ドイツ軍 重戦車 ポルシェティーガー VI号戦車 ドラゴン 1/35

エッチングパーツがたくさん入ったプレミアムエディションのポルシェティーガーです。2014年2月から3月に製作しました。

ボックスアート ドイツ軍 重戦車 ポルシェティーガー VI号戦車 ドラゴン 1/35

前回、ツィンメリットコーティング済みのキットを作ったので、今度は久しぶりに自分でコーティングをしたくなりました。今度はポルシェティーガーを作ってみます。
ところで、昨夜のオリンピックは凄かったです。結局朝方までずっと観ていました。
(2014/02/15)

サスペンションはカクカクと可動 ポルシェティーガー VI号戦車 1/35

サスペンションはカクカクと一応可動します。

前部装甲部分はけっこう組みにくいのである程度仮組みしたら早々に接着したほうが良いかと思います。 ポルシェティーガー VI号戦車 1/35

前部装甲部分はけっこう組みにくいのである程度仮組みしたら早々に接着したほうが良いかと思います。

連結キャタピラを組むときに起動輪で多少前後に調整できる ポルシェティーガー

連結キャタピラを組むときに起動輪で多少前後に調整できるので割と組みやすいです。

なかなか良い感じのたるみを表現できました。 ポルシェティーガー VI号戦車 1/35

なかなか良い感じのたるみを表現できました。やっぱりティーガーの大きな魅力の一つはこの辺にもありますね。

ライオンロアのコーティングスタンプ ツィンメリットコーティング

ライオンロアのコーティングスタンプ、見た目はオール金属でかっこ良いのですが、工業製品としての正確さがいまひとつです。寸法が合わずにスタンプと持ち手がうまくはまりません。もしかすると自分が購入したものだけかもしれませんけれど。スタンプのほうは持ち手がなくても使えるので、まぁ良いのですがちょっと残念。
(2014/02/15)

左のキャタピラ、上に付きすぎてフェンダーが当たってこのままでは形になりません。

やらかしてしまいました。左のキャタピラ、上に付きすぎてフェンダーが当たってこのままでは形になりません。けっこうまずいですね。
キャタピラのたるみ具合がかなり気に入っていてそこまで気が回りませんでした。一つ模型を作っていると何かしら問題が起きますね。
(2014/02/16)

スプロケットホイールとキャタピラを下にずらしてフェンダーがはまるように修正 ポルシェティーガー VI号戦車 1/35

なんとかスプロケットホイールとキャタピラを下にずらしてフェンダーがはまるように修正しました。キャタピラは前のほうだけ一度外してまた取り付けました。エッチングパーツはけっこう良い感じです。
(2014/02/18)

エッチングがうまく装甲板にフィットしなかったので、前面上部装甲を少し盛りました。

エッチングがうまく装甲板にフィットしなかったので、前面上部装甲を少し盛りました。ひょっとしてどこかミスったかも。でも、今はうまくフィットしているのでOKです。

ドイツ軍重戦車のツィンメリットコーティング

ツィンメリットがモールド済みのキットも良いですが、自分でコーティングをすると剥がれやむらができて手作り感があり、これはこれでまた味があるかと思います。本来はコーティングは工場で行っていたのでしょうから、手作り感とか関係ないのかも、あるいは戦車兵が手作業?それはいくらなんでも無さそうですね。
(2014/02/18)

ゲペックカステン(用具入れ)の留め具エッチングパーツ

ゲペックカステン(用具入れ)の留め具エッチングパーツがかなり細かい作業を要求されます。細かすぎて目が痛くなっちゃいました。ゲペックカステンを取り付けると予備キャタピラがあまり見えなくなってしまうのが惜しい。

金網エッチング エンジン

この金網エッチングもけっこう細かいです。けっこう大量に瞬間接着剤を使いました。

ポルシェティーガー バランスが前より

ちょっとバランスが前によりすぎの戦車ですね。

望遠鏡をハッチから出したかったので開状態にしました。

望遠鏡をハッチから出したかったので開状態にしました。フィギュアを乗せるにはちょっと狭い気がします。左の四角いハッチには何とかフィギュアが収まるでしょう。

アルミ砲身はありがたい。ドラゴン

見栄えが良くなりそうな部分はなるべくエッチングに置き換えました。今回もアルミ砲身が付いていたのはありがたいです。

輸送中はこんなふうに砲塔を後ろに向けて移動 ポルシェティーガー VI号戦車 1/35

輸送中はこんなふうに砲塔を後ろに向けて移動していたとか。

ドイツ軍 重戦車 ポルシェティーガー ドラゴン ツィンメリットコーティング

真横からの写真で気付きましたが砲塔の下辺にはみ出ているエポキシパテはきちんと削っておかないとぐにゃぐにゃしていて見栄えが悪いですね。普段斜め上から見ながら作業しているので上は割りと気をつけて余計なパテは削っていました。

