ドイツ軍 重駆逐戦車 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

第75回 タミヤ パチッコンテスト 作品写真部門にて佳作を頂きました

ボックスアート ドイツ軍 重駆逐戦車 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

東京駅の斑鳩という有名ラーメン店に食べに行きました。久しぶりだったので奮発して具を全部乗せの大盛を注文しちゃいました。スープがこってりどろどろでかなりコクがあったけど美味しかったです。でもだんだんと脂っこいものは体が受け付けなくなっているのかなぁ、とも思います。ちょっともたれた。その足で秋葉原のヨドバシカメラに買い物に行ったのですがプラモもツールも棚がすかすかであまり見るものが無かった。まさか、もう力を入れてないってことはないですよね?

塗装図と組立説明書 ドイツ軍 重駆逐戦車 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

このエレファントは2015年夏のパチッコンテストで佳作をいただいたものです。いろいろ作っていたのですっかり忘れてましたが、製作過程の写真を撮っておいたので時間のあるときに少しずつアップします。説明書や塗装指示書も充実しています。

過去に何作も組み立てているドラゴンやAFVクラブのキットに比べるとランナーの数は少なくてあっさりしています。エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

過去に何作も組み立てているドラゴンやAFVクラブのキットに比べるとランナーの数は少なくてあっさりしています。

部分連結方式のキャタピラ ドイツ軍 重駆逐戦車 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

部分連結方式のキャタピラが個人的には一番好きです。タミヤのエレファントのキャタピラは表も裏もきっちりモールドされていてリアル度が高いです。昔のキットはタミヤに限らずベルトキャタピラで裏側はのっぺりしているものが多かったのを考えると格段の進歩です。

足回りを組み立て ドイツ軍 重駆逐戦車 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

足回りを組み立てたり、戦闘室を組み立てたり、目まぐるしく変わります。パーツの整合性はまったく問題なし。
(2015/12/30)

サスペンションは部品数が3つで組み立てが簡単 ドイツ軍 重駆逐戦車 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

サスペンションは部品数が3つで組み立てが簡単です。それと起動輪、転輪などを組み立てているところ。

ツィメリットコーティング前に組み立て ドイツ軍 重駆逐戦車 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

このあたりくらいまでかなぁ。ツィメリットコーティング前に組み立てられるのは。あまりいろいろ接着するとかえって作業がしにくいと思います。

部分連結キャタピラの組み立て エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

似たようなキャタピラ部品が何種類もあってそれぞれ微妙に曲がり具合が違うようです。混乱しないために切り離す前にキャタの裏側に番号を書いておきました。

説明書どおりに組んだらキャタがだぶついてしまい、1枚抜いた エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

説明書どおりに組んだらキャタがだぶついてしまい、1枚抜いたけれどそうすると足りない。よく見ると所々連結が甘くなっていたのでそのあたりを修正すると説明書どおりの枚数できっちり巻けました。

難しくなさそうな所からツィンメリットコーティングを開始 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

まずはそれほど難しくなさそうな所からツィンメリットコーティングを開始です。ウェーブのエポキシパテを使用して少しずつ進めていきます。
(2016/01/14)

コーティングローラーをベースに使用 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

コーティングローラーをベースに使用しました。細かい部分は金属製のヘラやランナーを適当に切り出したもので彫りました。

ウェーブのエポキシパテは3時間で固まります エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

ウェーブのエポキシパテは3時間で固まります。ただし気温が30度くらいだと1時間もするとパテが伸びにくくなってくるので複雑な表面の作業をしているときは少しずつ混ぜて使うことをお勧めします。この寒い真冬に夏のことを思い出して書いているなんて変な感じだ。

ツィンメリットコーティングの難しい部分 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

この部分がいちばん大変。大きなリベットを中心に花火のように放射状にコーティングしました。

片側をパテでコーティングしたら固まらないうちにワイヤーのプラスチック部品のところを取り付けてぐいぐいっと押し付けるとしっかり固着します。

片側をパテでコーティングしたら固まらないうちにワイヤーのプラスチック部品のところを取り付けてぐいぐいっと押し付けるとしっかり固着します。

キャタピラが重そうに見えると見た目が良い エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

キャタピラが重そうに見えるとやっぱりいいですね。

ツィンメリットコーティング 横のリベット周りが難しい エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

