ドイツ軍 自走対戦車砲 シュタイヤー 7.5cm PaK40/4搭載型 RSO ドラゴン 1/35

ドラゴンスマートキットのRSOです。ドイツ軍歩兵の極寒装備フィギュアと一緒に製作しました。2012年11月から2013年2月の製作です。

ボックスアート ドイツ軍自走対戦車砲 シュタイヤー 7.5cm PaK40/4搭載型 RSO ドラゴン 1/35

昨年夏に購入してずっと積んでいたRSOを組んでみます。10年以上前にイタレリのキットを組んだことがあります。このときはあまりにも硬いゴムキャタピラのためカクカクした感じが出せず、ニッパーでキャタをぶつ切りにして強制的に接着。結局足回りの仕上がりに満足できず、ごまかすために泥まみれにしてみました。最終的に破棄という哀しい結果になっています。
ドラゴンのキットは精密な連結キャタピラが付属しているだけでも涙モノです。
(2012/11/16)

イタレリ シュタイヤー 7.5cm PaK40/4 RSO 昔製作したプラモデル

昔の写真があったのでアップしてみます。とにかく泥まみれです。ディテールも何もあったものではありません。おそらく1998年から2000年くらいの間に製作したものと思われます。食玩の1/144のミニタンクではなく1/35スケールです、一応念のため。

イタレリ RSO 昔製作したプラモデル

泥まみれで雨に濡れた感じの仕上げにしたようです。いろいろとチャレンジしていたのでしょう。東部戦線の泥濘期ならこれはいたって普通の状況でしょう。

イタレリ RSO 昔製作したプラモデル 泥表現

ウェザリングが一色の泥のみ、ウォッシング、ドライブラシ、パステル、チッピングも一切無し。ある意味豪快な作風か。捨てなければよかったかなぁ…。
(2012/11/16)

シュタイヤー RSOの足回り製作 ドラゴン 1/35

かなり細かい足回りの組立てに苦戦中。エンジンパーツE20、E21の取り付け指示が説明書から漏れているようです。機動輪のB18はダボの大きさが違っています。その他いろいろ、側面の排気管などある程度まとめて仮組みをしないとあとで困る部分もありました。
(2012/11/16)

操縦室の横からエンジンが見える シュタイヤー 7.5cm PaK40/4

操縦室の横からエンジンがチラッと見えるのでこのあたりは軽く塗装しておいたほうが良さそうです。完成したらほとんど見えないところも精密に再現されていて、大変ですが実車の理解は深まります。すごいです、この再現度は。
(2012/11/18)

パネルは開いた状態 シュタイヤー 7.5cm PaK40/4

かなり以前に組んだイタレリではサイドウッドパネルは移動時を選択して製作しました。今回は冬季迷彩で戦闘中にしようかとイメージしているのでパネルは開いた状態で組みました。操縦室もパネルは開けっ放しで中が見えるようにしました。

ボックスアート ドイツ軍歩兵 歩哨 冬季装備 レニングラード オーバーコート

ドラゴンのドイツ冬季装備歩兵 (レニングラード1943)をRSOの脇に立たせてみます。こんな軍装のキットまで発売されているのだからすごく裾野の広いジャンルですね、ミリタリーモデルは。しっかし皆さん寒そうですね。

コートを着たドイツ軍歩兵の組立

こんなパーツ割で上からコートをかぶせていく組立て手順です。実は意外とこのコートの4つのパーツを合わせるのが難しい。

冬季装備 レニングラード オーバーコート

腕はあとから取り付ける予定。コートの合わせ目の不自然な隙間は後日パテで修正します。結構いい顔をしている。ヘルメットのあご紐はデザインナイフで少しモールドを強調しました。あとで塗装が楽になると思うので。

ドイツ歩兵 冬季装備 レニングラード

結構いろいろ修正しないといけないかもしれませんが、雰囲気は良い感じです。
(2012/11/18)

エンジンと砲塔基部 7.5cm PaK40/4搭載型 RSO

今週はあいにくと土日出勤でしたが、隙間の時間で少し工作を進めました。ほとんど見えませんが、エンジンと砲塔基部を黒で塗装。

組み立てが完了  7.5cm PaK40/4搭載型 RSO

ほぼ組み立てが完了しました。エンジンがむき出しで操縦席から見えます。今はマスキングテープを貼ってあります。

防盾基部のスカート  7.5cm PaK40/4搭載型 RSO

防盾基部のスカートのような部分は床からこれくらいの隙間が一番かっこよく見えると思います。内側の接合部を調整してうまくこのような隙間にしました。キャタピラのゆがみ具合もなかなか良いようです。
(2012/12/02)

厳冬装備のドイツ軍歩兵4体

シュタイヤーの横に添える歩兵4体、組立て完了です。コートのポケットに手榴弾を突っ込んでいたり、サブマシンガンのマガジンを入れていたりと描写が細かいです。ライフルのスリングと双眼鏡のストラップは細切りのプラ板を使用しました。

毛皮のコートを着たドイツ兵

コートの背に隙間が所々できてしまい光硬化パテで修正してあります。ブーツには真鍮線を埋め込んで土台に固定してから塗装予定です。
(2012/12/22)

RSOキットは 砲弾関連グッズがたくさん付属

このRSOキットは 砲弾関連グッズがたくさん付属しています。持ち手に挟むのも手間なので木切れに両面テープを貼り付けてまとめて塗装します。あとで思ったのですが、砲弾ケースと砲弾は分けておいたほうが良かったです。それと、他のパーツも塗装すべき色別にするのは最低限必要でしたが、いい加減に段取りを組んだので、後々面倒なことになってしまいました。
(2013/02/16)

