ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン

ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン

ドラゴンのドイツ戦車兵フィギュアです。こういうキットはハッチの多いドイツ戦車を作った時くらいしか作る気が起きないので、ノイバウを作った時に丁度良いので組んでみました。

ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン

ヘッドホンはエッチングパーツになっていて割とリアルに仕上がるかも。

ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン

レジンヘッドに交換して、髪の無いヘッドはエポキシパテで植毛もしました。
(2018/06/25)

ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン

ちょっと首をかしげているところがチャーミングでグッド。

ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン

ハッチから上半身を出しているドイツ戦車兵はいつでも格好良い。

ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン

戦車兵の兵科色はローズピンクなので黒い戦車兵のユニフォームの良いアクセントになっています。

ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン

ドラゴンのフィギュアは全体的に胸板が厚かったり肩が広すぎたりと体つきが良すぎる時期がありこのキットも多少そんな感じです。もう少しいろいろな体格や背丈のフィギュアがあった方が面白いと思う。

ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン

フランス戦線で鹵獲したフランスワインのおすそ分けでしょうか。ノイバウは倒したアンテナが邪魔であまり砲塔から顔を出す兵士と車両がマッチングしませんでした。III号戦車やIV号戦車ならうまくフィットするんじゃないかな。

ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン

赤ワインじゃなくてドイツの地ビールみたいな感じになってしまいました。一応ゴールドのデカールを貼ってみました。なんだか飲酒運転みたいになってしまって良く無いですね。

ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン

6人いるので何人かは金髪の戦車兵としました。

ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン

ノイバウファールツォイクの乗員は6名なのでやたらフィギュアを車両に絡めてもシチュエーションとしては悪くない。ジャーマングレーの車両にウェザリングをし過ぎたと思っていたけれど、黒服の戦車兵と合わせるとウェザリング度合いも丁度良く見えてきました。フィギュアには単体ディスプレイよりもウェザリングを馴染ませる効果があるのかも。

ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン

割と自然な表情で好き。

ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン

パイプを持っているのでもう少しリラックスした表情のほうが良かった。でも顔の塗装中は細かすぎてそんなこと考えている余裕ないんですけど。

ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン

金髪。ゲーハーだったので髪の毛を追加工作。ちょっともじゃもじゃにし過ぎたかな。いっそのことアフロにしたら面白い。

ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン

車両から乗り出す箱乗りのフィギュアを作るのはめったにないので車両と絡めるのが面白かったです。

ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン

このシチュエーションは面白い。でもアイコンタクトがもう一息かな。

ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン ドイツ戦車兵 1939-1943 1/35 ドラゴン

全体的に悲壮感が無い陽気なポージングが多い完成作品になりました。まだ勝ち戦の時のドイツ軍だからこれくらいで丁度良いですかね。

「ローン・サバイバー」という映画を観たことがあるでしょうか?年末年始にテレビ神奈川かどこかで放送していたのを録画してありました。内容まったくわからず先日軽い気持ちで見始めたら、15分くらい観て、これはすごい映画だ、「ブラックホーク・ダウン」に引けを取らない名作だろうと判断しました。日本語吹き替えでところどころカットされている録画の視聴を急遽中止して、ちゃんとしたオリジナルDVDを観ました。あまりたくさん映画を観ている方じゃないけど、怪我が痛そうな映画ベストテンには間違いなく入りそう。あまり内容書かないけど現用米軍装備がすごすぎだし、4人チーム一組でランボー状態です。でも、ホント真面目な戦争映画だと思う。はじめの厳しい訓練シーンがのちの内容に説得力を持たせていると思う。本当に傑作だと思います、今まで知らなくて恥ずかしい。
(2018/076/27)

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です