アメリカ空軍 戦闘機 F-104C スターファイター ハセガワ 1/48

2007年7月から8月にかけて製作しました。

ボックスアート アメリカ空軍 F-104C スターファイター ハセガワ 1/48

前回レシプロ機を完成させたので、今度はジェット機を作りたくなりました。選んだものはF-104C スターファイターです。この細長い胴体の機体が果たして完成するのでしょうか?!

細長い機体 F-104C スターファイター ハセガワ 1/48

どういう手順で作ればよいのかわからず、とりあえず燃料タンクや主翼、コックピット等組めそうなものから組んでみました。

コックピットの組立 デカール F-104C スターファイター ハセガワ 1/48

コックピットはこんな感じです。デカールを貼ってシートベルト等も塗装したあと、インターネットでコックピットパネルの実物写真を見つけたので赤や黄色で少しパネルの色を付け足しました。(2007/07/14)

万力で固定 飛行機プラモデルの左右の貼り合わせ

長い機体の左右を貼り合わせているところです。これでも隙間ができてしまったらパテ盛りで修正します。(実際隙間ができてしまいました)

組立完了 F-104C スターファイター 1/48

大体の形ができてきました。以前作ったP-47では表面処理がいまいちだったため、今回は1500番くらいのサンドペーパーで全体を滑らかにしました。

キャノピーのマスキング F-104 ハセガワ 1/48

マスキングテープの細切りにてキャノピーをマスキング。大体こんな感じです。

F-104C スターファイターの組立

すべて組立完了です。今回の機体は全面シルバー塗装なので足も組みつけてしまいました。1つか2つ小さな部品を紛失してしまいましたが気にしないで塗装に突入です。
たった今気が付いたのですがこのキットは爆弾もミサイルも付いていないんですね。希望なら別売りのキットを購入するのでしょうか。とにかく今回はミサイルも要らないのでこれで仕上げまで行きたいと思います。そういえばパイロットもいなかったなぁ。(2007/07/15)

シルバー塗装 F-104C スターファイター ハセガワ

ちょっと画面が暗いですが銀塗装終了です。戦車の場合は台に固定しているので片手で持ってぐるぐる回しながら塗れますがジェット機はどうすればよいのだろう?
とりあえずおしりに割り箸を突っ込んで塗りましたがぐらぐらして塗装しにくいですね。こういう基本的なところから環境改善しないといけませんね。(2007/08/09)

塗装失敗 主翼 F-104C スターファイター ハセガワ 1/48

昨晩塗装して翌日見てみたらびっくり。主翼上面に無数の打ち出しピン跡がありました。普通上面にあるかなぁ。ひょっとしたら主翼の上下取り違えたのかも。とにかくパテで修正してもう一度塗装し直します。それにしても銀塗装はよほど表面を仕上げておかないとくっきりとあらが出ますね。飛行機モデラーには基本的なことなのでしょうが表面仕上げは難しいです。

スターファイター 主翼の白塗装

主翼上面が白で下面がライトグレーだと今になって気が付きました。また、マスキングに逆戻りでそれぞれ吹き付けました。尾翼付近のパネルを一部、黒鉄色で塗りましたがもっと薄い色のほうがよかったです。デカールのときに機体番号の黒がかぶってしまいあまりよく見えなくなりました。この黒は筆塗りだったのですが表面が均一にならず汚くなってしまいました。面倒でもマスキングをしてエアブラシするべきでした。(2007/08/13)

組立塗装 アメリカ空軍 F-104C スターファイター

F104がようやく完成しました。今回もあちこちの部品を折ったりなくしたりと、大変でしたがなんとかなりました。秋刀魚のような細長い機体を全面シルバーでガーッと塗装してデカールを貼って終了!と考えていたら塗り分けもノーズ部分と主翼にあって意外に手間取りました。

スターファイター F-104 シルバー塗装 ハセガワ 1/48

シルバー塗装は難しいです。今回、シルバーの塗装面が濁るのを避けるため墨入れは最小限にしました。

コックピット F-104C スターファイター

コックピットを作りこめばキャノピーから中を覗き込んでにんまり、というのがエアモデラーの醍醐味なのでしょう。今回、完成間際にキャノピーの透明パーツにシンナーをこぼして白濁してしまいました。コンパウンドである程度磨きましたがこの辺が限界です。それでも、計器盤やシートベルトが見えるのは楽しいものです。

アメリカ空軍 ジェット戦闘機の塗装

あまり気を使わなかった割にはデカールのシルバリングはほとんど目立たなかったです。やはりクリアー仕上げの塗装面にはデカール密着度が良いのでしょうか。シルバーの塗装面が粗く仕上がってしまったけど密着度問題ありませんでした。ただ、何箇所かデカールフィットを塗ったらデカールがぐにゃぐにゃに変形して筆で塗装しなおした箇所があります。

黒鉄色のパネルが黒すぎ F-104C

黒鉄色のパネルが黒すぎました。シルバーを混ぜて薄めれば機体ナンバーがもっと見やすかったですね。マーキングはアメリカ空軍 第479戦術戦闘航空団所属機 1964年のものです。

F-104C スターファイターの塗装

コックピットは前回同様取説どおりで特に手を加えていませんが十分満足です。なかなか綺麗に作れませんが。

アメリカ空軍 F-104C 赤い帯のデカール

裏側もそれなりです。赤い帯のデカールが機体の印象をを引き締めています。それにしても航空機模型は完成しても場所をとりますね。これも40cm×20cmくらいあります。皆さんは完成品をどう保管しているのでしょうか?

完成作品 F-104C  ハセガワ 1/48

かなり丁寧に作業したのですが、多少仕上げが粗かったところもあり今後への反省材料です。塗装前の表面処理と吹き付け塗料の濃度、デカールの取り扱い。AFVとはまた違ったポイントに気を使わないといけないですね。とりあえず完成してよかったです。(2007/08/14)

F-104 機体下面 ハセガワの飛行機プラモデル 飛行機プラモデルの塗装 飛行機 銀塗装 F-104C スターファイター 機首 F-104C スターファイター ジェットエンジンノズル

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です