ダークイエローで基本塗装完了 7.5cm PaK40/4搭載型 RSO

ダークイエローで基本塗装完了。タミヤの回転スタンドを購入しました。以前は350mlのペットボトルにセメントを流し込んだ持ち手を作って使用していましたが、重いしねじ止め固定していたこともありちょっと手間でした。回転スタンドの方が断然使いやすい。値段もそれほど高くないし、もっと早く購入すればよかった。

冬季迷彩塗装 シュタイヤー 7.5cm PaK40/4搭載型 RSO ドラゴン 1/35

地のダークイエローを残すようにして薄くフラットホワイトを吹きました 。どのくらいウェザリングを施すべきか、うーん、悩みどころです。

エアブラシで下塗り ドイツ軍歩兵

フィギュアのエアブラシ塗装完了。この後細かい部分を筆で仕上げていきます。
(2013/02/16)

組立と塗装・製作記・完成写真 ドイツ軍自走対戦車砲 シュタイヤー 7.5cm PaK40/4搭載型 RSO ドラゴン 1/35

シュタイヤーのトラクターが完成しました。第二次大戦時にドイツ軍がソ連へ侵攻した際、泥沼の道路で普通のトラックでは輸送に重大な支障をきたしました。そんな中で歩兵と同じ速度で泥濘や降雪時にも移動できるようにと開発された車両です。

作業用トラクターに75mm対戦車砲を載せた

まぁ、作業用トラクターに75mm対戦車砲を載せただけですので、装甲や防御力はあまり考慮されていませんでした。それでも砲兵や馬がが泥の中、大砲を引っ張るよりはよほど頼りになったのでしょう。

タミヤの情景テクスチャーペイントの粉雪ホワイトと雪ホワイト

今回使用したのはタミヤの情景テクスチャーペイントの粉雪ホワイトと雪ホワイト。自分の過去の冬季迷彩作品を見るといまいち立体感に欠けるなぁと思っていたのでちょうど良いアイテムでした。

冬季迷彩塗装 ドイツ軍自走対戦車砲

このペイントは白い大理石を配合しているようで、経年での退色や変色もほとんど無さそうです。使用した筆も塗料が固まる前に洗えば問題なしでした。

キャタピラに雪が付いている

雪原での作戦行動なのでキャタピラに雪が付いている。大砲の載っている平らな作業台にも多少雪が積もっているという設定です。

対戦車砲操作部の後ろに砲弾を4発入れられるスペースがあります

対戦車砲操作部の後ろに砲弾を4発入れられるスペースがあります。

弾頭の異なる2種類の75mm砲弾 RSO ドラゴン 1/35

このキット、やたらと砲弾関連が付いてまして作るのが大変でした。弾頭の異なる2種類の75mm砲弾があります。おそらく対戦車榴弾かな。HI/Bとか砲弾のデカールに書いてあります。恐ろしく細かい文字であまり読めない。

砲弾と砲弾ケースや砲弾木箱が模型の臨場感アップ

この砲弾と砲弾ケースや砲弾木箱が模型の臨場感アップに役立ってくれているようです。

砲弾はウェザリングをしませんでした

砲弾はウェザリングをしませんでした。ピカピカの状態のほうが模型映えするような気がします。前線に運ばれて使用されるまでは入れ物に入っているのでそんなに汚れないでしょう。

一人目のフィギュアは指差し確認中の監視兵

一人目のフィギュアは指差し確認中の監視兵。

二人目は双眼鏡をのぞいている歩兵

二人目は双眼鏡をのぞいている歩兵。ファーコートの塗装は単調になりがちで難しいですね。

全員同じ色の毛皮のコートだと面白くないので少し色味を変えてみました

全員同じ色の毛皮のコートだと面白くないので少し色味を変えてみました。ゴーグルは最後にクリヤーでつや出ししています。

歩行中の歩兵。防寒ブーツがごつい

歩行中の歩兵。防寒ブーツがごついです。全員ネックウォーマーをかぶっているので顔との塗りわけ部分が多くて難しい。

厳冬期のドイツ兵とシュタイヤー PaK40/4 RSO ドラゴン 1/35

車両と組み合わせるとこんな感じ。

レニングラードのドイツ兵とシュタイヤー PaK40/4 RSO ドラゴン 1/35

何かを雪原の彼方に発見した様子。このくらいの距離の写真が一番映りが良いみたいです。もう少しうまく顔を塗れると良いんですけどねぇ。

組立と塗装・製作記・完成写真 冬季装備ドイツ歩兵とシュタイヤー 7.5cm PaK40/4搭載型 RSO ドラゴン 1/35

グレーのバックのほうが寒々しい雪原にいるような感じがして良さそうかな。ブルーも悪くないんですが。

冬季迷彩は製作記にあるように白をエアブラシした後にところどころはけ塗りの感じを出す

冬季迷彩は製作記にあるように白をエアブラシした後にところどころはけ塗りの感じを出すように筆で塗装しました。

バックが青だとちょっときつい印象なのでグレーで撮影 ドイツ戦車

バックが青だとちょっときつい印象なのでグレーで撮ってみました。このほうが落ち着いた印象です。クリーム色のバックがあるとよさそうなので今度買って来ます。

雪の質感や冬季迷彩の感じ RSO ドラゴン 1/35

雪の質感や冬季迷彩の感じなど結構良い感じに仕上がったかと思います。結構楽しく製作できました。寒いうちに完成してよかった…
(2013/02/22)

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です