横のリベット周りが難しい。一度削って後から突起物を取り付ける方法もあるようです。

後部の丸いハッチの縁に沿って少しだけランダムにコーティングが剥がれた感じ エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

いろいろぶつかって傷みが激しそうなので、後部の丸いハッチの縁に沿って少しだけランダムにコーティングが剥がれた感じにしてみました。

コーティングがないとけっこうのっぺりした外観 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

コーティングがないとけっこうのっぺりした外観になってしまいそう。スコップなど装備品がほとんど横には付いてないですから。
(2016/01/21)

ツヤありの黒で塗装 ドイツ軍 重駆逐戦車 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

ツヤありの黒で塗装しました。

三色迷彩塗装 ドイツ軍 重駆逐戦車 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

三色迷彩塗装です。今回はタミヤの塗装説明書を参考にして、割と細かい模様にしました。

クレオスのラッカー、黒をベースに塗装してからヘアスプレーを軽く全面に吹きつけたあとにクレオスの水性ホビーカラーの基本色を塗装

クレオスのラッカー、黒をベースに塗装してからヘアスプレーを軽く全面に吹きつけたあとにクレオスの水性ホビーカラーの基本色を塗装しました。その後に一部の塗料を取り除きランダムなサビを表現しました。

3体の戦車兵フィギュアが付属 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

このキットには3体の戦車兵フィギュアが付属しています。それぞれ凛々しい顔つきです。

3体の戦車兵フィギュアの組立中 戦車兵たちはどう見てもユニフォームの色調がちょっと違うみたい

ちょっと塗ってみたんですけど、戦車兵たちはどう見てもユニフォームの色調がちょっと違うみたいです。これだとイスラエル兵かアメリカ兵っぽい感じ。油彩の混色をしているときもなんか変だなぁと思ってはいたんですけど塗ってみました。

とりあえず顔の塗装 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

ユニフォームのことは置いておいて、とりあえず顔の塗装を行いました。いちばん左の兵士が良い感じ。でも、戦車内の立ち位置はいちばん目立たないんですけどね。

油彩の混色をしなおしてもう一度塗装 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

ということで、油彩の混色をしなおしてもう一度塗装しました。
(2016/01/24)

2015年夏のパチッコンテストで佳作 ドイツ軍 重駆逐戦車 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

タミヤのエレファントです。これは第75回タミヤ パチッコンテストの作品写真部門にて佳作を頂いたものです。

ヘンシェルに破れたのに先走って何十両も車体を作っていたため流用されたのがこのエレファントのシャーシです。 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

この当時、ティーガーの試作競争でヘンシェルとポルシェが競っていました。結局はヘンシェルに破れたのに先走って何十両も車体を作っていたため流用されたのがこのエレファントのシャーシです。

車両の駆動には電動モーターを採用していたというので、いま流行の電気自動車みたいなものでしょうか。 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

車両の駆動には電動モーターを採用していたというので、いま流行の電気自動車みたいなものでしょうか。フェルディナント・ポルシェ博士は時代を先取りしすぎていたようです。

分厚い装甲と8.8cm対戦車砲の威力は絶大 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

65tという大重量の車体のわりに足回りが貧弱で故障が頻発していました。足回りの故障が無ければ分厚い装甲と8.8cm対戦車砲の威力は絶大なので最強駆逐戦車といえるでしょう。

エレファントの前身のフェルディナントを考慮しても全生産数は100輌未満 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

エレファントの前身のフェルディナントを考慮しても全生産数は100輌未満なので全体の戦線に与えた影響が大きかったとはいえなかったと思います。これはドイツ車両の多くの種類にいえることですが、それ故に車両の種類が多岐に渡り、ドイツAFVファンが多い理由でもありましょう。

