イギリス軍 歩兵戦車 マチルダMK.III/IV タミヤ 1/35

2013年3月から7月にかけて製作したマチルダ戦車です。

ボックスアート イギリス軍 歩兵戦車 マチルダMK.III/IV タミヤ 1/35

今回、遅ればせながらタミヤのMM300号、マチルダ戦車を組んでみます。そういえば昔、タミヤMMの300番が何になるか盛り上がっていたときがありました。
それ以前のタミヤのマチルダはモーターライズの影響で実車よりすこし幅広らしいです。

昔作った旧キット マチルダMK.III/IV タミヤ 1/35

以前、1998年頃に一度旧作のタミヤで作った写真があったのでUPします。
(2013/03/10)

昔作った旧キット イギリス軍 歩兵戦車 マチルダMK.III/IV タミヤ 1/35

旧作のマチルダはフェンダーやサイドアーマーに厚みがあります。ゴムキャタピラのテンションを張りすぎて、途中でローラーが根元から折れた記憶があります。よく見ると向かって左のキャタピラが若干ずれています。
(2013/03/10)

昔作った旧キット イギリス軍戦車兵 マチルダMK.III/IV タミヤ 1/35

フギュアは、なんか光ってますね・・・。今回は手元にホーネットのヘッドセットがあるのでそれを使ってみようかと考えています。
(2013/03/10)

昔作った旧キット マチルダ タミヤ マスキングが大変だった

意外と迷彩もきちんと塗れている気がします。そういえばマスキングテープを切ったり張ったりが戦車模型の作業としては慣れていなくて大変だったという記憶が甦ってきました。もう15年位前です。
(2013/03/10)

小さな転輪が無数にあります マチルダMK.III/IV タミヤ 1/35

小さな転輪が無数にあります。結構めんどいですね。

この辺はサイドスカートを組み付けるとほとんど見えなくなってしまう マチルダMK.III/IV タミヤ 1/35

この辺はサイドスカートを組み付けるとほとんど見えなくなってしまうんですよねぇ。あまり手間をかけずに進めます。
(2013/03/12)

ラバーキャタピラを巻いてみました マチルダ タミヤ 1/35

試しにラバーキャタピラを巻いてみましたが特段問題無さそう。上部が若干浮きますがこの戦車ではまったく見えません。プラパーツでなくても全然OKかと思います。

プラパーツの部分連結キャタピラ マチルダ タミヤ 1/35

でも、やっぱり塗装中に塗料が剥がれたらいやなのでプラパーツの部分連結キャタを使用しました。

キャタピラ打ち出しピン跡 マチルダ タミヤ 1/35

よく見ると打ち出しピン跡があるので塗装前に忘れずに削っておかなければなりません。よく見える前と後ろだけでいいでしょう。
(2013/03/12)

マフラーと配管部分の組み立て マチルダ タミヤ 1/35

マフラーと配管部分の組み立てがこのキットの中では難しい。というか、説明書を読んで仮組みをきちんと行わないと左右のパーツを間違える恐れがあります。私、間違えました。

サイドアーマーを取付前 マチルダ タミヤ 1/35

サイドアーマーを付けてしまうと見られないのでここでワンショット。運転席から見える部分だけ中をフラットホワイトでエアブラシしておきました。

組立完了 イギリス軍 歩兵戦車 マチルダMK.III/IV タミヤ 1/35

マチルダ戦車の組立て完了です。結構パーツ数が多くて精密感があります。さすがタミヤのキットは組み立てやすいし安心感が桁違いに高いです。これは傑作キットと呼べると思います。

発炎筒 イギリス軍 歩兵戦車 マチルダMK.III/IV タミヤ 1/35

後ろからの写真。発炎筒、発煙銃?はなかなかのディテールです。

砲塔の上下動できません。誤って接着剤を流しすぎて固定。

砲塔の上下動できません。誤って接着剤を流しすぎて固定してしまいました。個人的な好みの角度はもう少し地面に並行気味にしたかったのですが、かなりがっちり接着されてしまい破損の恐れがあったので残念ながらこのまま行くことにします。まぁ、ちょっと大げさに仰角を取っていると「やる気」が感じられてかえって良いかも。
(2013/03/17)

付属のフィギュアの表情が秀逸 マチルダMK.III/IV タミヤ 1/35

レジン製ヘッドに交換しようかと思いましたが、付属のフィギュアの表情が秀逸なのでそのまま使用することにしました。出来が悪いのでヘッド交換などといったらタミヤさんに失礼かと思います。とても良い表情です。

ドライバー マチルダMK.III/IV タミヤ 1/35

このドライバーは結局は首から上しか見えないでしょうけど良い感じです。ベレー帽のマークもグッド。

2ポンド砲に付いていた歩兵を追加、歩兵戦車 マチルダ

以前、2ポンド砲を製作したときに作らなかった双眼鏡を持った歩兵も作ってみました。ヴァルカンのフィギュア、双眼鏡がちょっとしょぼいです。他のキットからの流用を考えたけれど、ヘルメットや雑嚢などと違って双眼鏡は意外と余分パーツが少ないですね。結局そのまま使用してレンズ部分は簡単にドリルでくぼみを付けました。
(2013/03/19)

