英連邦軍歩兵 イタリア 1943-44 ドラゴン 1/35

ボックスアート 英連邦軍歩兵 イタリア 1943-44 ドラゴン 1/35

イギリス歩兵、イタリア戦線の6体組です。ちょっと見たところではモールドが良さそうです。北アフリカからイタリアに攻め上ってきたので砂漠でも対処できる熱帯地方用の軍服なのか、半ズボン兵士も混ざり皆さんちょっと涼しげです。

ランナー 英連邦軍歩兵 イタリア 1943-44 ドラゴン 1/35

同じランナーが二つ入っていたのでもしや間違いでは?と焦ったのですが、別ランナーの脚を組み替えて微妙に違うポーズの歩兵を6体作れるようになっているようです。ひょっとすると大まかには8体分揃っているのでちょっと工夫すれば6体セットではなくて8体分のフィギュアができるのかも。普段ドラゴンのフィギュアは4体しか入っていないので、これは凄いことです。最近は馬鹿みたいに高い値段で3体しか入っていないパッケージもあるようなので、なんかすごい殿様商売だなとは思います。たぶん代理店が変わってからだと思うけど。大もとでも値段上げていると思うし。まぁ、他にもマスターボックスやミニアートが優良なフィギュアを出しているし、タミヤも最近モールド秀逸なのでドラゴンにこだわる理由は何一つないんですけどね。別にドラゴンのフィギュアをディスるつもりは毛頭ないんですけど、4体1,000円くらいが適正価格なんじゃないかなー。海外通販に逃げようにもそれなりに送料がかかるので逃げ場無しっていう感じだね。

組立中 英連邦軍歩兵 イタリア 1943-44 ドラゴン 1/35

レジンヘッドに髪の毛を追加加工しました。首の接続がうまくいかなくてタミヤのベーシックパテやエポキシパテ、ゼリー状の瞬間接着剤などいろいろ使ったらなんだか訳わからなくなっちゃいました。できれば首の周りをもう少しきれいにしたい。

パテで加工中 英連邦軍歩兵 イタリア 1943-44 ドラゴン 1/35

行軍中だから皆似たようなポーズなんだよねぇ、当たり前ですけど。

全部で8体製作可能です 英連邦軍歩兵 イタリア 1943-44 ドラゴン 1/35

全員ライフルだと面白くないので、違う武器を持たせた歩兵もいます。ただ、その場合マガジン入れが何なのかいまいちよく分かりませんでした。

小火器のストラップを工作 英連邦軍歩兵 イタリア 1943-44 ドラゴン 1/35

一応、今回も小火器類のストラップを取り付けました。そこそこ雰囲気が出ればよいことにしました。

黒で着色したサーフェイサーを吹く 英連邦軍歩兵 イタリア 1943-44 ドラゴン 1/35

成型色とサーフェイサーが全く同じ色で分かりにくかったのでサフを少し黒っぽく着色して吹きました。今考えると白っぽく吹いた方が後の塗装の乗りが良かったかな。

基本塗装中 英連邦軍歩兵 イタリア 1943-44 ドラゴン 1/35

少しずつ塗装を進めています。

英連邦軍歩兵 イタリア 1943-44 ドラゴン 1/35 組立と塗装・製作記・完成写真

一応建前上は6体入りなんだけど、手足を入れ替えたりすると似ているポーズながら8体製作可能です。似たようなポーズで8体って結構面倒くさい…。でもこれだけ並べると一個分隊かな?なかなか壮観です。

ステンサブマシンガンを脇に抱えている伍長 イギリス軍 北アフリカ戦線 イタリア戦線

ステンサブマシンガンを脇に抱えている伍長です。

ステンサブマシンガンを脇に抱えている伍長 イギリス軍 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ステンサブマシンガンを脇に抱えている伍長 イギリス軍 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ステンサブマシンガンを脇に抱えている伍長 イギリス軍 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ステンサブマシンガンを脇に抱えている伍長 イギリス軍 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ライフル装備 行軍中の歩兵 イギリス軍 北アフリカ戦線 イタリア戦線

ライフルを持っている二等兵。二等兵は袖には特に階級章は付きません。二等兵はみんなライフル装備、ちょっと階級が上がるとマシンガンを持つということか?

