3分くらい放置したらこのように少し白くなりました。デカール自体はもう乾燥してパリパリなので取り扱いには細心の注意が必要です。放置し過ぎて溶ける場合もありそう。ホント、飛行機モデラーの苦労が分かります、って私も多少は飛行機モデラーかな。

チェコスロバキア陸軍の戦車の色

チェコスロバキア軍のシルカの基本色はMr.カラーの304番、オリーブドラブFS34087を70%、22番のダークアースを30%となっていました。実際混ぜてみたらホントか?みたいな色になったのでロシアングリーンや濃緑色、グリーンFS34092を適宜混色してこんな色になりました。明るめのグラデーションを吹いています。正解はちょっと分からないですね。明るめの方が後でウォッシングをしやすいのでこのくらいで丁度良いんじゃないでしょうか。混色した塗料は完成までほんの少しでも手元にキープしておいた方が良いと思う。
(2017/01/31)

完成写真 自走式高射機関砲 シルカ ZSU-23-4V1 ドラゴン 1/35

1964年にソビエト連邦で配備が開始された対空機関砲装備の自走車両です。レーダーやコンピューターと射撃装置が連動したジェット戦闘機を打ち落とせる対空自走砲です。4連装の23mm対空機関砲を装備しています。合計で約7000両生産されました。

組立と塗装 自走式高射機関砲 シルカ ZSU-23-4V1 ドラゴン 1/35 製作記 シルカ ZSU-23-4V1 ドラゴン 1/35

第4次中東戦争(ヨム・キプール戦争)ではアラブ側が配備をしていてイスラエル軍戦闘機に甚大な損害を与えました。低空で飛行する戦闘機にはかなりの脅威です。レーダーと連動なのでジェット機の速度にも対応可能なのでしょう。攻撃ヘリにも天敵でしょうね。

1964年にソビエト連邦で配備が開始された対空機関砲装備の自走車両 シルカ

ちなみにシルカはロシア国内を流れるアムール川の支流の河川名だそうです。

コンピューターと射撃装置が連動したジェット戦闘機を打ち落とせる対空自走砲 シルカ 4連装機銃はギラギラ光らせて強そう シルカ

4連装機銃はギラギラ光らせて強そうに見えるんですけど、オーバーにやり過ぎたかも。それと割と何度も筆で塗装したのでモールドがいまいち甘くなったかな。

シルカの基本色はオリーブドラブとロシアングリーンの中間 チェコスロバキア陸軍の国籍マーク、青白赤の円形ですが、本来は両側とも青が前で白が上なのが正式だと思います。

チェコスロバキア陸軍の国籍マーク、青白赤の円形ですが、本来は両側とも青が前で白が上なのが正式だと思います。詳しくないので定かではないですが。ドラゴンの昔のキットはそこまで気を付けていなかったのか左右同じ色の並びになっています。でもそのまま使用しちゃいました。他の例を見るといろいろな向きがあるのでいいのかな。でも普通決まっているだろうなぁ。

対空自走砲シルカの車両後部

基本色はオリーブドラブとロシアングリーンの中間くらいでした。ウェザリングをしているうちにカーキっぽい色になってきました。部屋に日が差していて明るめに写ったというのもあります。

シルカはロシア国内を流れるアムール川の支流の河川名 レーダーはちょっと青みがかったライトグレーで塗装して軽くドライブラシ

レーダーはちょっと青みがかったライトグレーで塗装して軽くドライブラシをしました。動画で観るとぐるぐると目が回るくらいに回転しています。今回、強度のことも考えてがっちりと接着しました。

ロシア軍 対空機関砲 シルカ 戦車の黄ばんだデカールは漂白してもしなくても問題なし?

黄ばんだデカールは漂白してもしなくてもガンガンとウォッシングをするとあまり違いはないような気がします。一番厄介なのは余白の透明部分の黄ばみだと思いますが今回はほとんど余白が無かったから問題なかった。

1/35スケール 対空機関砲 シルカ

新製品が出る前に完成させてあげたいキットが多いのですが気が付いたらすでに周回遅れ。まぁ、作りたいタイミングで作りたいものを作れればいいかな。

ドラゴンモデルズのシルカの完成写真

銃身の塗装がいまひとつだったけど全体的には落ち着いた感じになったと思います。
(2017/02/01)

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です