戦車兵をホーネットヘッドで作る

このあいだ、ホーネットのフィギュアを久しぶりに使用して、また気に入ったので今回も使いました。右戦車兵はハッチに手を置くと袖が干渉するのでちょっと整形しました。略帽のどくろマーク、頑張って立体的に作ってみました。

くつろいでいるポーズの戦車兵

くつろいでいるポーズなので、それとせっかくヘッドが髪の毛付きなので帽子なしとしました。ボディはドラゴンの戦車兵です。

なんか影がきつくて略帽の生地が分厚い感じがしますけどそんなことないんです。

なんか影がきつくて略帽の生地が分厚い感じがしますけどそんなことないんです。こういうのもたくさん作れば慣れて上手くなるものなのでしょうかねぇ。首の隙間をふさがないと。
うーん、寒くて塗装する気分でもないので何か小さい車両でももう一つ組んでみようかなぁ・・・。
(2014/02/22)

サーフェイサーに少し白を混ぜて明るくしてみました。

しばらく振りの塗装です。サーフェイサーに少し白を混ぜて明るくしてみました。
(2014/03/14)

基本色のダークイエロー ドイツ軍 重戦車 ポルシェティーガー VI号戦車 1/35

基本色のダークイエローを塗装しました。

ダークグリーンの迷彩 ドイツ軍 重戦車 ポルシェティーガー VI号戦車 1/35

ダークグリーンの迷彩。なんだか写真のホワイトバランスが悪いのか色調がいまいちです。

ホワイトバランスを調整したら少し写真の色調が良くなった ドイツ軍 重戦車 ポルシェティーガー VI号戦車 1/35

ホワイトバランスを調整したら少し写真の色調が良くなった気がします。組立や塗装途中の写真はやり直しが効かないんですよね。ダークイエロー、ダークグリーン、レッドブラウンの三色とも明るめに塗装して後から調整予定です。
(2014/03/14)

ドイツ軍 重戦車 キャタピラはエアブラシで塗装するときもあるのですが、今回は筆塗りで進めました。

今日は暖かくて余裕で窓を開けて塗装が出来ましたが、今度は杉花粉症が大変です・・・。
キャタピラはエアブラシで塗装するときもあるのですが、今回は筆塗りで進めました。そのときの気分で作業手順が色々変わります。後部のデカール、車両ナンバーはもう少し上に貼るのが正しいようですが、この方がしっくり来るので下にずらして貼ってしまいました。部隊マークもサービス。

オークリーフパターン、柏の葉迷彩のドイツ戦車兵

オークリーフパターン、柏の葉迷彩というんでしょうか。その秋パターンのジャケットにする予定です。タミヤのフラットアースをベースとして、皺の部分を少し暗い色で塗装してからドットを描いています。本来は4色構成かもしれませんが、雰囲気によってはあと1色のせて終わりでも良いかと思います。
(2014/03/16)

ウォッシング終了後のポルシェティーガー

ウォッシングを行ったら車体の色が割りと落ち着いてきました。もう一息で完成というところです。
(2014/03/16)

組立と塗装・製作記・完成写真 ドイツ軍 重戦車 ポルシェティーガー VI号戦車 1/35

ドラゴンのポルシェティーガーが完成しました。重心がかなり前にありちょっと見慣れないフォルムです。レアな戦車なので模型的にも貴重かと思います。

ポルシェ社とヘンシェル社で重戦車開発競争

ドイツは独ソ戦の開始でソ連の高性能な戦車との遭遇し、IV号戦車より強力な重戦車の開発を迫られました。ポルシェ社とヘンシェル社で開発を競いましたが、ポルシェは結局はこの重戦車開発競争に敗れています。

少なくとも2台は実戦配備されたようです。 ポルシェティーガー VI号戦車 1/35

少なくとも2台は実戦配備されたようです。この調子だと活躍らしい活躍をしたというわけではなさそう。途中まで製造していた機材などは後に重駆逐戦車フェルディナントやエレファントの基礎になりました。

