ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

普段製作しているものより少し大きめのミリタリーフィギュアを作ってみました。2015年8月のものです。

ボックスアート ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

ミリタリーフィギュアといってもずーっと1/35の小さいのばかり作っているのでたまには大きなのを作ってみようということでカッコ良さそうなこのドイツ兵を選んでみました。タミヤのワールドフィギュアシリーズは価格も手頃だし塗装の練習にもちょうど良さそうです。

タミヤのワールドフィギュアシリーズは価格も手頃だし塗装の練習にもちょうど良さそう

こんな大きなフィギュアを作るのは初めてです。基本的に1/35が自分の中では実物大なのでかなり勝手が違いますね。でもいろいろと面白そう。

裏側は空っぽ ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

裏側は空っぽになっています。

どのあたりまで製作してから塗装しようかなぁ ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

それぞれ切り出してできるところから組み立てています。パーツの合いはほとんど問題無さそうです。

合わせ目を消したりはあまりしていませんが、なんとなくここまでは簡単に組立完了 ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

どのあたりまで製作してから塗装しようかなぁ。できるだけ組立を先行させたいです。あ、耳かきは模型製作とは関係ありません。
(2015/07/06)

ミリタリーフィギュアといってもずーっと1/35の小さいのばかり作っているのでたまには大きなのを作ってみよう

合わせ目を消したりはあまりしていませんが、なんとなくここまでは簡単に組立完了です。

視線と真っ直ぐ合わさるように短機関銃を調整 ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

視線と真っ直ぐ合わさるように短機関銃を調整しました。一番難しいのは短機関銃と両手あたりなのかなぁ。映画007のオープニングみたい。

面積にすると1/35に比べて約4倍、大きさだと約8倍 ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

でかい、面積にすると1/35に比べて約4倍、大きさだと約8倍ですかね。

短機関銃のストラップは真鍮板を切り出してそれらしく取り付け タミヤ 1/16

短機関銃のストラップは真鍮板を切り出してそれらしく取り付けてみました。もう少し表面をきれいにしたら塗装に取り掛かります。
(2015/07/24)

ユニフォームとヘルメットを塗ったあとに何日たっても一向に乾きません ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

ユニフォームとヘルメットを塗ったあとに何日たっても一向に乾きません。まぁ、油彩なんてそんなものですけれど考えてみるとシッカチーフを全然混ぜていませんでした。ラジオを聴きながらボーっと塗装してたので忘れてしまいました。

肌色はラッカーで下塗りをした上に油彩 ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

肌色はラッカーで下塗りをした上に油彩を塗装しました。肌色はチタニウムホワイトとイエローオーカー、バーントシェンナを適当に良い具合になるように混色しました。肌色と細かい部分は写真のシッカチーフを使用したので幾分乾燥が速いかと思います。全体的にギラギラしてますね。また迷彩塗装なんですよね、めまいが…。
(2015/08/03)

迷彩服のドットはタミヤのエナメル塗料 ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

迷彩服のドットはタミヤのエナメル塗料を使用しました。一色目はブラックグリーンです。多少違和感があった場合にすぐふき取ってやり直せるのは油彩でも同じですがエナメルのほうが乾燥時間はずっと短いです。

細かいドットをあと2色追加して細部を塗装すれば完成 ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

二色目をのせたところです。細かいドットをあと2色追加して細部を塗装すれば完成です。この期に及んでまだ目を描いていないのでそれもやらないと。どうしようかなぁ、青い目にしておくかなぁ。
(2015/08/11)

組立と塗装・製作記・完成写真 ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

遅ればせながらドイツの戦争ドラマ「ジェネレーション・ウォー」を観ています。まだ途中ですがストーリーがとても良く練られています。いたるところに悲しいエピソードがあるので観ていて辛いんですけど、たぶんこれ幸せなのは始めの15分くらいだけなのかなぁ。オールカラーで画像が綺麗です。ドイツ軍装に関してはさすがにドイツが作っただけあって正確なんじゃないでしょうか。出演者が皆さんハンサムだったり美女ばかりです。

迷彩塗装 ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

ストーリーはもちろんのこと、ドイツ軍ヘルメットのウェザリングのリアルさがとても印象に残りました。兄と弟の戦争に対する行動が両極端に変化していくのが興味深い。まだ3分の2しか観ていないけれどもこれはかなりの傑作だと思います。

ヘルメットやガスマスクケース、シューズなどの単色小物系 ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

ジェネレーションウォーに登場する兵士は1/1スケールでリアル度抜群のウェザリングが施されておりすばらしい。こちらの模型はなかなかその通りに近づけることができませんが、ヘルメットやガスマスクケース、シューズなどの単色小物系は色合いに変化が出るよう気を配りました。瓦礫や泥で汚れたヘルメットが戦場をかいくぐってきた感を高めます。

MP40短機関銃を構えているポーズ ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

MP40短機関銃を構えているポーズです。両手のフィットが難しいです。ベルトのバックルは細かいモールドが入っていてリアルです。

顔なんかは1/35に比べてパーツが大きいので塗りやすい ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

顔なんかは1/35に比べてパーツが大きいので塗りやすいのですが、同じ距離で眺めても細部が見えやすくなるので塗装が難しいです。もう少し研究の余地がありそうです。瞳の中の瞳孔と反射光を描きましたがいくら1/16でも裸眼だとあまりよく見えません。裸眼というか2倍のルーペを使っても難しいです。もう少し倍率の高いものを買おうかな。少なくとも見えないことには筆も動かないですし。

ヘルメットなどの装備品はパステルでウェザリングをしました ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

ヘルメットなどの装備品はパステルでウェザリングをしました。後で剥がれるのは嫌なのでつや消しクリアーでコーティングして固着しました。

軍靴とキャンバス製のレギンスはうまくグラデーションが出た ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

軍靴とキャンバス製のレギンスはうまくグラデーションが出たかなぁ。

顔は組んでからだと塗りにくい ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

フィギュアは顔が一番重要部分なので組立よりも塗装のしやすさ優先で製作プロセスを考えるべきでした。顔は組んでからだと塗りにくいです。

迷彩服はこれでもかという具合に何色もドットが入っている ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

迷彩服はこれでもかという具合に何色もドットが入っているし、ベースのフラットアースには少し明暗を入れて、仕上げにハイライトを入れたのでこれ以上いじらない方が良いかなぁと思います。

大きなフィギュアになるとまた違った部分で気を使わねばいけない細部がたくさん ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

なんだか随分時間が掛かってしまいました。大きなフィギュアになるとまた違った部分で気を使わねばいけない細部がたくさんありそう。全体的なカムフラージュの雰囲気は良くできたかと思います。たまにはこういうのも面白いものです。もう少し生命力とか、今にも動き出しそう、と思われるような完成度にしたいですね。
(2015/08/15)

向かって左目がやっぱり少し大きかったので修正 ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

向かって左目がやっぱり少し大きかったので修正しました。割と普通の顔になってきた。

カッコ良い顔つきのドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

マシンガンに隠れて顔全体が見えにくいから少し下から。

大きなフィギュアを製作塗装 ドイツ軍歩兵 迷彩野戦服 タミヤ 1/16

ヘルメットの汚れのトーンは少し暗く修正してみました。
(2015/09/07)

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です