予備キャタピラに少しさびを乗せた エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

予備キャタピラに少しさびを乗せて、それ以外は少しあっさり目です。

横からの写真 ドイツ軍 重駆逐戦車 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

最近思うのはツィンメリットコーティングの部分にはほとんどウォッシングをしなくても光の具合で十分にディテールが分かるんじゃないかなぁと。あまりいじりすぎて塗装面が暗くなるのを避けたいです。

マーキングは第653重戦車駆逐大隊、第2中隊所属車両232号車、1944年初夏の東部戦線

マーキングは第653重戦車駆逐大隊、第2中隊所属車両232号車です。1944年初夏の東部戦線です。

転輪とキャタピラは装甲板よりは大目に泥汚れを付けています。 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

転輪とキャタピラは装甲板よりは大目に泥汚れを付けています。塗料のはがれ具合はちょうど良いかと思います。

はじめは水性ホビーカラーのダークイエローが随分白っぽく見えたのですが三色迷彩を施したあとはちょうど良い色合いに思えてきました。

はじめは水性ホビーカラーのダークイエローが随分白っぽく見えたのですが三色迷彩を施したあとはちょうど良い色合いに思えてきました。

水性塗料での塗装、エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

普段はラッカーばかり使っているので水性塗料の取り扱いにかなり違和感を覚えます。なんというかちょっと粘っこい感じ、ゴムの膜のような感じがして変でしたが、これはまだ完全乾燥していないからでしょう。丸一日時間をおくと塗膜が随分と締まってきます。

チッピング ドイツ軍 重駆逐戦車 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

普段、迷彩塗装だとあまりチッピングを行わないのですが、この車両は多めに行いました。実はチッピング大好き。

ところどころコーティングが剥がれた エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

ところどころコーティングが剥がれたようにしました。

エレファントの塗装とウェザリング

模型を始めたころは(出戻った頃は)ハンブロールだけで塗装したりラッカーだけで塗装したり、いろいろ試しましたが、要はそのときの気分でラッカー、水性、エナメルなど使い分ければよいのかなぁ。
小学生のころは瓶生ラッカーを筆でベタベタ塗っていましたっけ。レベルカラーとかホッペとか。

ドイツ軍 重駆逐戦車 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35

戦車兵A。ヘッドホンが太いのがちょっと難点でした。顔のモールドはとても良い。ただ、うまく塗れたかというとちょっとあれですかね。

重駆逐戦車エレファントの戦車兵

肩章の兵科色は赤にしました。ピンクだと戦車兵ですよね。この当時のエレファントの乗員は黒い戦車兵の制服ではないとのことなのでどうなんでしょう。ちなみに赤だと砲兵です。

肩章の兵科色は赤 エレファントの戦車兵エレファントの戦車兵の塗装エレファントの戦車兵の塗装と襟章デカールドイツ軍 重駆逐戦車 エレファント ドライバー

このハッチは接着しないではめるだけにしておきました。

ドイツ軍 重駆逐戦車 エレファント コマンダーとローダー

タミヤのパーツのままだとヘッドホンが太いです。でも、タミヤはエッチングパーツには積極的ではないですからこんなものでしょう。真剣な表情のフィギュアになりました。

ドイツ軍 重駆逐戦車 エレファント 戦車兵

大きな車両なので迫力はじゅうぶんです。フィギュアを乗せると大きさが分かりやすい。

エレファント プラモデルの組立と塗装

エレファントは違う塗装でもまた作ってみたいと思わせるカッコ良いAFVかと思います。キットも組みやすいしね。
(2016/01/26)

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

“ドイツ軍 重駆逐戦車 エレファント Sd.Kfz.184 タミヤ 1/35” への2件の返信

  1. 電動自動車の構造に似てますが、ポルシェ博士は、当時の不具合が悪いミッションをモーターに変えることでトラブル回避したかったらしいですが、当時のモーターはノイズを大量に出して電装まわりに悪影響出したみたいです

    1. そうなんですね。ノイズが多いと無線通信に影響が出そうですね。ドイツ戦車は無線で効果的に動くのが長所の一つだったのでそのトラブルは大変そう。昔はコンデンサなんてなかったのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です