珍しい戦車 ポルシェティーガー VI号戦車 1/35

メジャーな戦車ではなく、かなりマニアックなアイテムでしょう。言葉は悪いですが「ボツ戦車」ですので。それをこのクオリティでリリースしたドラゴンに感謝です。

アクリルレジンとパステルでウェザリング ドイツ軍重戦車

アクリルレジンとパステルで少し足回りを汚しました。せっかくキャタピラが大きくてかっこ良いのであまり汚しませんでした。

戦車装備品の木部塗装

木部はセールカラー、(タミヤエナメルのバフと白を混ぜた)で塗った後、境目を少しぼかしましたが表現としてはもう少し改良の余地あり。「おおぉ、これはうまくいった!」ということがあまり無い木部塗装です。

ドイツ軍重戦車の三色迷彩

今回の迷彩は規則性はあまりありません。車体より砲塔の迷彩パターンのほうが少し細かめです。

フランスのソミュール戦車博物館に展示されているタイガー後期型のパターンと少し似ている

フランスのソミュール戦車博物館に展示されているタイガー後期型のパターンと少し似ているかも。ポルシェティーガーの運用は後期ではないので、ダークイエローの面積をメインに取りました。

第653重戦車駆逐大隊ということで、有名なエレファント重駆逐戦車が活躍した部隊の所属です。

第653重戦車駆逐大隊ということで、有名なエレファント重駆逐戦車が活躍した部隊の所属です。

ポルシェティーガー後部

平面はウォッシングで泥水が溜まって乾いた状態を表現したつもりです。迷彩塗装だとあまりウェザリングをしなくても目には変化があるので控えめでも十分見られるのかも、単色塗装に比べれば。

オークリーフパターン、柏の葉迷彩の秋パターンのユニフォーム

オークリーフパターン、柏の葉迷彩の秋パターンに挑戦。タミヤのフラットアースをベースとして、皺の部分を少し暗い色で塗装してからドットを描いています。

ドイツ戦車兵の柏の葉迷彩ユニフォーム

4色構成としまして、でもサーモンピンクっぽい色が余計だったかも。階級章は二等兵なのに態度が偉そうなのが気になります。

ドイツ戦車兵の柏の葉迷彩ユニフォーム 後姿

背中がちょっと寂しい。背中の迷彩パターンはけっこううまくいったかと思います。普通のドイツ軍ユニフォームに比べると違和感ありありですけど、これでも秋の枯れ雑木林の中では随分と効果があったのではないでしょうか。でも、ちょっと色合いが違うかもしれません。車両の迷彩の前にいても、輪郭が分からなくなってけっこう溶け込む感じです。映画「山猫は眠らない」のスナイパーの超絶森林同化まではいきませんけれども。

ポルシェティーガーと戦車兵

上の二等兵が赤毛なのでこちらは金髪としました。階級は少尉くらいか。細かいですがペリスコープレンズを濃緑色でツヤありにしたところが個人的に満足しています。

なかなか良い表情のティーガーに乗る戦車兵

なかなか良い表情。こちらは瞳がブルーでもう片方はライトグレーです。ライトグレーだと表情が出しにくいですね。もう少し濃くっても良かった。

脱出ハッチのコーティングはもう少し丁寧に行うべきでした。

脱出ハッチのコーティングはもう少し丁寧に行うべきでした。彫りは深くてウォッシングのシャドウが入ってよい感じにはなりました。

キャタピラのウェザリング

予備キャタピラはちょっと錆気味、使っているキャタピラはほとんど錆は無いという設定です。

重戦車はもう少し迷彩パターンを大きくしたほうが大胆で力強い印象

重戦車はもう少し迷彩パターンを大きくしたほうが大胆で力強い印象を持たせられるかな。

キャタピラのフェンダーはコーティング要らないでしょ、とは思ったんですけど箱絵はしっかりコーティングがあったのでやってみました。

キャタピラのフェンダーはコーティング要らないでしょ、とは思ったんですけど箱絵はしっかりコーティングがあったのでやってみました。

ドラゴンの戦車兵に勲章のモールドがあるので記念撮影

せっかくドラゴンの戦車兵に勲章のモールドがあるので記念撮影。メダルが大きすぎな気もしますが活躍している戦車兵のようで頼もしい。

移動中は砲塔を後ろに向ける戦車

砲塔が後ろ向きでも撮影しました。移動中のポジションです。前回のキングタイガーとはだいぶ勝手が違いましたが、楽しく製作できました。
(2014/03/21)

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です