イギリス軍 歩兵戦車 全体をタイヤブラックとマホガニーを混ぜた濃い塗料で塗装

全体をタイヤブラックとマホガニーを混ぜた濃い塗料で塗装しました。奥まった部分の塗り残しが出ないように。

イギリス戦車のマスキング

一応、マスキングの途中です。ライトブルーが明度が高いので最初に塗装することにしました。境目はまたマスキングするので適当です。

イギリス戦車のマスキング 水色

一色目完了したところ。

イギリス軍 歩兵戦車 三色迷彩塗装

二色目のサンディブラウンを塗装したところ。ちょっとマチルダらしくなってきました。

イギリス軍 歩兵戦車 迷彩塗装順序

上と同じです。

2色目はサンディブラウン、イギリス戦車のマスキング

大雑把に三色迷彩完了しました。3色目はマホガニーです。マスキングは意外と疲れます。基本と相互の色味としてはまぁまぁ良いのでは。
(2013/05/02)

デカール マチルダMK.III/IV タミヤ 1/35

しばらく振りに模型製作再開しました。最近仕事が忙しくてなかなか模型にかまっていませんでした。デカールを貼ってその他の基本塗装を完了しました。奥まったキャタピラを塗装するのが手間でした。
(2013/07/15)

イギリス軍戦車クルーと歩兵フィギュアの塗装

戦車クルーと歩兵の大まかな塗装も完了。
(2013/07/15)

組立と塗装・製作記・完成写真 イギリス軍 歩兵戦車 マチルダMK.III/IV タミヤ 1/35

いやー、本格的な春の到来前から作っていたマチルダがようやく完成しました。兵隊も4人作ったので結構時間掛かりました。

イギリス軍 歩兵戦車 マチルダ 北アフリカ戦線では1941年から42年に掛けて活躍

北アフリカ戦線では1941年から42年に掛けて活躍しました。速度は遅かったですが前面の最大装甲75mm等、頑丈さが売りでドイツ軍を悩ませました。ハルファヤ峠のドイツ88mm高射砲との戦いは有名です。負けましたけど。

車両は両サイドのアーマーをかぶせると平面が多く多少単調なイメージ マチルダMK.III/IV タミヤ 1/35

この車両は両サイドのアーマーをかぶせると平面が多く多少単調なイメージがあります。もちろんボルトなどが多いのでまっ平らではありませんが。

マフラーはさびと泥を適度に表現 マチルダMK.III/IV タミヤ 1/35

マフラーはさびと泥を適度に表現したつもりです。

後方上部からの写真 マチルダMK.III/IV タミヤ 1/35

後ろからの写真です。

ドライバーを操縦席に格納する前に記念撮影 歩兵戦車 マチルダMK.III/IV タミヤ 1/35

ドライバーを操縦席に格納する前に記念撮影。金髪にしました。「うーん、暑くてたまらん」とでも言っているのでしょうか。自分も暑いです。

操縦席は頭が見える程度 マチルダMK.III/IV タミヤ 1/35

操縦席は頭が見える程度ですが、ここにフィギュアが入ると結構雰囲気が変わります。

イギリス戦車兵とマチルダ タミヤ 1/35

こちらはコマンダー。彼も金髪です。瞳はブルーで白人ぽっさを出しました。

イギリス戦車兵とマチルダ歩兵戦車 タミヤ 1/35

装填手は目を細めているので細かく目を描けませんでした。よって黒っぽくなぞる程度です。あまり近寄るといまいちですが下の写真くらいなら良さそうな感じです。

箱絵と同じショットで記念撮影 マチルダ歩兵戦車 タミヤ 1/35

箱絵と同じようなショットで記念撮影。良いポーズをしています。

マチルダ歩兵戦車とイギリス歩兵

右のイギリス軍歩兵はマチルダ付属のキットと違うのでなんか浮いた感じです。原型師さんの作風の違いで変わってくるのでしょうか。服のしわの自然さはタミヤ付属フィギュアのほうが勝っている印象があります。ちょっとB級顔というかコミカルというか。でも良い雰囲気です。

ライトブルーが混じる迷彩塗装 戦車

歩兵がよたっていますが後ろからの撮影です。ライトブルーが混じると迷彩も綺麗ですね。車両自体は思いっきり汚していますけれど。

ハッチ横のライトはキットには透明パーツが入っていなかったので、自作

ハッチ横のライトはキットには透明パーツが入っていなかったので、自作しました。やはり透明パーツのほうが光り輝くとなんかかっこよい感じです。

イギリス軍 歩兵戦車 マチルダのウェザリングとウォッシング

ウォッシングで表面に表情を出したのですがもう少し丁寧な作業が必要でした。久しぶりの塗装でした。明るい塗装面のウォッシングは難しいです。

マチルダ戦車のチッピング塗装

ところどころにチッピングを施して変化を演出。デカールは割りと綺麗に貼れた方かなぁ。

第32機甲旅団1941年リビア イギリス軍 歩兵戦車 マチルダMK.III/IV タミヤ 1/35

今回のマーキングは第32機甲旅団1941年リビアのものです。

カッコ良い戦車 マチルダ

さほど大きくない車両なのに重量感が抜群なマチルダ戦車は結構人気があるようです。私も好きな戦車の一つなので作りました。タミヤの組み立てやすくて精密なキットは素晴らしいです。なんか歩兵だけカメラ目線ですね。
(2013/07/20)

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です