ライフル装備 行軍中の歩兵 イギリス軍 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ライフル装備 行軍中の歩兵 イギリス軍 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ライフル装備 行軍中の歩兵 イギリス軍 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ライフル装備 行軍中の歩兵 イギリス軍 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ライフル装備 行軍中の歩兵 イギリス軍 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ライフル装備 行軍中の歩兵 イギリス連邦軍兵士 WWII 北アフリカ戦線 イタリア戦線

今回塗装はすべて水性アクリル塗料です。ストラップやポケットの縫い目など陰影を出してモールドを強調しました。仕上がりがいまいちで、理想としてはもう少し極細の線を描くくらいがちょうどよいのかと思うけど、細い線はとにかく難しい。20-30cmの距離で眺めるなら陰影を出さないよりはメリハリが効いて良いと思う。

ライフル装備 行軍中の歩兵 イギリス連邦軍兵士 WWII 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ライフル装備 行軍中の歩兵 イギリス連邦軍兵士 WWII 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ライフル装備 行軍中の歩兵 イギリス連邦軍兵士 WWII 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ライフル装備 行軍中の歩兵 イギリス連邦軍兵士 WWII 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ライフル装備 行軍中の歩兵 イギリス連邦軍兵士 WWII 北アフリカ戦線 イタリア戦線 M1928 トンプソン サブマシンガンを装備している北アフリカ戦線のイギリス軍伍長

M1928 トンプソン サブマシンガンを装備している北アフリカ戦線のイギリス軍伍長。このマシンガン、仮組みの時にはきっちり手にはまったのですが、いろいろな装備品を付けた後に再確認するのを忘れてしまい、最終的に合いませんでした。銃の他の部分をもって保持していることにしました。

M1928 トンプソン サブマシンガンを装備している北アフリカ戦線のイギリス軍伍長 M1928 トンプソン サブマシンガンを装備している北アフリカ戦線のイギリス軍伍長 M1928 トンプソン サブマシンガンを装備している北アフリカ戦線のイギリス軍伍長 M1928 トンプソン サブマシンガンを装備している北アフリカ戦線のイギリス軍伍長 M1928 トンプソン サブマシンガンを装備している北アフリカ戦線のイギリス軍伍長 ブレン軽機関銃を肩に担いでいる歩兵 イギリス連邦軍兵士 WWII 北アフリカ戦線 イタリア戦線

ブレン軽機関銃を肩に担いでいる歩兵。武器に4つほどバリエーションがあると8体作ってもそれほどマンネリにはならずに、全部並べても適度に統一感とランダムさが出て良いです。

ブレン軽機関銃を肩に担いでいる歩兵 イギリス連邦軍兵士 WWII 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ブレン軽機関銃を肩に担いでいる歩兵 イギリス連邦軍兵士 WWII 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ブレン軽機関銃を肩に担いでいる歩兵 イギリス連邦軍兵士 WWII 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ブレン軽機関銃を肩に担いでいる歩兵 イギリス連邦軍兵士 WWII 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ライフルをもって行軍中 イギリス兵 1/35 ライフルをもって行軍中 イギリス兵 1/35 ライフルをもって行軍中 イギリス兵 1/35 ライフルをもって行軍中 イギリス兵 1/35 ライフルをもって行軍中 イギリス兵 1/35 ライフルをもって行軍中 イギリス兵 1/35 ライフルをもって行軍中 イギリス兵 ミリタリーフィギュア 1/35 ライフルをもって行軍中 イギリス兵 ミリタリーフィギュア 1/35 ライフルをもって行軍中 イギリス兵 ミリタリーフィギュア 1/35 ライフルをもって行軍中 イギリス兵 ミリタリーフィギュア 1/35 ライフルをもって行軍中 イギリス兵 ミリタリーフィギュア 1/35 ブレン軽機関銃を肩に担いでいる歩兵 イギリス軍兵士 WWII 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ブレン軽機関銃を肩に担いでいる歩兵 イギリス軍兵士 WWII 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ブレン軽機関銃を肩に担いでいる歩兵 イギリス軍兵士 WWII 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ブレン軽機関銃を肩に担いでいる歩兵 イギリス軍兵士 WWII 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ブレン軽機関銃を肩に担いでいる歩兵 イギリス軍兵士 WWII 北アフリカ戦線 イタリア戦線 ブレン軽機関銃を肩に担いでいる歩兵 イギリス軍兵士 WWII 北アフリカ戦線 イタリア戦線 英連邦軍歩兵 イタリア 1943-44 ドラゴン 1/35 組立と塗装・製作記・完成写真

イタリア戦線とキットには明記してありますが製作中はいつも北アフリカをイメージしていました。今回、肌色はだいぶ日焼けして濃い感じにしたので健康的な兵士になりました。レジン製ヘッドに交換した割に塗りが追い付いてないんですけど、もっと練習が必要かな。
(2017/08/25)

戦車、飛行機、艦船、ミリタリーフィギュアの模型に興味があり、気が向いたときにちょこちょこと作っています。戦史にも多少興味があります。小学生でタミヤのMMを作り始めました。小中高大と中断と再開を繰り返し、模型歴は2016年末で約25年です。1970年2月生まれ、東京都在住です。2007年2月から「細密桃源郷」というサイトをひっそりとやっていました。2016年12月から同名でブログにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です